月別:2020年01月
ホームPage 1 / 512345

NHKの高校講座の歴史番組を見ていたらインパール作戦を簡単な理由とともに無謀な作戦と紹介されていました。
インパール作戦は険しい山などを含む500キロのほどの距離を食料などは現地調達して遂行するというものですが確かにそんなこと可能なのか?と思える作戦です。
実際失敗していますが。
気になったのは、その作戦に反対した部下を左遷してまで作戦を遂行した牟田口廉也の責任のように結論付けられていた点です。
確かに、牟田口廉也は愚将の典型のように言われる人物です。また、佐賀人をディする時にもよく使われる佐賀出身の人物でもあります(笑)

とは言え、最近はこのインパール作戦についても再考、再検証がなされているようです。
「愚将」牟田口廉也中将の遊興逸話の真偽
そもそも、一人で作戦は遂行できないわけでその作戦を承認したもっと上の機関があるわけです。それを個人だけの責任のようにしてしまうのがなんだか日本的だなと思っていました。
よく、批判されるのは部下が戦場で地獄を味わっているのに高級将校は後方で遊興にふけっていたなどですが、この際心情的なものはともかくとして、結果としてそれでも作戦が成功すればいいと思います。
勿論、そんな金と物資があれば前線へ送れという話になりますが。

ここで問題にしたいのは結果を見て確かに無謀だと批判することは簡単ですが、では作戦を立案する段階ではどうだったのかという点です。
インパール作戦についてはそういう観点からしてもやはり分が悪い(笑)

しかし、作戦の成功確率という観点からではなく成功していた場合の効果を考えるとやはり魅力的なものに映ってしまうでしょう。要はイチかバチかの賭けとも言えますが、人間の命を賭けに使うのはどう考えても批判されるものでしょう。
とは言え、それが戦争と言えばそうなのかもしれません。

インパール作戦が無謀な作戦である事はやはり動かしがたい事実でしょう。しかし、インパール作戦が牟田口廉也個人の責任のように言われてしまうのはどうでしょうか?
確かに牟田口廉也がいなければインパール作戦はなかったとも言えますが・・・

悪い結果論と良い結果論

以前も結果論とは何かについて調べていましたが、結局のところそれは結果論だよと言う場合の結果論は、結果が出てそれについて批判している人に対してそれを諫める意味で使っている場合がほとんどですよね。

さて、上記リンク先では牟田口廉也は当初インパール作戦に反対していたとありますがこれは恐らく21号作戦のことでしょうか。この21号作戦もインパール作戦のようなものですが反対などにあい実行されていはいませんね。
いずれにしろ、作戦自体の無謀さはともかく既に日本軍自体が「勝てなくなっていた」事も作戦失敗の要因の一つのようですね。
http://www.sky.sannet.ne.jp/ken-abe/rondan-2016-01.html

高級将校たちの遊興についてもそうですが、とにかく当時の日本軍の指導者層の酷さは目に余るものがあります。

支隊長(山本募少将)は尾根影の、そのあたりでは最も安全といわれた地点に横穴式の豪を掘り、周囲を幾重にも石で囲み、その前にテントを張って司令部としていた。

将軍は滅多に、この安全な「司令部」から外に出なかった。私が前線にあった二、三ヶ月の間に将軍が外に出たのは、確か一回だけだったように記憶している。

将軍は「司令部」から外に出ない理由を「将軍は危険を冒してはならない」「将軍は血を目にすべきではない。それによって憐憫の情を起こし、指揮統率にためらいが出るようなことがあってはならない」からという。

毎日、当番兵に谷底か水を運ばせ、ドラム缶の風呂に入った。

支隊長には四人の食事係がついていた。コックは捕虜のインド人、西洋料理を専門にした召集兵、日本料理を専門にした召集兵の三人。

少将と言えば高級官僚。頭はいいから理屈だけは逞しい(笑)官僚的思考、論法で議論しても恐らく煙に巻かれてしまうだろう(笑)

何だか現場を知らない勉強だけできる優等生が権力を持って机上の空論で戦争しているような・・・

ここはやっぱり織田裕二さんの出番です。

戦争は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!

