カテゴリー:不動産

昨夜、新しく越してきた上の階の住人がベランダで多分洗濯物を干していたと思われますがかなりうるさくて(非常用のはしごの金属製の部分にバンバンあてて音がなる。しかも毎回)ストレスマックスになった直後閃輝暗点が出ました。
約1か月ぶりでしたが、最近ではかなり早いペースになっています。
頭痛薬を飲んだらある程度治まったので事なきを得ましたが、やはりストレスが大きな要因なのか・・・
特に、新しい上の階の住人はとにかく足音がうるさい。このマンションは特に足音が響くので以前の上の階の住人もそれなりにうるさかったのですが、今度の住人はもっと酷くなっています。
現在、このマンション全部で12室のうち空き部屋が4部屋です。さらに、ほとんど帰ってこない住人の部屋が2室はあるので実質半分ほどしか住人がいません。
引っ越してから今月で3年を経過しますが、その間少なくとも10人以上は引っ越して出て行っています。
多分うるさいというのが一因だと思いますが、確かに普通に歩くだけで足音が響き、部屋の中にある戸も開け閉めすると上の上の階の音まで響いてくるので気になる人は気になるでしょうね。
こういうのって多分部屋のつくりをちょっと改善するだけでもだいぶマシになると思いますが、苦情としてだすほどでもないような音の問題だと管理会社も把握できませんよね。
入居率が低いところって、やはりそれなりに問題があるのでしょう。家賃下げればいいってもんでもないですよ。

カテゴリー
タグ

向かいにそこそこでかいマンションがある。
南側にあるそのマンションのせいで陽当たりが悪い。このマンションさえなければ・・・

向かいのマンションまでは約5,6メートルほど離れているだろうか。

夏になると窓を開けるところも多くなる。窓と言うよりは扉のようになっており、すだれのようなものがかかっているので中を伺い知ることはできない。

向かいのマンションは分譲マンションであり、家族で住んでいるところが多いだろう。部屋数も複数あるに違いない。
こちら側から見える部分はあちら側のマンションで言えば北側になるため窓を開ければ風通しがよくなることは想像に難くない。

とは言え、しょっちゅう扉が開いてはいるものの開けているところや閉めているところを一回も見たことがない部屋がある。
先日、夜中外を何気なく見たら向かいのマンションの当該部屋の扉は開けっ放しであった。どうやら一日中開けっ放しなようである。

どれだけ不用心なのか。日本は平和である。その昔、ウィークエンダーとかいう下ネタ満載の巷で起こった低俗な事件を扱う番組で印象に残った事件がある。
その事件は夏の夜、網戸にして戸締りをしていない家で起きた。泥棒目的だったその犯人は難なく家に忍び込み、すやすやと寝ている奥さんに猥褻な事をしようとしていたという事件だった。その奥さんはどうやら寝ぼけていて旦那がちょっかい出して来ていたと思ってなすがままになっていたらしい(笑)。

向かいのマンションの開け放たれた扉を見て、毎回そんなことを想っているおっさんというのもまた気持ち悪い話である。
しかし、よくよく考えてみると自分だって網戸にして寝ているのであった。
誰かに襲われるかもしれない・・・

あぁ・・・

カテゴリー
タグ

さっき買い物から帰ってきたら、上の階の住人の車が駐車場にありました。
出かけるときはなかったので休みではないと思いますがどうしたことでしょう。
もしかすると台風の影響かもしれませんね。それなら仕方ありません。ってここ九州ですけど 笑
いや、上の階の住人の会社ならありうる話です。なんせ東京で大雪だった時も会社休みでしたからね。
勿論こっちはほとんど雪降ってなかったですけど。

そういえばお盆も一週間くらい休みでしたが、8月下旬に1週間くらい車がなくて上の階が静かでした。
ようやく引っ越してくれたのかと喜んだのも束の間、単なる休みだったようです 笑

他人の休みなんかどうでもいいわけですが、とにかく上の住人うるさいんですよね。
ドア(部屋の中の扉)を開けたら必ず閉める人で出かける準備をしているときとかそれこそ掃除なんかしてる時でも必ず開けたら閉めるのでものの5分程度で20回以上開け閉めすることもざらなんですよ。
小便する音も聞こえるし(笑)イビキまで聞こえる始末。
どんな部屋の構造やねんって感じで、騒いでいるわけでもないですし、苦情を言うにも言えないような感じなわけです。不思議な事に隣の音はほとんど聞こえないという。

カテゴリー

昨日、大和リビングから電気料金のお知らせがきていました。
今回は3000円を切る事に成功。デロンギのオイルヒーターの使い過ぎによる電気料金の無駄金を少しでも取り戻そう作戦はうまくいっているのか・・・?

実際は前年同月よりも210円、4kWh増加しているというオチでした・・・

あぁ・・・

カテゴリー
タグ