タグ:映画、レビュー

netflixに久しぶりに再入会しました。
評判の高かった「コブラ会」を観るためです。
40代前後の人には懐かしい、あのベスト・キッドの登場人物のその後を描いた作品で当時の登場人物たちが現在の枯れた中年で(笑)登場。
しかも、主人公だったダニエルがそれなりにいけすかない大人になっていたり、逆にあのいじめっ子ジョニーがそれなりに共感を呼びそうな人間として描かれていたり、さらにその子供たち、果ては・・と、まあよくここまで考えられるなというくらい面白い脚本になっています。
個人的にはジョニーの先生が登場したあたりで見るのを一旦やめましたが、この作品を観て一番思ったのは人間はどっちサイドか、あるいはその人の置かれている立場、見る視点によってこうも印象が変わってしまうのかということ。
アフリカのサバンナで弱肉強食の動物の世界のドキュメンタリーなんかでもモロにこういうのが出ますよね。シマウマの親子目線で描かれていたら、ライオンは敵なのは当然で、でもライオンの親子目線で描かれていたらどうでしょうか。
何日も食事をとっていないライオンの子供に食事を与えようとライオンの親がようやく獲物であるシマウマを見つけたにも関わらず逃げられてしまう。さて、あなたはどっち側でしょうか。
コブラ会でも同様。いじめっこ、ヒールだったジョニーが、ダニエルのようなミゲルをこれまた昔のジョニーたちのようなグループから得意の空手で救います。
ダニエルは商売が成功してお金持ち。娘はお金持ちグループの一員として、遊びほうけてジョニーの車にぶつけて逃げ去ります(笑)
さて、ジョニーがミゲルにダニエルとのいきさつを話すシーンがあるのですが、立場によってこうも違った印象をもつのか本当に参考になります。
映画のあらすじなどではだいたいダニエルが不良グループに絡まれるとか、ジョニー達にいやがらせされるなどと書かれています。映画を見ても確かにそういう印象。ダニエルは善でジョニーが悪。
しかしジョニー目線では自分の彼女にちょっかいを出してきた新参者。しかも不意打ちをくらったから仕返しをしただけ。
トイレではいきなり水をぶっかけられたり。最終的には自分の彼女をとられる始末。
これだけ聞くと確かにダニエルって嫌な奴と思ってしまうかもしれません。
コブラ会ではジョニー、及びミゲルのほうに感情移入する人が多いと思いますが、いわばミゲルは昔のダニエルなのですが、先生はジョニーなわけです。
ミゲルは当時のダニエルのような存在だったにも関わらずいつの間にかジョニーのような言動をとるようになってしまいます。
とはいえ、我々視聴者はミゲル目線で見ていますからダニエルとジョニーが当時砂浜で対峙したような場面にミゲルが置かれたとき、ミゲルがジョニーのような態度をとってしまうのも無理はないと思わされてしまうのです。
この時、人は気づくでしょう。なんと自分の考えは浅はかだったのかと(笑)
さて、話は変わりますがこれと状況はまったくちがいますが、こんなヤフーニュースがありました。

女性運転の車に幅寄せ…停めさせ窓ガラス叩き「降りてこい!」強要未遂容疑で38歳男逮捕「警笛鳴らされ…」
愛知県豊田市で、今年8月、乗用車で幅寄せなどをして隣の車線の車を停車させたうえ、運転していた女性に対し「降りてこい」などと怒鳴ったとして38歳の男が逮捕されました。

コメントは大体想像できるものでしたが、みてみたところほぼ男のほうが悪いという流れです。誰もがこの記事をみたら思うでしょう。
もはやクラクションを鳴らされた理由などはどうでもいい話です。
でも逆に自分だったらどうでしょうか?身に覚えがないのにクラクションを鳴らされる。一度や二度ならまだしも何十秒も鳴らし続ける人だっていますよね。
確かにクラクションを鳴らすにはそれなりの理由があるでしょうが、それも勘違い、誤解だったりするかもしれません。
煽られる側にも問題あり? 相手をイラっとさせる運転パターン8つ
私も下手すると煽り運転、或いは強要罪で逮捕されていたかもしれません(笑)→あおり運転に敏感になり過ぎて逆にトラブルになっているのでは問題

