記事一覧

田舎のくせして感染者数だけは一人前の佐賀

佐賀県の新規感染者数が過去最高を記録した。
連日コロナに関する報道ばかりが目につく。
隣の福岡では緊急事態宣言が出されるようだが、一般市民は遅すぎる、国や自治体は何をやっているんだの大合唱。
先日、久しぶりに図書館に行ったら、席がほぼ埋まっていておじさんびっくりですぐに帰って来た。
毎晩毎晩近所の飲み屋からはカラオケの歌声やら酔い客の騒ぐ声が聞こえてくる。
ちなみに外出するのは週に2回程度の夜のジョギングと週に2回程度の買い出しだけである。
従って、感染の確率は限りなく低いとは思う(これで感染するならどんな感染症対策もほぼ効果ナシだろう(笑))。
しかし、いわゆる普通の生活を営むごく普通の人たちは普通に外出し、飲食し、遊びに行っているようである。
だとするならば、そりゃあ感染は広がるだろう。
つまり、政府とか県とかはそもそも関係ない、そういった以前の話である。
確かに医療体制などは政府などの責任と言えばそうかもしれないが、感染するかしないかという日常生活レベルの話で言えば自分が気を付けるしかないわけで、大多数の人が自粛しているなどというが、どうやらそれは違うようだ。
自粛というのは恐らく、コロナ以前に比べればという話であって、回数は少ないが外食したり遊びには行っているようだ。
うちのマンションでもGW中は私一人でラッキーだった、などと喜んでいる場合ではない(笑)、それくらいみんな普通に戻っていると言っても過言ではないだろう。
そして、感染者数が増えると、国は一体何やっているんだと。
店で飯が食いたいとも酒が飲みたいとも思わない私にとってはあまり関係のない話かと言うとそうでもないわけだ。
もし、自分が病気になったら満足に医療を受けられないかもしれないし、高齢の母親もいるし、結局まわりまわって自分の首を絞めることになりかねない。

自分も年を取り病気がちになり、自分が年をとったということは母親はもっと年をとっているわけで、母親がしょっちゅう病気で入院したりしているのを目の当たりにしているわけである。
自分がもし10代とか20代であればこんな感覚は持ち合わせていなかっただろう。なんせ10代であれば親もまだ若いわけで身近にじいちゃんばあちゃんもいないだろうし、病気の怖さというのが実感として分からない。
病気になって初めて健康の有難みが分かるわけで、人間なんて現金なもんだ。
高齢者ばかりが死んでいる間は無駄な医療は打ち切れと嘯き、そのうち若年層に重症者が出始めると今度は若者に優先的にワクチンを打てという。
もはや付ける薬はないのかもしれない。
なんつって

今日のヤフコメ~誤発注に対して厳しい日本の消費者たち

4歳がアイスキャンディを28万円分購入、Amazonは返金応じず

まず真っ先に思ったのが未成年の売買契約なので法定代理人は取消せるのでは?という点だった。
しかし、親のスマホを使っているので売買契約の名義は当該親ということになるので直接的に売買契約の取り消しはできなさそうだ。
ちなみに取消可能な場合アイスが溶けていようが食っていようが関係なく、全額返金されることになる可能性もある。

親の監督責任と言われればそうだし、アマゾンが一方的に悪いみたいな印象記事だというのもなんだかわかる気はする。
いずれにしてもコメントを見ると自業自得、返金に応じるわけないとか厳しい意見が並ぶ。
訴訟社会アメリカらしいクレームだ、などと書かれているが、親は甘んじて支払いをするようだ。
もし、日本だったらもっと騒いで店を非難しまくり、世論に訴えて、大事になるのを恐れた店側は厚意として返品返金に応じるだろう(笑)
なんでもかんでも訴訟にならない日本社会は大人の社会だ、などという日本マンセー論は虚しい(笑)

この件、恐らくクレジットカード決済だと思われるのでむしろカード会社に事情話して不正利用扱いしてもらうとか。。。
ま、無理か。
それにしても意外にアマゾン使ったことない人がいておじさんびっくりである(笑)

