カテゴリー:動画とか


また事前情報なく見てみました。
見る前のイメージ:警官にあこがれるちょっと頭の弱いダサいでぶっちょの白人が、警官になれずに世間への不満などもあいまって爆弾つくって爆発させちゃうという、ある意味よくある話
見た後の感想:これが実話だとしたらFBIも相当お粗末な組織だな。

 

マンハントの記事でも書きましたが、FBIって意外に大した事ないかもしれません。日本の東京地検特捜部と同じで、自分たちが描いたシナリオ通りに犯罪者を作り上げている面が相当ありそうだ。

 

端的なあらすじは爆弾を発見した第一発見者に容疑がかけられて、その無実を晴らすお話ということになる。
この映画のうまいところは、容疑をかけられるべくしてかけられてしまう、ダサすぎる主人公を丹念に描いている点だろう。
従って、事前情報がなくたまたま見た人は、こいつが犯人でもまったくおかしくなさそうと思ってしまうだろう。
もう一つこの映画の批評で多いのはFBIから情報をリークする為に体を使った女性記者の件である。この女性記者は実在するものの、実際に体を使って色仕掛けで情報を得たという事実は確認できないそうで、この点についてかなり批判されているのが目につく。
そもそも、これは映画なので多少の脚色は仕方ないとも思うのだが、こういうことで女性記者がそういう目で見られてしまうとか、この映画自体が容疑者を偏見ででっちあげてしまうことに対しての批判なのに当該女性記者がいつも警察とつるんでいるとかヘビースモーカーだったとかそういった情報でこういうこともあり得るんじゃないかという言わば偏見で描いてしまい矛盾している、などなど。

 

思うに、映画というものは結局見る人がどう感じるかであり、作者の意図なんかどうでもいいと言えばどうでもいい。国語のテストみたいな作者の意図当てゲームではないんだから。
人間、どうしてもイメージや偏見、色眼鏡、いろんな言い方はあれどある種のフィルターをかけて物を見るのは仕方ないことだろう。
だからこそ人を犯罪者として有罪にするためには確たる証拠が必要となる。
しかし、その確たる証拠を集める「法執行機関」の人間が違法スレスレのやり方で行っていたとしたらどうだろう。しかもそれが個人の印象がもとで始まったとしたら。
この映画では一人のFBI捜査官がリチャードジェルに持つ印象で捜査対象として決定づけられたと言っても過言ではないシーンがさらりと描かれている。

 

昨今、アメリカがやたら中国を攻撃しているが、あんたたちも大して変わらないのでは?と思う人が世界中にわんさかいそうである。

またやってきたぜDMM、いやFANZAの50%OFF祭り
 

 

なんといってもおすすめは月額動画だぜ。月額動画も半額になるってばよ!
通常8980円の見放題chプレミアムが4490円だぜ。
こりゃあ入会しなきゃ損だぜ。さあ抜いて抜いて抜きまくれぇ~

ネットフリックスの名作の一つに「殺人者への道」があるが
日本語題を殺人者はつくられるに変更した方がいい。
アメリカの場合、被疑者などの取り調べを録画するのは当然だがそれが一般にも公開されているのでこの手の犯罪実録物に良作が多い。
とは言え、録音録画されていてもなんにもならないことがこの作品をみて分かる(笑)
カルロスゴーン氏が逮捕起訴され、陰謀だと主張していたがこの作品をみるとアメリカの司法制度、及び捜査機関に比べれば全然まともだと思わされること請け合いである。

アメリカの警察にたてつくと被疑者のみならず一族郎党一生つきまとわれるようだ。
自分たちの正当性やメンツ、保身のためのみならず、自分たちが気に入らない人間を攻撃するためとしか思えないような理由で無実の人を有罪にしたてるためにその本人のみならず周りまで逮捕し刑務所送りにしてしまう。
正直言って怖い。
勿論、真実は分からない。作品作りがそのようになっていて、ブレンダンのように誘導されているのかもしれない。

いずれにせよ日本人でよかったとつくづく思える作品である。

※追記

殺意を持って丸腰の黒人を殺した白人警官 実はフロイドさんのことを以前から知っていた?

ミネアポリス市警察に18年以上勤務していた。
在職中、被告に対して18件もの苦情が提起されていたことが、ミネアポリス市警察の記録に残されている。(市警察はその内容について明らかにしていない)
その18件の苦情のうち2件が「懲戒処分」として処理済みとなっている。
幇助罪で起訴されている3人の元警官のうちの1人、タウ・タオ(Tou Thao)容疑者(写真上の右上)も、同様にこれまで6件の苦情が提起されている。

元警官の容疑者、保釈金1億円超 米黒人死亡事件
同僚たちが「彼は自分の仕事をしただけだ」と擁護しているというから、個人的な問題ではないだろう。首を押さえつける制圧の訓練も全員が受けるものだというから、「容疑者が抵抗したら殺すのも仕方ない」が共通認識なのでは。

何が怖いかって最後のコメントですよね。

ついに見ました、無料で。徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑

無料で見れるのはここ

一部にカルト的人気を誇るという本作(一般的な人気があるとカルト的人気とは言わないでしょうけど)。
朝、時代劇を見ていたら(ええ、無職で暇だったんですよ)、演出がとてもよくできていて思わず監督は誰かいなと検索し、本作の存在を知りました。
エログロでカルト的人気がでたのではないことを改めて知りました。

