記事一覧

ビットコインの乱高下から考える本質的価値 なんつって

ふと、ビットコインなどの仮想通貨の価値が未来永劫変わらないとした場合の事を考えた。
仮想通貨、暗号資産にはそもそも価値などないという意見があるのは承知だが、少し立ち止まって考えてみよう。
例えばゴールドは他の金属のように錆びたりしない。そういう意味では本質的な価値は変わらないとも言える。
ビットコインは一定量で打ち止めとなり増えることはなく、デジタルなので勿論劣化しない。
ビットコインには裏付けとなる資産などがないので価値がない、という理屈は実はおかしな理屈である。
法定通貨は今や裏付け資産はないが、ドルや円に価値がないという人はいないだろう。その価値とはなんぞやという点を除けば。
そのように考えていくときビットコインなどの仮想通貨にも何らかの価値があると考えるのが自然である。実際の社会で役立つ場合があるのだから。
そうすると、仮にビットコインの本質的価値があるとしてこれが未来永劫変わらないとしたらどうだろうか?
ビットコインの価格がどんどん上がっていくというのは本来おかしな話である。
他方ゴールドの価格が上がる場合は需要が増加したとか、金利が下がったからなどと理屈がつけられる。つまり本質的な価値は変わっていないのに外部要因で価格が上がっているということになる。これを別の面からみると、端的に言えば通貨の価値が相対的に下がっただけとみることもできる。要するにインフレと同じ理屈である。
となると、ビットコインもゴールドと同じように価値が変わらないものだとすれば世界がインフレになれば価格だけ見れば上がることになる。
世の中がどんどんインフレになっていくと貯金をいくら持っていても実質的にはどんどん目減りしていくことになるから、貯金で持つより土地、株などの何らかの実体的な資産で持っておいたほうがいいというのは誰でも知っている経済の原則だろう。
土地や株というのは物理的な制約や個別的な経済状況を受けやすいので投資したものが必ず値上がりする保証はないのが難点である。
そこでビットコインだ。ビットコインはデジタルであり地理的制約はなく、物理的制約も相対的に低い。株のように個別企業の業績も関係ない。
そもそも世界の経済を全体としてみた場合将来も拡大していくだろう。仮に米国の地位が相対的に低下するとしても猶更ビットコインの価格は上がることになる。
もっとも、それには現在のビットコインの価格がその本質的価値に見合ったものであることが必要だ。
ビットコインを通貨とはみずに、一つの商品としてみると違った景色が見えてくるだろう。
このように考えていくと、通貨で資産を保有し続けると言うのは実は賢くないということが分かる。
日本人は貯蓄が多く堅実な国民性だ、などと言う甘言に騙されて資本家に着実に資産を搾取されていただけなのかもしれない。
なんつって

また、片頭痛 ヤフーニュースでカフェイン中毒を悟る

昨夜、晩飯をウキウキで作っていたところ(嘘です)、左目の視界が。。。
頭痛警報が発令されたようだ。寝る準備だ。
速攻飯を食い、風呂に入ろうとしたところやはり頭痛が。。。閃輝暗点らしきものもあらわれる。
今回は薬を間違えることなくロキソニンを服用。
さすがに速攻眠りにつく。
さて、今日何気にヤフーニュースのタイトルが目に留まる。あれだけヤフーニュースは見ないとか豪語していたのに毎日コーヒー9杯も飲む女優さんにドクターストップとかこれは拝見せざるを得ない。
以前からコーヒーの飲み過ぎが片頭痛頻発の原因ではないか?という仮説をたてていたのだが、やはりあながち間違っていないようだ。
カフェインの取り過ぎでカフェイン中毒になるのは紛れもない事実らしいが、具体的な中毒の作用というのはあまりきかなかったので大したことないと高をくくっていた。
しかし、下手すると急性カフェイン中毒で人は死に至るということを改めて知り、おじさんビビる(笑)
1日とってもいいカフェインの量がだいたい300~400ml程度ということで、インスタントコーヒー100ml中カフェインの量が60ml前後。
恐らく多い時で1㍑くらいのインスタントコーヒーを飲んでいるということは人間がとっていいとされるカフェインの量の倍くらい毎日飲んでいることになる。
笑うしかなかですばい(笑)
そりゃ体もおかしゅうなるっちゅうねん。そういうことで最近は半分はノンカフェインにしているわけだがそれでかろうじて限度量とか。

