記事一覧

投資情報に騙されないためにデルタヘッジは神の手か問題

「デルタヘッジ+損する」で検索したらこのブログの記事が1ページ目にあらわれる(笑)
それらの検索結果の中でこのような記事が目にとまる。
こんな人は生命保険に入らなくてもいい?
オプション売買のリスクについての考え方と生命保険をからめた記事のようで興味深くて読んでみた。
2ページ目にコールの買いと空売りを同時に行い、オプション価格がいくらか適正なのか記載があるが、言っている事自体は間違っていないものの、知らない人が読んだらミスリードしてしまう部分がある。

 

現在100円の株がある。
①この株を0.5単位空売りする
②と同時にコールオプションを買う。
1年後150円に上昇。
①-25円
②+50円
25円の利益になるが、勿論コールを買う購入費用が必要だ。従ってこのオプション価格は25円が適正であるとする。
確かにこれより安い価格の15円だと、この取引は確実に利益になる。

 

もうお気づきの方もいるように、これは将来株価がいくらになるか分かっているからそう言えるだけであって、株価がいくらになるか分からなければ確実に利益になるとは言えない。仮に15円でコールが買えても株価が110円で終われば①はマイナス5円②もマイナス5円である。
また、1ページ目を見てみよう。
https://diamond.jp/articles/-/90241
ここではリスクの比較として株式SとTの2つの株式が登場する。
両者とも株価は100円であるが株式Sは50円上昇する確率が50%なのに対して株式Tは80%と高い。逆に50円下落する確率は株式Sは50%、株式Tは20%しかない。50%も上がる確率が80%で下落確率20%ならこの株は即買いじゃね?という点はあくまでそういう条件として置いておこう。
重要なのは株式Sも株式Tもオプション価格は同じだと断言されている点である。
果たしてそうか?
それを証明する手段として2ページ目が用意されているわけだが、この証明には致命的に欠落している点がある。
ボラティリティである。
ブラックショールズ計算式でオプション価格を計算する場合はIV=予想ボラティリティが必要である。
当該記事ではオプション価格は期待リターンの大きさではなくリスクで決まると看破されているが、そのリスクをブラックショールズ計算式ではボラティリティで判断しようとしているとも考えられる。
確かにリターンではなくリスクでオプション価格が決まるとしても、確率が50%と80%では1.6倍の差がある。
ボラティリティは標準偏差なので、ボラティリティが高くても低くても各σゾーンにおける確率自体は変わらないが、ボラティリティが高くなるとその幅が大きくなる。
いずれにしろ、ボラティリティが高くなればオプション価格は高くなる
リスクが同じという意味がどういう意味で使われているのか?
リスクが同じということはIVが同じで判断しているということもかもしれないが、記事では明らかに確率が違うとなっている。逆にリターンは同じであり、むしろリターンが同じだからオプション価格も同じと言ったほうがいいのではないか。
さらに言えば、上がる確率が80%で下がる確率20%という条件ではブラックショールズ計算式では適正なオプション価格は算出できないのではないかと思う。そもそもブラックショールズ計算式には問題点が指摘されていることから、他の計算式を使われているのかもしれない。

 

ということで、次ページにある神の如きデルタヘッジを読むのをやめた、という話でした(笑)

オプション価格はリターンではなくリスクで判断される。

眼科でつくったコンタクトが実は合っていなくて日本の医療を考える

最近家でPCを見るときは眼鏡を使用している。
眼鏡の度数はコンタクトの度数よりも下げている。
目が疲れる感覚はかなり軽減されたものの、やはり長時間連続してPCを見ると言う行為は相当目や脳に負担をかけているようだ。
外出するときは眼鏡ではなくコンタクトを使用。コンタクトの度数は昨年遠近両用コンタクトを眼科で作った時の度数だったが、以前からどうもコンタクトをつけて外出すると視界がぼやけているのを感じる。最近はそれが特に顕著となる。
右目よりも左目のほうが0.75ほどマイナス(右目-4.5左目-5.25)だったが、左目が完全にぼやけているので左目の視力が悪くなったのだと推定。
そこで、0.25マイナスを増やしたコンタクトを買って使用したが、やはりぼやけ度は変わらないどころか余計悪くなっているのかもしれない。
もしや、逆にコンタクトの度数が強すぎるのでは?と思い直し、以前買った度数が-5.0のものを使用するとあら不思議、ほぼほぼ右目と同じくらいに見えるようになった。
そしてさらに、コンタクトでPCを見る事自体が最近はほぼ不可能になっていたものが見えるようになる。また、コンタクト使用では紙に書いてある文字や本など読むのが不可能になっていたが、これも見えるようになっているではないか!
立った状態で床を見てもコンタクトをつけていると細かいゴミや髪の毛など今まで気づいていなかったものがある程度見えるようになっている。