今日のヤフコメ~ワクチンは老人から打つべきか若者から打つべきか問題

ビートたけし ワクチン接種に持論「一番出歩く若い人を優先的に」
早速若い人たちがたけしの言う通りの大合唱。
さて、そもそもワクチンとは何か?ワクチンを打つと感染しないと思っていたの私だけではないはずだ。
コロナワクチンは発症だけでなく感染も予防、わかり始めた効果

ワクチンを打っても感染自体は防げない

まず、ワクチンを打っても感染自体は防げないことが分かっている。
要するに感染しても発症するリスクがかなり軽減されるというのがワクチンである。
コロナウィルスも発症してからは隔離されたりするので、実際は無症状時に感染させ、しかもこの感染力がかなり高いという事が分かっている。
とすると、ワクチンを打っても結局打った本人が発症するリスクを減らせるだけであり、感染力は現状と変わらないことになる。
従って、若者を優先的に打つと感染者数の増加は抑制されるかもしれないが、重症患者の減少には直接的には影響しないことになる。
つまり老人が感染したら今まで通り重症化リスクは変わらない。

コロナワクチンは感染力も弱めるらしい

しかし、この記事によると実際は感染予防効果もあるという。
正確には感染してもいわゆる無症状時のウィルスの量がワクチンを打たない場合と比較してかなり少なくなり、結果として感染力が弱まると言う。

となると、確かに若者に優先的に打ったほうが結果として感染者数は減らせるという考え方も一理ある。

コロナウィルスが問題なのは結局医療崩壊

とは言え、コロナウィルスの根本的な問題はコロナによる重症患者対応の為通常医療が影響を受けてしまうという点にある。
従って、極論すれば重症化しない若者の感染者数よりも重症患者数が問題ということになる。
若者が外出して飲み歩いているが、老人は相対的に大人しくしていると言えるかもしれないが、それでも現状感染者はいるわけである。
確かに若者が感染を拡大させているとするならばまず若者に打ったほうがいいという考えも一理あるが、これは感染初期の段階であればいいが、現状のように感染が拡大してからでは遅いだろう。
特に、日本のように医療関係者や高齢者でさえ遅々としてワクチン接種がすすんでいないのだから、いくら若者を優先させたとしても若者の大半が接種を終わるまでに感染がさらに拡大してしまうに違いない。
20代30代に限ってもほぼすべてに接種を終わるまでに少なくとも月単位の時間がかかるはずだ。
つまり今のワクチン接種の優先目標としては重症患者数をこれ以上増やさないためということになり、そうなるとやはり老人を優先させるという結論に落ち着くものと思われる。
なんつって

久しぶりの片頭痛

4月というのに気温は30度近い。
4日ぶりに夜ジョギングに出かける。外を歩く人、ジョギングする人もほとんどいない。
首都圏では緊急事態宣言が出され、この田舎町でも先日過去最高のコロナ感染者が出たというからそのせいかもしれない。
人がいないのはむしろ好都合だ。
いつものように公園を走っていたら急に視界が悪くなる。コンタクトでもズレたのかと思ったがそうではないらしい。
恐らく片頭痛の兆候だろう。早く家に帰ったほうがよさそうだ。とは言え、いずれにしろ走って帰ることになるのだが。
部屋に戻り急いでシャワーを浴びているとやはり閃輝暗点が見えてきた。
右側の後頭部が痛み始める。これまでは左側だったものがなぜ最近は右側が痛くなってきたのか。
人間、年とともに体質も変化するらしい。
ということで前回片頭痛発症から2か月弱しかもたなかった。結局何も変わらないのか。

人生はポイント制かもしれない

以前テレビで見たドラマが印象に残っている。確かバカリズムさんの脚本だったと思うが人が死ぬとこれまでの人生が点数によって評価される。
いいことしたら何点ゲットとか、悪い事したらマイナス何点とか、そんな話だった。
人間って本当に悪い人ばかりじゃないけどいい人ばかりでもないって歌もあるように(逆だった(笑))、完全な悪人ではないけどちょっと悪いことする人もいる。
いや、基本はまっとうな社会人で別に犯罪を犯すような人ではないけど、日常生活を注意深くみるとマイナスポイントになりそうなことを結構やっているといったほうがいいだろう。

