月別:2015年12月
ホームPage 1 / 3123

ヤフーショッピングで中古のスマホを購入しました。既に今もっているガラスマをヤフオクで売却していたので早急にスマホを用意する必要があり、当日発送で翌々日に到着するというショップで注文したのですが、注文した後でメールがきていました。

「今回はご注文ありがとうございます。
短い間ですがよろしくお願いいたします。

大変恐れ入りますが、この度ご注文を頂きました配送指定日が
12月26日となっておりましたが、
商品につきましては北海道からの発送となっておりますので
九州への到着予定日は28日となっており、
ご指定の日付指定にて発送をさせて頂きますが、
指定日に到着しない可能性もございますので
予めご寮了承お願い致します。
詳しい配送状況につきましては配送業者までお問い合わせお願い致します。

何卒宜しくお願い致します。

モバイルステーション」

へぇ~そうですか、まあしょうがないですけど24日に発送して28日到着ってメール便並みの遅さですよね。そもそも佐川急便は他の配送業者に比べて遅い印象があります。
実際北海道から九州までだと佐川急便のサイトによれば3日になっています。これは発送日を含めてではなく翌日から計算して3日のようですね。それでも24日に発送されているんで27日なんですが、中3日はかかるとショップの人からは言われました。

それにしても遅いですよね。ゆうパックにしろクロネコにしろ発送のタイミングにもよりますが中1日ほどでつくようですから。

検索するとやはり佐川急便は遅いという印象がある方が多く実際遅いようですね。なぜ遅いのか?その理由は分かりませんでした。
佐川急便は法人契約が多く安く大量に運ぶから、という意見がありましたがそれは遅い理由ではなく安い理由であって大量に運ぶと言ってもそれは相対的なもんですよね?どこだって大量と言えば大量に運んでいるでしょう。
例えばゆうパックは航空機を使って運ぶから早いが、佐川はトラックでしか運ばないとかそういうことだと分かりやすいんですが。コストを削減する為になんらかの部分で他の業者とは違う事をやっているとしか考えられませんよね。

いずれにしても商品を注文する時に佐川急便が指定業者になっていると結構避けたりします。
ヤフーや楽天といったショッピングモールは同じ商品を複数のショップが扱っていますよね?値段がほぼ同じだったら何を基準に選ぶでしょうか?ポイントの付与率?評価の高さ?そういった選択基準の一つに配送の早さというのがあると思うんです。特に当日配送をしてくれたり、或いは土日祝でも配送してくれたりするとポイントは高いです。また、配送業者を選べたりすると大変有難いわけです。ほとんどのショップは配送業者は選べませんとなっていますが。
別に選べなくても構いませんが、ヤマトが指定業者になってたりすると有難いです。
佐川急便と法人契約して一体どれくらいのコスト削減になるかは知る由もありませんが、それでお客さんを逃がしているとしたら本末転倒ですよね。

佐川

北海道から九州に荷物を運ぶのに北陸を中継するんですね。距離約1200キロほどです。ある引っ越し見積サイトによると車で走ると18時間とあります。
休憩をどれくらいとるのか?高速をどれくらい使うのかによって激しく前後してきそうですけど。
そうです。これだけ長い距離、北海道から九州だとおおよそこの倍の距離を全行程車だと時間が読めませんね。勿論プロの方はそれなりに時間を読んで運行されるのでしょうけど。
佐川急便の場合は北海道から北陸まで丸一日以上かかるということで北海道から九州まで配送するとなるとどんなに早くても中2日はかかりそうですね。
つまり24日発送なので早くて27日、やはり28日を想定しておいたほうが良さそうです。それまで携帯なしですごしますけどどうせ電話なんかかかってきませんけど(笑)

追記:ゆうパックなぜ遅いというワードで訪問された方がいらっしゃいました(笑)ゆうパックでも遅いと言われてしまうんですね。運送業者さんも大変です。

カテゴリー

最近はネカフェで作業をしています。大体映画をながら見ながらやっています。
何度も登場していますが、huluのお試しがダメならU-NEXT,そしてアマゾンプライムなどなど。無料で見まくる弱小です。いやハイエナの方が合ってますね。
さて、本日の映画「オン・ザ・ロード」30年以上前の映画です。
オンザロードで検索するとアメリカの映画がヒットしてまったく上位に上がってこないというマイナーさです。オンザロード+渡辺でようやくヒットさせました(笑)
この映画プレミアムGYAO!の無料映画でやってました。※配信終了のもよう。ええ、もちろん有料だったら見てません、はい。
カテゴリーがセクシー・任侠になってますが何の偏見でしょうか?
監督がセクシー映画出身の和泉聖治氏だからでしょうか。確かにおっぱいが無意味に登場しておじさんウホッ的なとこもありはしますが。
この映画、泥臭さが出ていてなんか匂ってきそうな感じがします。昭和の時代にありがちないい意味でのギラギラ感と、そして時代の閉塞感が画面からにじみ出ています。