 

ということで、何が言いたいのかと言うと、そもそも以前から度のあっていない眼鏡やコンタクトを使用していた。
また、それではいかんということで眼科でコンタクトを作ったものの、それも結局合っていなかった。
これまでコンタクトを使用すると手元の細かいものが見えなくなる、と思っていたのは実は単に度が合っていなかった可能性が高い。
眼科でわざわざ視力検査をしてコンタクトを作っても、ほとんどの眼科では視力がどれくらいかとか、コンタクトや眼鏡を作るための処方箋は渡さないくせに、結果的に自分に合った度数というのを自分で試行錯誤して発見しているのだから世話はいらない。
勿論、この1年間で視力が変わっているというのもあるかもしれないが、だとすると視力が良くなったということになる。度があっていれば手元でもある程度見えるようになるので、だとすると遠近両用を作る必要はなかったことになる。それはお医者さんも似たようなことを言っていたが、それは遠近両用では劇的に見えるようにはならない、眼鏡のほうがいいというような事だった。おかしなのはではなぜ近場を見る時の度数が-1なのか?それこそ適当ではないか(笑)

 

屋外で遠くを見る時にある程度焦点を合わせて作られる眼鏡やコンタクトは、手元を見る時はぼけやすい、などの説明はない。屋内と屋外で違う度数のコンタクトを付け替えるのは現実的ではないから遠近両用コンタクトなどがあるわけだが、あれは手元が見えにくいからというのは説明不足で、近視の人が視力を矯正した状態で手元を見ると見えにくいからであり、裸眼だと見える人もいっぱいいるだろう。
このような説明がないまま流れ作業的に視力を検査し、高いコンタクトを売りつけるのだ(笑)
合わなければ何度も眼科を受診するかもしれない。度が合わないことによって頭痛などが起こる人もいるだろう。そういったことはお構いなしなのである。

 

私は思う。多少医療費は高くてもいい。
その代わり、もっと患者に寄り添った医療を提供してくれる病院ができて欲しい。

なんつって

レバレッジから考えるプットオプション

日経平均株価が3万円を超えたらしい。なぜだ?
さて、こんな世の中で一発逆転を考える手段としてオプション取引を考えてみたい。
コロナショックのような世界的危機ではなくても日経平均が暴落してプットオプションが爆上げすることはよくある話である。
 

別にこんなことはプットに限った話でもなく、つい最近コールが爆上げしたことも記憶に新しい。
暴落などしなくてもオプションはすぐに数倍の価格がついてしまう。
それはレバレッジが効いているからに他ならない。

 

そもそもオプション1枚の売買は日経平均1枚を売買しているに等しい。
日経平均が3万円だとすると3000万円の取引をしていることになる。
仮にプットオプションを1枚10円で買うとすると総額1万円で買えてしまう。つまり、なんと3000倍のレバがかかっているとも言える。
勿論これは数字のマジックである。通常は保証金や証拠金に対してどれだけ当該資産を買ったり売ったりできるのかで表される。
仮に3000倍のレバがかかっているとしても損失は1万円以上は発生せず、また、仮に日経平均が5%下落してもこのプットオプションは満期になれば紙屑だろう。なぜなら現在10円のプットオプションは権利行使価格24500円程度以下なのでSQ時に仮に日経平均が25000円まで暴落していてもこのプットは消滅してしまうからである。
とは言え、権利行使価格28500円のプットは現在100円前後で売買されている。プットオプションも勿論売ることができる。
この場合、必要な証拠金は現在50万円強である。従って日経平均3000万円に対してレバレッジは約60倍もかかっている計算になる。
下手なFXの比ではない。

 