例えばゴミ出しの日を守らないとか、短時間だからと身障者用の駐車場に車を停めたりとか。実質的には誰にも迷惑をかけていないように見えることであっても単にそれに気づいてないだけかもしれない。
車を停めたすぐ後に身障者の人が車できたものの、店の近くの専用スペースが埋まっていたので別の店に行ったとか。
そして、神様はそんなことは当然お見通しなので減点されるというわけだ。問題はその減算される点数はどれくらいなのかと言う点である。
仮に人を殺す事がマイナス1万点だとすると、こういった些細なものはマイナス1点くらいだろうか。でも、そんなことが積み重なるとあっという間にマイナス1万点くらい到達しそうである。

何が言いたいかと言うと、人間たいそうな悪事を働くことはほとんどなく、自分はいい人間だと思っている人が大半だろうが、もし人生がポイント制でカウントされていたら、意外にトータルマイナスポイントになっている人も多そうだということ。

SNSなんかで芸能人の不倫問題を叩いている人も、もしかすると自分は正しいことをやっていると思っているかもしれないが、実際のところ単なる誹謗中傷の罵詈雑言でしかない場合も多い。そんな人でも普段は真面目なサラリーマンだったりして、子供には人の悪口は言っちゃダメだよ、いじめは良くない、なんてことを言っているのだろう。
家族にとっては良い親なのだ。しかし、ある日突然犯罪に巻き込まれたりする。周りからすればあんな子煩悩でいい人が、となるが果たして本当にいい人だったと言えるのだろうか。
もしかすると気づかないところで人を傷つけているのかもしれない。人生がポイント制だとすると、貯まりに貯まったマイナスポイントが自分の知らないところで吐き出されてプラマイゼロの帳尻合わせをさせられているのかもしれない。

なんつって

日本語は難しい~今日のヤフコメ

LINE 誤って電源設備の電源落とす 通信障害の原因明らかに

この記事に対するコメント

データセンターの電源系の定期点検やUPSのバッテリー交換時のトラブル、本末転倒だけど結構ある。 ほとんどが作業者の手順ミスだけど。

言いたいことはよくわかるが、本末転倒に少し違和感が。
本末転倒をググると一発目に以下の解説が

本末転倒とは、物事の根本的なことと、些細なことを取り違えることである。 わかりやすくいうと、どうでもよいことにこだわって、大事なことを疎かにしてしまうことである。

多分データセンターとかめっちゃセキュリティ高くて重要なとこなのに些細なミスが結構起こるんだぜ、みたいなことを言いたいんだろうと推測し、それで意味が通じているので別にどうでもいい話で。
それこそ本末転倒ですな(笑)
なんつって

謎の投資家50セントはまたVIXを大人買いしたのか?

VIXオプションで大規模取引、米株市場の落ち着き持続せずと想定か
8日午前には、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)が現水準の約17から7月に40に向かって上昇し25を下回らないと見込む投資を行い、オプション市場を揺さぶった。このトレーダーは複数回のブロック取引を行ったもようで、合計約20万枚のコールオプションを購入した。

VIX先物のオプションのコールを20万枚市場外で購入。
17ドル買いの25ドル売りのデビットスプレッド。
恐らく7月限。

ということで謎の投資家50セントか?と思ったが50セントの由来通り、50セント前後の屑オプを大量外するのが50セント。
今回の場合かなりコストがかかっている。
ちなみに直近のVIX7月限の権利行使価格17ドルのコールは7ドル前後。25ドルコールは3.5ドル前後。
つまり7ドル買いの3.5ドル売りで、コストが3.5ドル前後かかっている。
1枚350ドルのコストで20万枚なので合計7000万ドル約80億弱。
謎の投資家50セントは既に数億ドルは儲けていると思われるので、やれないことはない取引だが、手口から見て同一犯ではないかもしれない。
それにブロック取引(市場外取引)とかアメリカでは個人でもやれるのだろうか。
いずれにしろこういう情報が出てくるのが面白い。