 

人それぞれ言い分があるでしょう。そしてそれをいちいち聞いていたら収拾がつかない部分もあるでしょう。
問題は具体的状況も知らずにイメージだけで一方に加担してしまう点でしょう。
ある意味、人間って常にバイアスをかけて物事を見ているということかもしれませんね。
私も含めて。
なんつって


この映画、賛否両論あるようで、確かにそう頷ける。
様々な考察がなされているようだが私がそんなことをしても誰もどうせ読まないから意味はない。
私はこの映画を見て白を基調として美しいなどと感じたことはまったくなかった。
最初から気持ち悪さしかなかった。
主人公のダニーもそうだし、演出方法もあざとさ全開。
あの村を最初に見た時もなんだか気持ち悪い。違和感。
ここまで事前情報なし。あまりにも感じた違和感を解消するために検索をしてみた。
ま、そもそも人間社会自体に違和感を感じているから猶更そうかもしれないが。
この村を一種の宗教社会と考えると結構合点がいく。
いや、そもそも社会が一つの宗教社会と言ってもいいだろう。
その社会での価値観というものが正義であって多かれ少なかれ個人の価値観はその社会で許された範囲内でしか持ってはならない。
カルト教団のような洗脳手法が何も特別ではなく、どこの社会でも多かれ少なかれその社会で是とされる価値観や常識、道徳、などを子供の頃から刷り込まれているのだ。
そうすると、自分たちの社会とまったく違った価値観を持つ社会に出会ったとき、人は果たしてどのような行動をとるのだろうか。
まったく違和感なく受け入れてしまうような人も当然いるだろう。
考えてみたら世はまさにグローバル社会で、多様な文化、価値観を受け入れるのが是とされている。
確かに自分と違った価値観を排除しまくるのはよろしくないと、なんとなくだが感じる。そういった意味では私のような一円にもならない独りよがりの腐った自我に取りつかれているような人間よりもなんでも素直に受け入れてしまう人間のほうがいいのかもしれない。
なんせ、信じる者は救われると言うではないか。

 

さて、この村では生命のサイクルを終えると公衆の面前で飛び降り自殺をするのが昔からの風習である。これを目の当たりにした何もしらない旅行者たちのリアクションが興味深い。ある者は信じられない、異常だなどと叫ぶが、主人公のメンヘラ気味のダニーちゃんはなんだか美しいものを見たような、心ここにあらずのような表情をしている。
かよわき子羊決定の瞬間であった(笑)
最近は老害などと叫ぶ若者が多いが、老人は醜態をさらすことなく自ら喜んで死ぬこの村の風習を見てどう思うだろうか。
主人公のダニーは飛び降り自殺を見てすぐに村を出ようとするほど受け入れられないもののようだったが・・・
ダニーの恋人が言う、彼らにとっては老人を施設にいれるほうが耐えられないことなのかもしれない、慣れないと・・・
今まで受け入れられなかったものもちょっと視点を変えるだけで全く違って見えてくる。
世界にはいまだにびっくりするような風習が残っている国がある。
傍からみるとまったく受け入れられない風習でもちょっと見方を変えるだけであなたもすぐに受け入れられるはず。
なんつって
※追記
やはり聖書は偉大なり
信じる者が救われた・・・ある意味