とは言え、カフェイン中毒で頭痛が起きる場合の頭痛はカフェインがきれたときに脳の血管が拡張することによって引き起こされるということであり、これも片頭痛の一つに入るのだろうか。
そもそも片頭痛がなぜ発症するか、その肉体的なメカニズムはある程度分かっているものの、ではなぜそのような肉体的現象が引き起こされるのか?結局のところ様々な理由があるということで、その一つにカフェイン中毒もあると、そういう解釈でいいのだろう。

ということでこれからはカフェインを徐々に抜いていくことにしよう。

yahooニュースを見なくなっていかに無駄な時間を過ごしていたか悟る

最近ヤフーニュースを極力見ないようにしている。
すると、いかに無駄に時間を浪費していたのかが分かる。
そして、ヤフーニュースはニュースとは名ばかりでそこらへんの素人がブログに書いているような(私の事ですか?)、裏もとっていないネットで拾ってきたような記事をキャッチーなタイトル付けて配信しているものが多い。
ある意味、アフィリエイトサイト並みの質の悪さである。
また、コメントもそういった記事を鵜呑みにして表面上知ったかぶりして批判したり賛同したりしているものも多い。それはそれで参考になるのだが。
いずれにしてもほぼ読んでも意味のない記事を暇だからとか、ん、この記事どういう事?と言う感じで読んでしまいがち。
そして、コメントで更に感情移入してしまい、時間ばかりが過ぎていく。
書かれている記事に対して、立ち止まって調べたり熟考したりせず、条件反射的にコメントを書く。そしてそれに反応していく。
こういった事が世論形成に一役買っていると思うと本当に空恐ろしくなると同時にあほらしくなってくるものだ。
所詮ほとんどの人が思いつくまま、気の向くままに、言葉だけ高尚なきれいごとを並べ立てて他人を批判しているだけに過ぎない。
こういう声をメディアではネット上の意見として取り上げ更に煽っていく。
そこで思ったのはヤフーニュースが諸悪の根源ではないかという暴論である(笑)
まず、ヤフーの利用率を調べてみると結構面白い。
ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を分析してみた
検索エンジンのランキング1位は?国内外の推移を比較
日本は他国に比べてヤフーの利用率が高いのは知っていたが、ここで気になるのは若年層はグーグルの利用率が高く年齢層が高いほどヤフーが多くなっている点。
とは言え、検索はグーグルでヤフーは検索以外で利用する、なんて人も多いだろう。それこそヤフーニュースになんか面白もんあがってねーかな的なノリである。
それはまさに自分の事だった。
結論 私的には諸悪の根源はヤフーニュースだった。。。
なんつって

薬を間違えて飲むおじさん

昨夜、歯磨きなどして寝床につくまさに直前なんだか左目の視界が悪い。焦点が定まらない。
もしかして閃輝暗点からの片頭痛か。
いつもは寝る時に本などを読むのだが速攻部屋を暗くし、眠ろうとするもやはり頭痛が発症して眠る事ができない。
頭痛薬を飲んだが、頭痛は一向に良くならず、朝5時くらいまで寝る事ができなかった。
嘔吐すると楽になるのだが嘔吐もできない。
さて、朝方もう1回薬を飲もうとすると、昨夜飲んだ薬が、鼻水がよくでるときに飲んでいる鼻炎の薬だったという。。。(笑)
片頭痛日記を見ると前回発症から約1か月強と、前々回発症よりもペースが短くなっている。
今回のきっかけはなんだろうか。
恐らく晩飯をあまり食べなかったせいかもしれない。歩いてわずか1分程度のところにコンビニがあるのだが買いに行くのがめんどくさかったのである。
空腹も片頭痛のきっかけになるということが言われている。血糖値が低下すると脳の血管が拡張するかららしい。
とは言え、前回はジョギング中、今回もそう言えばジョギングをしたので、それも影響しているのかもしれない。
以前もジョギング中に閃輝暗点が出た事が何度かあった。血管の拡張で片頭痛になるとすれ体を動かすことによって片頭痛が起こっても不思議ではなさそうだ。
なるほど、めっちゃ腹減っていたのは事実である。しかし、これくらいで片頭痛発症っていい加減にしてくれないか俺の体!

