月別:2019年09月
ホームPage 1 / 41234

ブックメーカーのウィリアムヒルで多少利益がでたので出金しようとするとできない。
そもそも出金方法がエコペイズのみになっている。
さて、サポートに連絡してみると以前登録したクレジットカードを削除しないと出金できないと言う。
は?である。削除方法がサイト上にないためカスタマーに連絡しろという。

いや、それを言うなら削除しましょうか?だろう?
まあいい、削除してくださいと返信したところ次のメールがくる。

Ecopayz のみを有効にする件に関して、承知いたしました。

尚、カード削除の前にこちらと致しましては、本人確認書類のご提出をお願いする必要がございます。 従いまして、下記の書類のご提供をお願い申し上げます。

1)アカウントにご登録されましたご住所、ご氏名、生年月日が明記写真付身分証明書のコピー。
(運転免許証、パスポート、外国人登録証など)

2)アカウントにご登録されましたご住所、ご氏名が明記されていますここ半年以内の日付が入った公共料金の請求書または領収書のコピー。
(または、アカウントにご登録しましたお電話の日付が入った請求書または領収書、公共機関からの日付が入った郵便物などで手書きではないこと。また、Eメール等からのデータではないこと。)

3)カード下四桁  と  の裏・表のコピー 

※カードのコピーに関して:カード表面の初めの4桁、最後の4桁が必要であり、なおかつカード裏面に自署があること。また、カード表面の中央の数字と、カード裏麺のCVVコードは保安上必ずお隠しください。

4)ecoPayzアカウントを確認する為に以下のスクリーンショットが2点必要となっております。
1. 個人設定メニュー>アカウント情報(アカウント番号を確認)
2. 個人設定メニュー>個人情報(フルネームとメールアドレスを確認)

すでに1と2については提出済みだし、3についてはそもそも削除するものについて必要なのか?
さらにエコペイズについては入金金額までの出金はできるのに改めてスクリーンショットが必要だと?

ということでさようならウィリアムヒル・・・

ピクナルへ鞍替えだぜ。今時ビットコインで入金できない海外ブックメーカーなんて・・・

※追記
ということで何とかエコペイズへの出金はできました。が、
エコペイズからさらに出金するには現在銀行送金しかありません。気になる手数料ですが、10ユーロ、もしくは10ドル(多分)で10日ほどかかります。高速出金だと1日から2日となっているのですが手数料が高い、16ドルくらいだったと思います。
なので普通の出金を選ぶと必ずエラー。送金先が国際電子送金を受け付けてないとか。ちなみに送金先はソニー銀行なので海外送金自体は受け付けています。
とはいえ、特定の海外からの送金を受け付けないとかたまにあるのでエコペイズはだめなのかと思いきや、念のため高速出金で登録してみるとあっさりOKでした(笑)

さようなら、エコペイズ(笑)

最近色々なものから卒業していますが、つにネットフリックスを退会しました。
最近あまり見たい映画がなくなってきたのが一因です。月額864円でたいした金額ではありませんが、年間に直すと1万円も払っているんですよね。
仮にレンタルビデオでDVD借りると1枚100円だとして100枚借りられるわけですが、本当にそんなに借りるのか?勿論、家に居ながらにして映画やドラマが見る事ができますが、自分の見たい映画やドラマがあるとは限りません。
つまり、大して見たくもない映画を元をとるために見るような時もあるあわけです。
まるでネットフリックスを見る事が義務のようになっていたりします。
まさに本末転倒とはこのことを言うのではないか・・・
ネットフリックスを退会したからといって生活には何の支障もないですしね。
さようならネットフリックス・・・(ちなみにアマゾンプライムは退会済み)

合同会社の均等割りを払うのが勿体ないので休眠=休業しようと県税事務所に赴いたところ、なんだかんだで休眠とは認めて貰えないようでした。
そもそも、法律上休眠とか休業とかはなく、あくまで自治体が法人住民税均等割を減免するかしないかの一つの判断基準として休眠とか休業を判断しているようです。
実質的に会社が稼働していない(登記上はあるが事務所もないし、お金の動きもない)、このような場合は法的にも課税できないので、自治体もそのような運用を行っているということのようです。

しかし、会社の事業を継続しているといっても解釈でどうにでもなる場合があり(実際は通達などで細かく指定されていたりしますが)、自治体としてはどうにかして税金をとってやろうと思っているのは推して知るべしでしょう。従って自治体によって結構取り扱いに差異があったりします。
しかも、同じ県でも県税事務所と市役所ではちょっと違うなどザラ。極論すればその時の担当によっても変わる可能性があります(ここらへんはお役所あるあるでしょうが)。