白バイ警官が事故を起こして女性にケガをさせてしまい、謝罪するために東京から鹿児島まで白バイで追っかけるという、プロットだけきくと多分どこも映画にしないだろうと思われる内容です。

冒頭、渡辺裕之扮する白バイ警官富島が岡田真澄扮するアメリカ人?を検挙してひと悶着あるんですが、このシーンで映画に入りこんでしまいました。白バイ警官らしからぬ言動、更には日本人を舐め切ったようなアメリカ人。このやり取りがなんかいいんですね。なさそうでありそうというか。ただ、この検挙の際にスクーターの女性(礼子)と接触してしまうんですね。
富島は謝罪しに行こうとしますが、課長は単なる骨折だとかなんとか言いながら警察のメンツを考えて行かせません。このあたりから沸々とうっ屈した何かが見え隠れし始めます。
富島(24歳)君は同期と思われる警官とナンパしたりしますが金持ちのおっさんたちに横取りされたりします。そして、あっさりとその同期が事故で死んでしまいます。
そんなこんなで、富島君、事故った女性礼子が足を引きずって歩いているところに遭遇、もういてもたってもいられません。
礼子の家まで押し掛けます。が、礼子は富島があの白バイ警官だと分かった瞬間、部屋の中へ逃げ込もうとします。謝罪にとりあってくれません。当然ですよね。しかし、分かった瞬間に無言でドアを閉めようとするあたりなかなかの描写だと思います。

単なる骨折だと言っていた課長にくってかかる富島君。後日また礼子の部屋へ行きますが、行き違いにお姉さんと車で沖縄へ帰ったとのことですぐさま追いかけます。

さあここから富島君とそして礼子とお姉さんとのロードムービーの始まりです。
富島君、勤務中ですから当然、制服に白バイで追いかけます。ありえませんよね。なぜわざわざ制服きて白バイで追いかけるのか?最後の最後で課長に聞かれるんですがそこでようやく答えが見つかりました。
課長は言います、こんだけたくさんの警官に迷惑をかけてと、そうです課長はいつも組織のメンツみたいなことばかり考えているのです。そして富島君はわざわざ制服を着て白バイで追いかけることによってこの警察組織、ひいてはこの閉塞した状況をぶっ壊したかったのではないでしょうか?また、そうすることによって礼子への責任をとりたかったのではないでしょうか?普通に休暇とって追いかけるのではなく勤務中に制服着て白バイで追いかけたら警察官としての人生は棒にふってしまいますよね。
この組織への抵抗や時代の閉塞感といったものをテーマにした映画やドラマ小説は昭和の時代は頻繁に作られていましたね。
この映画もそういったことが随所に出てきます。
富島君を捕まえにきた白バイ隊員も、最後は富島に共感したような言動をとりますし、警察無線を傍受していたスタンドの店員は関門海峡の検問を突破させるために自分の自慢のバイクで爆走します。
また、最終地点の鹿児島では噂を聞きつけたバイクの集団が応援に集まってきます。

礼子とお姉さんは段々富島に共感していくようになります。これがかなり自然な感じで無理がないです。礼子は自分のモデルの将来を奪った男に対して最初は頑なな態度をとっていました。当然ですよね。
でもそのうち富島君に共感していくようになるのです。でも、キスしたりとかありません。さすがです、途中で二人手をとりあってとかなると興覚め必至でしょう。なんかエロいシーンがあるんで富島君とやっちゃってるのかっ!?と思ったらお姉さんが援助交際でお金稼いでいた回想シーンでした。どうやらお姉さんもこれまでの人生をリセットしたそう。そんな表情をしています。お姉さん役の秋川リサさんもいい味を出しています。富島君が妹にケガさせた加害者だと分かると、バツとして富島君にタンポンを買いに行かせたりする度量の広さがあります。

事故の被害者と加害者というと少し重たいテーマになりそうでしたが、ところどころ笑いを誘い、そして、青春のロードムービーとして作りあげた和泉聖治監督。

白バイが白バイに追われる、白バイがパトカーに追いかけられる、なんとシニカルな映像でしょうか。

しかしながら本作、まったくといっていいほどどこにも取り上げられていませんね。テレビなどで再放送も見たことありません。
何故でしょうか?主演の渡辺裕之氏のセリフ回しがたどたどしいからでしょうか?ヒロイン役の藤島くみさんがマイナーだからでしょうか?