今日のヤフコメ~特別定額給付金を受け取ったお金持ちは銭ゲバなのか問題

有吉弘行、政府の「10万円給付金」受給率に驚き「人間って、そうなんだなと思った」
昨年、政府の経済対策として1人10万円を配った「特別定額給付金」をテーマにしたものだが、総務省によれば世帯への給付率は99.4%だったという。

 有吉は「すごいよな、受け取らなかった人ってもっと多そうじゃん。人間って、そうなんだなと思った。宝くじとかでもさ、受け取りに来ない人とか結構いるって聞くじゃない。10万円給付するってなると、90何パーセントの人が来るんだね」と、興奮気味に話していた。

ヤフコメを見ると、ほとんどの世帯が受け取っているという事はお金持ちも受け取っており、それについて疑問だという発言なのか?という意見が散見された。
有吉さんがどういう真意で発言されたのかは分からないが、確かにほとんど受け取ったというのは事実としてある。
結果として生活に困窮していないであろうがお金持ちも受け取っているということにはなる。
ただ、わざわざ宝くじを引き合いにだすということは恐らく高額当選でも受け取らない人がいるのに10万円はほぼ受け取るという意味あいのほうが強く、特にお金持ちが受け取っていることに疑問を呈しているわけではないのかもしれない。
とは言え、宝くじを受け取りに来ない人が実は同じくらいの割合だったらあまり意味のある比較ではない。
そこで実際に調べてみた(笑)

そもそも日本のお金持ち世帯ってどれくらいでしょうか?

どれぐらいお金をもっていれば「富裕層」と言えるのか

超富裕層(5億円以上)8.7万世帯
富裕層(1億円以上から5億円未満)124万世帯
準富裕層(5000万以上1億円未満)341.8万世帯

らしいです。
定義が正しいかどうか異論がありそうですが、いずれにしろ資産額を上から刻んでいくとこんな感じになるわけですね。
さて、特別定額給付金を受け取った世帯が99.4%なので逆に言えば受け取らなかった(忘れたなど含む)世帯は0.6%になります。
2019年の全体の世帯数が5402.3万世帯になります(多分外国人は含んでいない)ので、32.4万世帯は受け取っていない計算となります。
すると単純に資産額上から受け取らなかったと都合よく推定すると超富裕層は全世帯受け取らなかった。
そして次の富裕層のうち約2割程度は受け取っていない計算となりますね。
考えてみれば世帯でカウントされていますので富裕層で4人とか5人とかいたら特別定額給付金だけで40万とか50万になるわけで、受け取らない人っているでしょうかね(笑)
10万だって大金ですよね。受け取らないわけがない。お金持ちだと受け取らないみたいな発想がそもそも分かりません。
有吉さんは宝くじでさえ受け取りに来ない人がいるということで宝くじを引き合いに出されているので趣旨が違うのかもしれませんが、高額当選で受け取らない人ってそもそも当選に気づいてない場合がほとんどでしょうし、少額の当選も逆に気づかなかったり仮に300円くらいだとめんどくさいってのもあるでしょう。
ちなみに下記の記事によれば年間宝くじの未換金額は当選金額の約4%ほどだということ。
確かに特別定額給付金よりもかなり多いようにも思えますが、宝くじの場合かなりの割合が高額当選が占めているようでこの場合そもそも当選に気づいていない場合が大半でしょう。
また、少額当選の場合特に300円とかだと面倒で受け取らない人がいても不思議ではありません。
そもそも、当選したかどうかは自分で確認しなければならないの忘れたり、間違えたりすることもよくあるわけで、周知徹底された特別定額給付金の場合とは違いますよね。
あなたは大丈夫?直近5回分のジャンボ宝くじで1億円以上の未換金は44本!その使い道は?
私がもし超富裕層だったら特別定額給付金は受け取りませんよ。

なんつって