さて、この取引一見するとVIXが上昇しなかったら大損じゃね?となりそうだがどうだろうか?
VIX先物オプションの7月限の満期は7/21である。仮に7/10頃にVIXが17程度で変わらなかったとする。
7月限の先物価格はこれより若干高いだろう。
さてそうすると17ドルコールの価格はいくらくらいになるだろうか。
ちなみに満期4/21日の4月限の価格は権利行使価格17ドルが直近で1.8ドル前後。25ドルが0.4ドル前後。
つまり17ドルが-5.2ドル、25ドルが+3.1ドルで、差し引き2.1ドル前後の含み損となる。
もしVIXが20程度になっていたらどうであろうか?
とは言え3.5ドルのコストを賭けて最大リターン8ドル、差し引き4.5ドルの利益なのでやはり50セントはやらなさそうな取引である。

ジャパンネット銀行改めpaypay銀行のトークン問題さようならpaypay

ジャパンネット銀行はpaypay銀行に名称が変更されたようだ。
ダサい。。。。
それはそうとジャパンネット銀行ではトークンというワンタイムパスワードが表示される物理的なものが発行されていた。
これって電池切れとかなったらどうするのだろうと思っていて、久しぶりに見たら表示されない。。。
ということで再発行申し込むしかない。
とは言え、住所変更もしなくてはいけなかった。
振込とかにしてもトークンがなければどうしようもない。
早速手続きをすると書類が返送されてくる。
口座開設あるあるである。郵送での口座開設で1発で終わる事は半々くらいだろう。
何が不備だったのか?
トークンのシリアル番号である。?
確かにトークンが2,3個あったが(笑)1つは個人事業主用のアカウントのやつだったと思う。
web上で申し込んだ際にこれらの情報は入力しているわけだが、その情報が印刷されたものが送られてきて、それに身分証明書のコピーなどをくっつけて返送するスタイルだ。
つまり、こっちに送る前にチェックすればよくね?という話である。
なんせわざわざ書類不備で返送されたものは簡易書留で送られてきているのでめちゃくちゃコストがかかっている。

思うに、ヤフー系の企業でやっていることは無駄というか、分かりにくいことが多い。
日々大量発生する業務はルーティンでこなせるようになっているだろうが、あまり発生しないような事案などに対しては弱いようだ。

さて、こんなダサいネーミングの銀行とは取引したくない(笑)と思い。口座を解約しようにもトークンがなければカスタマーに電話しろと言う(笑)
めんどくさいから放置しておこう。
ヤフオクのために作ったような銀行で、どうせヤフオクもほとんど使わなくなったことである。
paypayも使わないし(使おうと思いスマホと連携しようとしたらできなかっただけだが(笑))

さようならジャパンネット銀行改めpaypay銀行

ビットコイン長者の救世主なのか?ビットコインレバレッジトラッカー

スプレッドが広すぎる 5%前後
満期が短い 都度ロールオーバーが必要でその際事実上の手数料がかかる
販売価格が高い 発行後買って償還を狙って利益をあげようとすると相当の値上がりが必要

レバレッジトラッカーの具体的な仕組みは実際よく分かりません。通常レバのきいたETFは上昇下落率に対してのレバとなっていますが、レバレッジトラッカーは値幅に対してのレバなのでレバレッジETFのようなレンジ相場での減価がないという触れ込みです。
また、ビットコインレバレッジトラッカーは申告分離課税というのが一番おいしいところかもしれません。

とは言え、実際のところどうなのか?そもそも中長期保有しても減価しないと言いながら満期を短めに設定している点やスプレッドが広すぎる点などかなり疑問点のある商品。

https://www.ewarrant.co.jp/about/lvt/#receipt
4. 満期受取金額計算方法
満期日におけるレバレッジトラッカーの決済金額(受取り)の計算方法は以下の通りです。

プラス5倍トラッカー
(7円 + 5 ×(満期参照原資産価格 - 権利行使価格)×1ワラント当たり原資産数 × 満期日の為替スポットレート(*)) × 保有ワラント数