最後、富島君が海に投げ出されるのですがそのシーンにきれいな虹が写っています。素敵な映画です。

オンザロードが無料で見れるかもしれないのはプレミアムGYAO!
どうやら配信終了したもようです・・

カテゴリー

最近アフィリエイトの外注を始めました。
外注と言っても、口コミ体験談などを記事にしたかったので体験談を募集する感じです。

いやぁ~まったく集まりませんね。特殊と言えば特殊なんであまり経験したことのない人がほとんどでしょうからしょうがないです。
サンプル数というか、このお仕事が目に留まる人が数千人単位じゃないと件数が集まらないでしょう。

なので複数の在宅で稼げるぜ、マッチングサイトに登録してみました。
ランサーズ
クラウドワークス
だいたいクラウドソーシングとか検索かけると上位にきてるんでまずは登録。素人丸出しですいません。
この2つのいい点は仕事を募集しても実際に仕事してもらわなかったらお金払わなくていい点です。(厳密に言うと300円くらいは払わないといけないのかなシステムよく分かってません笑)
とりあえずまったく案件への応募がありません。仕事依頼を閲覧した人数ってのが分かるんですが2つあわせて200人弱で応募1件です。
多分両方重複して登録されているワーカーの方もいるとは思いますがめっちゃ少ないですよね。掲載して5日程度経ってるんですがほとんどスルーされているのでしょうね。仕方ありません。
そこで他のクラウドソーシングにも試しに登録依頼してみました。
シュフティ
主婦向けなんでしょうかね。よく分かりませんがここは最初に仕事依頼する時その報酬分のポイント買わないといけないんですよね。なんかいやな感じです。
ポイントを買って、ポイント余ったら返金システムなんですね。あ~よかった、と思って早速登録しました。
で、よくよくヘルプとか見ていたら(登録する前に見なさいよ)返金に手数料540ポイントもとるんですね。へぇ~そうですか、いやな感じが的中しました。私の勘って結構あたります。(登録する前に調べてないだけでしょうか)
まあ、仕事を全部こなして頂ければそれでいいだけなんで気長に待つことにしましょうか、ってちょっと気になったんでマイページ覗いてみました。
案件が非承認・・・??ここって仕事を一個一個承認するシステムなんですね。あ~そうですか、すいませんね、ちゃんとガイドとか読んでない私が悪いだけですよ。
そんで非承認の理由見てみると仕事詳細の記載が少ないから、応募者によく伝わらないので応募少ないかもですよ、みたいな事かかれてありました。
なるほど、●●●に対するアンケートと記載して、アンケートの質問事項も見えるのにそれで分からない人がいるのかという素朴な疑問はさておき、退会しようとしても結局返金手数料に540ポイントとられちゃいますね。
粛々と仕事内容詳細を追記しました。私は従順な子ヒツジです。
まあ、ちゃんと仕事がこなされればいいんですよ。

でもね、子ヒツジというよりハイエナな私はシュフティの裏技的使い方を発見したんですよ。
まず仕事依頼するには前払いでポイントを購入しなければなりませんが、これにクレジットカードが使えるんですよ。はい、もう分かった貴方は結構ブラックな人ですね(笑)
そうです、クレジットカードのショッピング枠現金化に使えますね。

それで承認されたかどうかチェックしてみたら
「平日10:00~19:00までとなっており、
通常は登録受付後1営業日以内にメールでお知らせします。
※現在試験的に休日の承認作業も行っております。
 事務局の休日(土日および祝日など)にお仕事をご登録いただいた場合も
 可能な限り承認作業をさせていただいております。」
というメールがきていました。夜間と土日は原則やってないんですね。めっちゃビジネス機会の損失ですよね。
確かランサーズあたりで別の案件募集したら30分後くらいには応募あっててびっくりしましたけど、そもそも案件の審査をする必要があるんでしょうか?登録する時に身分証明書でもアップさせたほうがよっぽど良さそうですけどね。

追記:2015年12月23日
ランサーズでは1件、クラウドワークスではゼロ件だった仕事の応募がシュフティでは6件もありました。
仕事の内容としてはアンケートという比較的簡単な依頼だったのですが、サイトによって向き不向きがあるのでしょうね。