しかし、ちょっと待ちんしゃい。
仮にその28500円のプットを100円で売った翌日に中国が尖閣を占領したとか言い出した日には日経平均が暴落。プットは数倍に暴騰することは必至。
このとき、証拠金も爆上げ。もし、証拠金カツカツ状態だったら追証必至。追証が入れられなければ強制決済で大損。
また、仮に一気に暴落せずに何らかの理由で徐々に下げていき、日経平均が27000円まで下落したらプットの価格は1500円を超える計算になる。

 

プットの価格が1500円と言えば150万円である(1枚1000単位)。つまりわずか10万円儲ける為にその10倍以上の損失を被ってしまう。

 

プットオプションを「売る」ということは、その原資産をその権利行使価格で買わされるということが分かっていれば安易に売ったりしないものだ。
先ほどの例で仮に28500円で買わされるとしたら(日経平均が27000円でも権利行使価格が28500円なので)必要資金は2850万円になる。
プットというのは売る権利のことであり、プットを買うというのは売る権利を買うことである。売る権利を買うということは売りつける権利を持ったということになる。
逆にプットを売るということは結局買わされる可能性があるということになる。
日経平均のオプションは差金決済でこのような現物のやり取りは発生しないため、この仕組みをあまり理解していない人が多い。
アメリカでは個別株のオプションもさかんだが、個別株のオプション取引は現物の受け渡しを念頭に置いておく必要がある。そうすると、最終的に現物を持っているか、あるいは買えるだけの資金がなければ迂闊にプットを売らない(売れない)。

 

実際、日経225のオプションでは何十倍ものレバレッジがかけられているから、自分の資金力以上の取引ができてしまう。ということは取引に失敗すればそれだけの借金を背負ってしまう可能性もあるということだが、差金決済でレバレッジがきかせられると人間そういった危険性を忘れてしまうのかもしれない。

 

下手な宝くじを買うくらいならオプションを買い続けたほうがまだマシである。

 

なんつって

9.11の頃はホームレスだった

今年はアメリカ同時多発テロから丁度20年。
アメリカで何やら凄い事件が起こっているというニュースはカーラジオから聞いたことを思い出す。
当時、まだ暑い時期なのに原因不明の熱が出ていた。確か2週間ほど熱は下がらなかったと思う。
3か月ほど前から車の中で生活していたためかもしれない。
健康保険もなかったので病院にも行かなかった。
普通車だったので足が満足に伸ばせず、たまにネットカフェに行って足を伸ばして寝る。
今でも布団に寝られるだけで幸せを感じるのはいいことなのか悪い事なのか。
なけなしのお金で一発逆転を狙い宝くじのようにプットを買い続けていたが、9.11の数日前には既にお金も底をついていた。
あの時プットを買っていたら、というのはタラレバに過ぎないのか。

 

あれから20年、一体何が変わったというのか?

早朝に光る自動照明にビビる

最近夜中によく目が覚める。便所が近い(笑)
多分寝る前にお茶をよく飲むからだろう(年のせいとも言う)
昨夜も夜中3時ごろに一旦目が覚めて便所に行き(笑)、寝る。
さらに目が覚めると、だいぶ寝た感じがあったのにスマホを見るとまだ朝6時前である。
寝ている部屋は玄関のすぐ横で、廊下側の戸をいつも開けている。
戸は足元の向きになる。廊下側は勿論見える。
スマホを寝ぼけ眼でいじくっていると急に夜明けがきたかのようにいきなり部屋の中が明るくなる。
仮に夜明けだとしても一瞬にして暗闇から明るくはならないはずだ。
この部屋の玄関(屋内側)は動くものに反応して照明が点灯するというオサレなものである。要するに夜部屋に帰ってきても電気のスイッチを探さなくていいという至れり尽くせりの物件である(ということは入居してから知る)。
どうやら何かに反応して点灯したらしい。
恐る恐る玄関を見ると、勿論何もいやしない。
虫とか、置いているものが落ちたとか、そういったものに反応したに違いない。
いや、絶対にそうなのだ!
ということで再び何事もなかったかのように眠りに落ちた(笑)
以前朝5時のインターホンでオートロックの有難みを知ったわけだが、こうなるともはやオートロックもクソもない(笑)
そもそもお化けにはオートロックとか関係ない(既にお化け確定(笑))