新型肺炎リスクが高まっても、マスクをしない日本人が多い理由

最近ヤフーニュースは記事を読まずにコメントをまず見ています(笑)
そもそもこのニュース、マスクをしない日本人が多いという問題提起自体に疑問符がつく人が大多数でしょう。

さて、ヤフコメを見ると

飛沫感染は、マスクよりも手洗いの方が予防になる。外出時口や鼻の周りを触らないこと。
マスクは、感染した人がウイルスを拡散しないために使うもの。

というコメントがありました。
そういえば、新型コロナウイルスがなんなのか?これだけ報道されていてもさっぱり分かりません(笑)
否、笑い事じゃないです。どのような経緯で感染するのか、感染を予防するにはどのような方法が効果的なのか?
新型コロナウイルスについて知っておきたい20のこと

この記事によれば

新型コロナウイルスは「飛沫感染」「接触感染」の能力を持っているが「空気感染」の能力は持っていない可能性が高い。
マスクで防ぐべきは「空気中に飛散するウイルスそのもの」ではなく「ウイルスを含んだ飛沫」と考えるべきだ。

米国労働安全衛生研究所の規格「N95」の高性能マスクが売れているが、もしウイルスそのものを防ごうとすれば0.1~0.2マイクロメートルの新型コロナウイルスを防ぐには性能が足りず、ウイルスを含んだ飛沫(5マイクロメートル程度)を防ぐにはオーバースペックと言っていい

ということでつまり、感染経路としては

「飛沫感染」(感染者のくしゃみやせきでつばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染する)
「接触感染」(感染者がくしゃみやせきを手で押さえ、その手で周りの物に触れて、ウイルスが付着。別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染する)

なので、感染拡大の予防としては

感染した(と疑われる)人が飛沫を出さないこと
感染した(と疑われる)人が触れたものを消毒する、こまめに自分の手指を消毒することなど

ということで、感染していない人がマスクをつけるのではなく、感染した人がマスクを装着する事に意味がありそうだ。

普段から医療従事者でもない一般の人でマスクをつけている人がこれほど多い日本ではさらにマスクをつける人が増加してもおかしくないのに、なぜそれほど増えないのか?

ヤフーニュースの記事では例えばフランスは武漢から帰国したチャーター機の乗客を原則隔離としているのに日本政府は自宅待機としていることに対して疑問を呈しています。

つまり、マスクをつけたほうがいいと言っているのではなく、日本人全般の危機意識の低さを指摘しているのでしょう。

ヤフコメにはマスクをつけても効果がないということを知っている日本人が多いからとありましたが果たしてそうでしょうか?
ではそういった人が本当にこまめに手洗いをしているのでしょうか?
普段からマスクをつけても効果があまりないのに、普段からマスクをつけている人が多いのはむしろ余り知識がないからこそともいえるかもしれません(別の目的のためとか)。

日本人がそれほどマスクしていない…って前提がそもそもライターの主観。
これほど感染症の予防目的で健康な人がマスクをする国が他にあるのだろうか…と思うけど。

というコメントがありましたが、バイアスをかけて記事を読んでいるのは私たちも同じかもしれません。
実際、私も同じ目線で記事を全部読んでませんしね・・・

日本政府はチャーター便の費用を負担するらしいですが、この記事にあるように→武漢からのチャーター便「8万円負担」は妥当か

チャーター便利用者から運賃相当分の費用を徴収したうえで、感染拡大を防ぐ意味で日本国内では、医療体制や外部と接触させないためのホテル滞在などに税金を投入するのが望ましい。