拷問シーンがえげつなさすぎて決して地上波では放送されないであろう本作です。
描写そのものもさることながら、やる事と言うよりは考える事が鬼畜過ぎてようそんなんよう考えられるなとある意味感心させられてしまうに違いありません(笑)

本作2話のオムニバスとなっております。
まず1作目。舞台は長崎。隠れキリシタンへの拷問の数々を描き出すのですが、それだけにとどまらず、長崎奉行の高坂主膳(実在の人物なんでしょうか?)のお遊びが凄い。
隠れキリシタンの女の一人・登世と部下の与力・佐々木伊織と恋仲であることを知るとサディズムをくすぐったのか登世を側室にし毎晩伊織を寝室に呼び寄せて見せつけるがこのシーンがエロい(笑)どんどん堕ちていく様が、快楽に堕ちていくのではなくもはやこの地獄からは逃れられないという絶望にある意味恍惚となっている風にさえ見えてしまうという絶妙な演技。さすがプロの役者さん、そして単なるエロに見せない牧口監督。
なんせ、それまでの高坂主膳のやり口が凄いのである。登世の妹を捕まえてきて棄教を迫る。勿論拷問役は佐々木伊織(笑)登世の目の前で熱く焼けた鉄棒で目を潰されてしまう妹ちゃん・・・
にしてもやり過ぎな演出(笑)高坂主膳はヤモリだかイモリだか生のまま食ってるし、拷問もつまらん飽きたとか言ってもっと楽しませろとかのたまう始末。
本物の蛇が数百匹はいそうなところに女優さん本当に放り込まれてるし(笑)
しかし、それだけにとどまらないのはやはりプロの役者さんの演技だろう。
登世の両親は結局火炙りになってしまい、登世が泣き叫び命乞いをするのだがこのシーンも役者さんの演技が光る。そしてその撮り方、感動的にすら見えてしまう(もしかして俺はド変態なのか(笑))牧口演出、凄すぎます(俺が変態なだけなのか(笑))。
登世と佐々木伊織はいったいどーなってしまうのかぁっ!

さて2作目。今回は多少コメディタッチに描かれています。主役は川谷拓三さんですからこの演出で納得。
と思いきや、どんどんエログロ臭が漂ってきます(笑)舞台は遊郭が中心となっておりますが、奴隷のように働かされる遊女たち。
そこには吉原の花魁がどうとかいう絢爛豪華な面はちーーっともございません。華やかな面ばかりを見せて一般大衆をだまくらかす、現代の芸能界の裏側も程度の差はあれ似たり寄ったりなのかもしれません。
妊娠してしまった遊女を強制堕胎させ、その日のうちから客をとらせるのは当たり前。もはや体がボロボロの遊女、血を吐きながらも客をとります。やっている最中に血を吐いているのに気にもせずやり続ける客も客ですが。
それを知った彼氏(多分)が遊郭から脱出させようとするも案の定捕まってしまいます。
さて、拷問ですよね。単なる拷問じゃございません。アソコをちょん切られてしまうのです!しかも、金も持たずに遊郭で豪遊して、タダ働きをさせられていた川谷拓三扮する捨蔵に切らせます(笑)
この2作目は1作目に比べるとかなりマイルドであまり拷問らしい拷問はありません(1作目で感覚が麻痺した模様)。
最後にのこぎり引きの刑が出てきますが、実際こういう刑があったというのがエゲツナイ(笑)。
鋸挽き

復讐刑としての意味合いも強く、縛り付けた罪人の首に浅く傷をつけ、その血をつけた鋸を近くに置いて、被害者親族や通行人に一回か二回ずつ挽かせ、ゆっくりと死なせる刑罰であり、江戸時代より以前には実際に首を鋸で挽かせていた。

この刑、復活させたほうがいいかもしれませんね。
ちなみに

日本橋の南の広場に、方3尺、深さ2尺5寸の穴晒箱という箱をなかば土中に埋め、箱に罪人を入れ、首だけが地面から出るようにした上で3日間(2晩)見せ物として晒した(穴晒)。その際、罪人の首の左右にタケの鋸と鉄の鋸を立てかけておいたが実際に鋸で首を挽くことはなく、晒した後は市中引き回しをしたうえで磔とした。元禄時代に罪人の横に置かれた鋸を挽く者がおり、慌てた幕府はその後、監視の役人を置くようにしたという。

江戸時代になると形式的な刑になっていたようで、幕府も実際にのこぎりを引くものがいないように監視役を置いていたようです。
実際本作でも3人ほど監視役と思われる者がいますが、夜中居眠りしちゃうんですねえ・・・
鋸引きの刑に処せられた川谷拓三、いったいどうなってしまうのかぁっ!

巨匠と言われる監督は絶対に撮らない作品でしょう。
こんな作品を撮れと言われても不貞腐れることなくむしろ徹底的にグロを追求し、更には自分の演出技術を惜しみなく注ぎ込んでカルト的人気作品にまで昇華させた職人監督牧口雄二に乾杯。