ネットカフェでやっていたので期待を持ってみました。
さぞかしレビューは評価が低いだろうと思っていましたが、アマゾンでは結構評価が高くてビビりました(笑)
恐らく日本映画が日本映画たる所以はやはり日本人の観客がそうさせているのでしょう。日本人には日本人にうけるようなものを作らないと日本映画としてはなりたたないのかもしれません。
○あいかわらずセリフがぼそぼそと聞き取りにくいことが多すぎる。
○10年後であっても警察があっさりと犯人を射殺することはありえないだろう。
そういった分かりやすい批判は置いておき、まさに日本映画っぽいなと思われる細かい点を少し紹介しよう。
○氷点下と思われる室内で吐く息が白くならないし、寒がりもしない
○犯人を射殺するのはいいとして射殺後に傍にいるもう一人の犯人に対して警察のアクションが何もない
ご都合主義なところは目を瞑るとしても結局細かいところでもなんとなく腑に落ちない点が多すぎるのが日本映画の典型でしょうか。
とにかく人間がその場にいてどう行動するかを表現する前にストーリーを追っかけているのでそうなってしまうんだということをこの映画を見て改めて思いました。
それと大沢たかおさんの走り方が結構ダサかったです(笑)
でも、難しい事を考えずにみたら結構たのしめるはず。たぶん。

本日の動画は「すじぼり」
ネットカフェでやってました。

原作は福澤徹三 さん。以前テレビでムロツヨシさん主演でやっていた「Iターン」が結構面白くて今回も期待を持ってみました。
あらすじ的にはごく普通の若者がひょんなことからヤクザの組に出入りするようになって様々な事に巻き込まれていくお話ですが、Vシネマのようにその世界でとんとん拍子に成り上がっていくようなお話ではありません。
逆に泥臭く血なまぐさい暴力に支配された世界にはその世界にふさわしい住人がいるのだという事に気付かされながらもなぜかその世界に魅力を感じてしまうような、なかなか見ごたえのある作品となっています。
なかでも視聴者も少なからず共感できるようなシーンがあります。
刑事が組長に対して人間以下のヤー公が、と罵倒するのですが、高橋和也扮する組長が組員たちが見てる前でひとつ演説めいたものを披露します。

「ヤクザが鉄砲玉を仕込む時は若いもんを痛めつけて人間らしさを叩き潰す
政治家や金持ちもやってることは一緒だ
権力者の一族がふんぞりかえって面白おかしく生きる為に貧乏人をガキの頃からしばきあげて社会のために目を閉じて耳をふさいで真面目に誠実に生きろ
それでさらに貧乏になって黙って死ねと
まったくうまくやりやがる
周りを見ろ、人間らしさを根こそぎ奪われてる」
「健気なツラに蹴りをいれられて
それでも顔のある大切さがわかりました、ありがとうございますと
にこにこ笑って頭下げるようなそんな白痴どもで溢れかえってやがる
白痴で奴隷!救いようがねえ
この国に生きるしあわせは奴隷のしあわせなんだ」

 

確かに。
なぜ共産主義は悪で資本主義は善なのか?
頑張ったものが報われる能力主義社会は本当にいい社会なのか?
以前こんな記事を書きましたが現代の労働者を古代ローマの奴隷に当てはめてみたら何の違和感もなかった
考えてみたらもし共産主義になったら一番困るのは誰かと言えば、そりゃお金持ち連中ですよね(笑)
最下層の底辺に巣くう私みたいな人間は生活をするという面ではどうでしょうか?
もちろん旧ソ連のように物が不足したりして社会全体が貧乏人なってしまうとどちらにしろ影響はあるでしょうが、それは共産主義自体がよくないというより一党独裁などの政治体制がよくなかったとみるべきかもしれません。

「全員死刑」や「獣道」でも感じましたが、最近の一部の若者やそのスジの人間の無軌道な残虐さ、凶暴性がよく描けているのだろうと思います。
半グレが公衆の面前で金属バットで人を襲う、などということをやらかしたせいでしょうか、映画やドラマでこういうありそうもないような事が描かれても決して作り事ではないという妙なリアリティを感じてしまいますね。
例えばアメリカ映画で銃撃戦を描いてもまったく違和感ないけど日本映画だと全然リアリティはないわけで、でも銃撃戦を描かなければ日本映画だってそれなりのリアリティを持って観客は見れるという、いいのか悪いのかよく分からない。そんなよく分からない世の中になってしまいましたね。
なんつって