舟を編むを無料で見る

無料は こちら

舟を編む あらすじ

主人公のまじめくん=松田龍平、ほんとにまじめという名前です。実際にそういう苗字があるそうです。勉強になります。
このまじめくんが、かぐやちゃん=宮崎あおいに恋文を渡すんですが、なんと毛筆で戦国時代の武将が書くような達筆なお手紙を渡すんですね。
そして、かぐやちゃんが言うんですよ。
「こんなの貰っても普通読めないよね、バカにしてるの?普通ってなんなのか分かんないけど、学がない私に読めるはずないよね、嫌がらせかとおもった・・・」
ですよね、普通そうかもしれません。普通ってなんなのか?それを説明することなく分かるのが普通ということなのかも知れませんが。

でも、これが分からない、説明してようやく分かる人がいるっていうのも事実ですよね。いわゆる空気を読むとはまた別の概念でしょうけど。

まじめくんは人から質問されてもすぐ答えなかったりして、同僚の西岡さん=オダギリジョー、からキレられたりするんです。そうです、アスペルガーを匂わせるんですね。

まじめくんはアスペかもしれないのに出版社で営業やらされてるんですよ、残酷極まりないですね。今の時代病院できちんと診断された上で配属されたら訴訟もんかも知れませんね。(この話20年くらい前から始まります)

まじめくん営業から辞書編集部に配属されます。ダサいとかチョベリグとか新しい言葉なんかも集めてきてその用法なんかを調べたりもします。
こういう仕事ってある意味アスペ的な人には凄い向いてるんじゃないでしょうか?勿論一人では出来ないので協調性は必要ですね。でも編集部の人たちと言っても数人ですけど少しずつ受け入れられていきます。

思うんですけど、アスペルガーだからと言ってその人がいい人間かどうかとは相関関係がないと思うんですよ。アスペルガーだからいい人間でピュアで愛すべきかどうかは。なんとなく障害を持っている人は純粋な人間でいい人だとかいうイメージないですか?私だけですかね?

アスペであろうとなかろうと、愛すべき性格の人は周りからの協力を得られ、アスペではない普通の人間でも愛すべき性格じゃない人は孤立してしまうのではないかと・・・。

まじめくんはアスペルガーかも知れません。走り方だって変です。コミュニケーション能力は決して高くはありません。好きな女性に戦国武将みたいな手紙を渡します。
でも、宮崎あおいみたいな美人のお嫁さんを貰うことができました。

辞書編集部という変人の集まりと揶揄されるようなところで何十年も言葉遊びをしているように見えるかもしれません。

でも美人の嫁がいます。美人の嫁がいるだけで男の価値は上がるようです。

新入社員の女子社員はまじめくんをキモい目で見ています。入社の挨拶でデニムの記事を書いていたことを知ると、いきなり「デニムというのはジーンズの種類ですか?」なんてまじめくんは独り言のようにつぶやきます。いきなりこんな事聞く人は一般的に言えば変わった人でしょう。

でも、美人の嫁がいることを知ってびっくりしてしまいます。

アスペルガーでも美人の嫁がいて、普通の人でも嫁が貰えないこんな世の中じゃ~ポイズン~♪とか歌ってる場合じゃないです。

アスペルガーとはなんなのか?

で、そもそもアスペアスペと言ってますけどアスペってなんですか?知ったかぶりして使ってますけど今一度おさらいしてみましょう。

以下、引用です。http://medical.yahoo.co.jp/katei/041031000/?disid=041031000
「アスペルガー症候群の特徴は、(1)相互的な社会関係とコミュニケーションをもちにくい、(2)関心と活動が限局し常同的であること、です。この特徴はいずれも自閉症と共通するところから、自閉症のひとつと考えられます。いいかえれば、自閉症のなかで、知的障害を伴わなず、言葉を使うことができるものが、アスペルガー症候群と考えられています。しかし、両者の境界は必ずしも明確でなく、その神経学的な背景の違いについてもまだ不明な点が多く残されています。」

ということでよく分からないらしいです。よく分からないのにアスペアスペ言ってんじゃないわよ!

ちなみにうちの母親もなんとなくですがアスペかなと思ったんですけど、結局変わった人とか、人と違った行動をとるとすぐにアスペって言ってるだけじゃないかと。
特に日本人ってそうですよね。

日本人が優れた民族とか最近よく言ってますけど、果たしてそうなんでしょうか?

舟を編むを無料で見たかったらお試しで登録するといいですよ

カテゴリー
ホームPage 1 / 3123