この記事もタイトルだけ読むと帰国者個人に負担させることに批判的のようにも読めますが実は違います。

帰国者の中にも感染者がいたわけですし、検査を拒否した帰国者もいたようです。

そもそもですが、新型のウイルスですからどのように感染しどのような症状が起こるのか?さらには変異する可能性だってあるわけです。
マスクが効果があるとかないとか分からんけどとりあえず出来る事はやっておく、というのが本来の人間の行動かもしれません。
過度に反応するのはよくないとは思いますが、日本人の場合冷静なのではなく、過剰に反応していると周りから思われるのが恥ずかしいだけなのかもしれません(笑)むしろ普段はマスクをつけている人ほど今は外していたりして・・・

楽天送料無料 差し止めを 出店者団体が請求「赤字増えるだけ」

確かに楽天の送料ってわかりにくい。
楽天は様々な出店者の集まりなのでどうしても個別の送料設定にならざるを得ない。
しかし、ここが楽天にとって弱点の一つでもある。これは個別の出店者と個別の店舗や企業で比較するとあまり分からないが対アマゾンで比較すると明白になる。

この男性のケースでは、送料のほか倉庫費用などで出荷一件あたり約千六百円の費用がかかっている。現在、男性は一万一千円以上の場合、送料を自主的に無料にしているため、一万一千円分以上の買い物をする顧客が多い。「三千九百八十円以上は送料無料化」となると、細切れに買い物する人が増えるのは必至。「客単価が落ち、赤字に転落してしまう」と懸念を深めている。

上記の例では1件あたり発送費用に1600円のコストがかかっているそうだ。
では仮に3000円ほどのお買い物をした場合、これまでどのような送料設定だったのだろうか。
一般的には700円とか800円とか一律の送料設定が多いように思うが、この場合でも発送費用は回収できていないことになり、利益が圧迫されていることになる。
1万1千円分以上の買い物をする人が多いとはいうものの、そのお客の割合はどれくらいなのだろうか?
これから細切れに買い物をする人が増えるのは勿論だろうが、その場合送料無料分を価格に転嫁しないとして例えば4000円の売り上げでどれくらい赤字になるのか?或いは利益になるのか?
つまり、1度の販売で採算ベースにのる売り上げが一体いくらなのだろうか?これはすぐに分かる話だろう。
1度の売り上げ4000円で発送コストを考えると利益が出ない場合は確かにこの規約変更は死活問題と言える。
いくら売り上げが増えようと客単価が4000円ばっかりだったら赤字がどんどん増えるだけとなる。
とは言え、送料無料ラインで1万1千円というのは結構高い印象である。よく目にするのは3000円とか5000円だろうか。
このあたり、実際どのような割合なのかデータをとって検証して貰いたいが、当然楽天はそれらを把握してこの料金設定にしているはずである。

この一方的規約変更が独禁法に違反するかどうかはともかく、3980円以上で送料無料にしてやっていけない店舗はどうぞ楽天から撤退してくださいという楽天のメッセージと受け取れなくもない。

楽天は、送料無料にして販売価格を分かりやすくすることで集客力が高まり、15%程度売り上げが伸びると出店者に説明する。しかし、ユニオンの試算では、売り上げが伸びても送料負担によって、利益は約二割減るという。

いずれにしろ、これまで客単価が低い場合は送料を徴収していたのだから、それを価格に転嫁すればいいだけではないか(どっちにしろお客はこれまでと総額の負担は変わらない)?