それはさておき、休眠届をだせば均等割りが減免されると謳っているサイトも多いですがこれは間違いで、休眠届をだしても休眠、休業状態だと認めらなければ均等割りはかかってくるくるのが原則となります。
いくら、実質営業していないと主張しても報酬が発生したり、売上金が入金されたり(例え昔のやつであろうと)すれば即アウトです。

そこで、こうなればいっその事解散してしまえ!となるのは必定。
しかし、解散したとしても均等割りがそれで消滅するかしないかはまた別問題です。
ご存知の方も多いと思いますが、解散するには解散の登記が必要となり、清算人の登記とあわせて41000円の費用がかかります。さらに官報への公告(法務局では確認しないようですが)も必要でさらに費用がかかります。
お金だけの問題ではなく、確定申告を最低で2度行うこととなり、勿論、会社をたたむわけですから債務を弁済し、残った資産を分配するという手続きも必要となります。
今まで、杜撰な経理をしていた会社にとって(え?私の事じゃないですよ!)この作業はとんでもなくめんどくさい物になることは想像に難くありません。
普通預金、現金などに帳簿上なぜか数十万円のお金があるんですねぇ~、どこにそんな金があるんだよ!と社員なんか誰もいないので劇団ひとりの始まりです。

さて、ここで本題の滞納している税金関係は会社を解散するとどうなってしまうのか問題です。
本来、法人税などは法人にかかってくるわけで、債務保証でもしていなければ社長個人が負担する義務はありません。それが法人というものですが、そこらへんも法は見越しているのか解散した場合は第二次納税義務者に追い込みがかけられます。

つまり、会社を解散しようとするときは(赤字会社で均等割りを払いたくない場合)会社の財産をすっからかんにしてから潰せ!ということなのであります。

とはいえ、帳簿上色々操作したり、嘘はよくありませんから赤字会社を解散、清算する場合は計画的に行ったほうがいいでしょう。しかし、均等割りを払いたくないということであればとにかく早く解散したくなるのが人情。ということでやはり事業を停止し、休眠状態を認めてもらい均等割りを減免してもらおうとするわけですが、それがなかなかうまくいかない。そこですぐに解散登記をし、解散届を諸官庁に出し、清算手続きに入っても清算中であっても均等割りを減免しないという(休眠の要件に当てはまっていないからという理由)自治体もあります。

極論すれば何も手続きせずに会社が稼働してなくても、何も主張しなければ均等割りがかかり続けてしまいます。休眠状態が12年続くと職権で解散登記が行われるようですが、だからといって滞納した均等割りがありますよね。

どうですか?かなりめんどくさいでしょ。
とは言え、事務所も引き払い、お金の動きもない状態であれば課税はできませんので、もし課税をしてきたらその旨主張すれば大丈夫だとは思いますが。

会社を作るときはむちゃくちゃ簡単ですが、潰すのはかなりめんどくさいですね。

夏になると小さいハエ(多分ショウジョバエ)が大量発生するこの部屋。
昨年、原因を突き止めた。冷蔵庫の裏などに卵を大量に産みつけているのである。
当初、米粒がひからびたようなものが床に散乱したりしていたのだが、それが実は蠅の卵だとは気づかず放置していたのが(いや、掃除しなさいよ)よくなかったようである。

今年もちょっと油断するとすぐに卵を産みつけやがる。しかも普通に床とかである(笑)
そして、今日手がなんだかチクっとするなと思い手にめをやると何かしろいゴミみたいなのがくっついている。
え?もしかしてこれは・・・よくよくみてみると動いているではないかぁあああ!!!!
いわゆるこれって蛆虫ですよね・・・
最近なんだか体の調子がよくないのはもしかしてこういった虫とかを体にとりこんでいたりするからかもしれん・・・
いや、蠅の卵があるんだから蛆虫いても不思議ではないわけですが、何故手についているのか?
ということで早速季節外れの大掃除ですがな(笑)
案の定冷蔵庫付近に大量の卵ですがな(笑)
床も全部ハイターで吹きましたがな(笑)
これでとりあえず大丈夫かしら・・・

でもね、さっきの蛆虫君(約2ミリから3ミリ)にハイターをかけてみたんですよ。
そしたらね、蛆虫君そのハイターの海から逃げようともがいてるんですよ。で結局逃げだしたんですね(笑)
ハイター、意外に効かないのか(笑)
そこで今度は排水管が詰まったときに使うパイプ洗浄ジェルを投下してみました。
なんとかご臨終でした。ご冥福をお祈りします。

ホームPage 1 / 41234