マイナス3倍トラッカー
(5円 +(-3)×(満期参照原資産価格 - 権利行使価格)×1ワラント当たり原資産数 × 満期日の為替スポットレート(*)) × 保有ワラント数

この金額が0円以下の場合は0円となり、この場合、レバレッジトラッカーの買付代金全額が損失となります。ただし、自動ロスカットが実行された場合は1円以下の固定金額となります。自動ロスカットが実行された場合、固定価格による買取を行うために必要な全ての作業が完了するまで当該ワラントの取引は一時的若しくは終日停止されます。

* 権利行使価格が日本円以外の場合。満期日の為替スポットレートは、現地時間における満期参照原資産価格算出時の為替スポットレートを用います。

満期時の受取金額計算方法を見ると要するに満期時の原資産価格から権利行使価格を引いた部分(要は値幅)を5倍するのが基本。7円というのは当初の販売価格。
いずれにしても例えば現在のビットコイン価格と満期の価格が一緒だとして、現在のワラント価格で購入した場合満期は一体どうなるかとシミュレーションしてみるとビットコイン2021年5月 プラス5倍トラッカー、スプレッド分は損しても仕方ないがそれ以上に損をする結果となる。
いわゆるレバレッジETFのような減価はしないかもしれないが、販売されているワラント価格そのものが割高ならほとんど意味がない。

片頭痛頻発の原因はもしかしてブルーライトなのか?長時間直視は危険

最近部屋が暗いためにLEDのデスクライトをつけてPCで作業をしていたら、どうもまぶしいというか、目が痛くなり視界も悪くなり画面を長時間見ることができない。ついに数日前に目が痛くなり、1日作業を中断した。
デスクライトが悪いのかもしれない、と思ったがここでふと気づく。
そういえば半年前に同様の理由で目の疲れの原因はモニタを見過ぎているからだろうと思い(なんせ1日12~4時間は画面を見ている)、ブルーライト低減仕様のモニターに変えたのだった。
にもかかわらずLEDを使えば意味が半減するのでは?
実際ブルーライトは長時間直視しなければ大丈夫だと大概のサイトで書かれている。そう、長時間直視しなければという限定つきである。
従って私のように1日10時間以上も見ている場合は目に悪いということである(笑)
LEDのデスクライト、そういえばライトが直接目に入っていたな、、、そりゃまぶしいわな(笑)
それから2日ほどデスクライトを使わずに自然光でモニターがちゃんと見える場所に移動したら、目の疲れが軽減された。
目にこれだけ悪影響を与えていたとするなら少なからず片頭痛にも影響があったのではないだろうか。
以前も眼精疲労で頭痛が起きて1日寝込むなんてことがあった。片頭痛とは症状が違うので、片頭痛の原因でないと言えばそうかもしれないが。
いずれにしろ、今の生活を始めてから片頭痛が頻発し始めたのは間違いない。
PCの画面を見る時間を減らして片頭痛の頻度が下がればビンゴということかな。
片頭痛原因探求の旅はまだまだ続く。

※追記
あれから約2週間経過。PCの位置などを変えて自然光ができるだけ入る場所でブルーライト低減モニタを使って作業している。
やはり、以前の目の痛さはない。
そもそも、痛さだけではなく、長時間モニタを見ていると画面自体がぼやけて見えなくなることも多かったが、今はほぼ発症しない。
ということでブルーライトおそるべしである。
「LEDはブルーライトが出るから目に悪い」は本当か
このような記事の書き方が多いですが、このような書き方はある意味ミスリードを誘ってしまうと思われます。
記事の体裁ではブルーライトは目に悪いと言われるが、実際はそうでもない、長時間直視しなければ大丈夫。
この記事を読んだらなんとなく、ブルーライトとか気にしすぎじゃね?くらいに思ってしまいます。
しかし、これを逆にブルーライトは目に悪くない?実際はそうでもない、長時間直視すると大変、とか書いてあると随分印象が違いますね。
ま、きちんと「長時間直視しなければ大丈夫」と書いてあるわけですから、あんたがちゃんと読んでないだけだろうがという至極まっとうな正論がなされるだけですが(笑)