値上げも難しい。「送料無料」を掲げながら、商品価格に送料分を上乗せすると、「不当表示」として景品表示法(優良誤認)に抵触する恐れがあるためだ。

ということらしい。
とは言え、これまで家電製品など割引表示で販売していたものは定価に戻すだけでもかなりのコスト吸収になりそうである(勿論、定価に戻すこと自体が優良誤認と言われればそれまでだが)

実はこの点が楽天とアマゾンの最も大きな違いにつながり、味方によっては楽天の強みでもある。
家電製品などの商品そのものはどこで買っても同じものは価格勝負にならざるを得ない。そうなってくると独自の物流を持つアマゾンに軍配があがるのは必然的である。
しかし、食料品や衣料品などその店独自の商品の場合はそうはいかない。なんせその店でなければ売られていないのだから。このような商品は今のところ楽天が圧倒している。
そして、このような商品の利潤は一般的に高いのでもともと数千円以上の買い物で送料無料を謳っているところが多い。
実際、今回の統一送料無料制度に明確に反対しているのは1700である。
楽天の「送料無料」に反旗 出店者、公取委に調査要請

任意団体「楽天ユニオン」は22日、公取委に送料無料化への反対だけで1700筆超の署名を提出した。楽天市場の他の制度への反対署名を含めると延べ4000筆に上る。

楽天に出店しているのは5万店である。そのうちの1700店を多いとみるか少ないとみるかは人それぞれだろう。
本当は反対したかったができなかった店もあるに違いない。
他にも楽天ペイ決済の導入など他の施策などを含めると反対している店は一気に増えて全体の1割近い4000店となる。
楽天がやろうとしていることが是か非かは別として、そのやり方自体に反対する人も多いだろう。
これは出店者ばかりの話ではなくお客の側にも言えることであり、実際根強い楽天嫌いも多い。
規約を変更するのは仕方ないとしてもそのやり方は考えるべきだろう。

なんつって(笑)

朝6時になるとハローワークインターネットサービスの求人情報が更新される。
布団の中でチェックするのが日課である。
ここでふと思ったのだが、ある程度の年齢以上の人の転職は厳しい。学歴、スキルなどがなければロクな仕事はない。
さらに、引きこもりあるいは将来になんの希望もなく、とりあえず生活費さえ稼げればいいなどという人にとっては新たな仕事に就くということさえ厄介である。
一番のハードルはある意味その職場での人間関係であろう。

そこでである。会社に就職して毎日職場に出勤するような仕事ではなく、在宅や委託などで働くというのはどうだろうか。
在宅はイメージがつきやすいだろうが、こんなの→ 引きこもりのおっさんの転職はアップルの在宅アドバイザー 委託というのはあまりよく分からない人もいるだろう。
分かりやすいのは交通事故の調査員などである。保険会社から現地調査を委託された会社が調査業務を現地の委託員にやらせるといった具合である。
この手の委託員は探せば結構募集している場合がある。たまにハローワークでもラウンダー業務(お店を回って商品を陳列したり)などでも募集がある(この場合は契約社員だったりする)。
例えば派遣会社あたりでも国民年金の訪問員を募集したりしている場合があるが、これらの仕事は都市部に拠点はあっても現地にわざわざ事務所を置かない場合が多く毎日出勤する必要がない。
訪問する顧客のデータなどはスマホで配信されるわけである。契約書などの類は郵送だったりする。
とは言え、こういった仕事は(交通事故の調査は除く)一定期間しかない場合もあるのがネックであるが。
NHKの訪問委託業務あたりも委託契約を一定期間結んで行われていると思うので(付帯業務として契約している業者が多いので本業が別にあったりする)、いずれ終了する場合があるだろう。
委託員であっても毎日出勤する必要がある場合もあるので業務内容を吟味する必要がある(職場には出勤してもすぐに外回りであればよい)。

要は委託であろうがなかろうが職場で長時間他人と行動を供にすることがなければいいだけであるが。

なんといっても毎日出勤し、たくさんの人とコミュニケーションをとる必要がないというのは計り知れないメリットがある。

どうせ、老い先短い身である(笑)特にこれからの人生に期待していないのであれば食っていければどんな仕事だっていい。とは言うものの人間関係には悩まされたくない。
そんな私のような人間には委託はベターな選択なのかもしれない・・・
あぁ・・・

ホームPage 1 / 512345