月別:2016年03月
ホームPage 1 / 3123

また、在日米軍の兵士が沖縄で女性を暴行したというニュースが流れていました→米兵性的暴行に抗議集会

米兵の犯罪率は決して高くなく、ことさらメディアが大げさに報じているから目立つだけだとか、同じ犯罪を犯しても日本人だったら報道すらしない場合もあるのだから目立っているだけだとか、一見すると至極まっとうな正論っぽいことを目にしましたので実際のところどうなのだろうか?

そこで少し調べてみました

こんな記事発見→米兵の犯罪率に関するその後の情報

一部抜粋してみます

『 (オハイオ州のオンライン新聞)デイトン・デイリーニュースが伝えた有名な調査『軍人による性的暴行事件の軍法会議付託件数に見る世界各地域別・発生率比較』によれば、米兵1000人あたりで、沖縄では4.12件であり、それに比べて、キャンプ・ペンデルトンでは2.00件、キャンプ・ルジューンでは1.75件、サンディエゴでは1.07件、バージニア州ノーフォークでは0.80件である。』

『「デイトン・デイリー・ニュース」が、95年10月1日から8日まで連載を行ったが、それは米軍内部のコンピュータに入力された10万件以上の犯罪記録を分析し、その結果をまとめたものであった(88年から94年までの7年間の累計)。
性犯罪を理由に軍法会議にかけられた被告の数が、国内外の米軍基地別にあかるみになったのだ。それによると、第一位は在日米海軍・海兵隊で、被告数は169人。第二位はサンディエゴ基地(102人)、三位はノーフォーク基地(90人)と、アメリカ国内の基地になる。
ただ、両基地とも、在日米海軍・海兵隊の2倍、3倍の兵員がおり、犯罪発生率では日本が群を抜いている。
欧州の基地はほとんど出てこない。その中ではスペイン(24人)、イタリア(16人)が目立つ程度。日本の突出ぶりは際立っている。』

7年間で169人ということは1年間で24人。在日米軍の数はウィキによれば軍属含め約5万人。1万人あたり4.8人。

平成17年の強姦認知件2076件、検挙人員1074人、強制わいせつ認知件数8751件、検挙人員2286人。http://www.jcps.or.jp/publication/1804.html

19歳から45歳の男性人口を2500万人で計算すると1万人あたり認知件数4.3件程度、検挙人員1.3人程度。

米軍の年齢構成が分かりませんでしたが比較的若い男性が占めていると考えられますので日本側も男性の人口を推計して計算しました。
米軍は軍法会議にかけられた被告の数ですので日本側も検挙人員を対象に比較するとやはり在日米軍の方が高くなります。性的暴行事件ですので公然猥褻などは対象外。対象年などがずれていますので参考に。数の多い認知件数で比較しても同じくらいになります。

性犯罪に限って言えば在日米軍の犯罪発生率が群を抜いて高いという結果が浮き彫りになって(あくまで米軍基地同士での比較において)、メディアが大げさに報道しているだけだからという一見正論が覆されたわけですが、問題はではなぜ海外の米軍基地の中でも日本が突出して高いのか?という点ですよね。

ここでまず頭に浮かぶのが不平等条約とも言うべき日米地位協定の問題です。しかし、米軍は他の国とも似たような協定を結んでいると言う事でこの一事だけをもってして犯罪率が高いという理由にはなりそうもありません。勿論本国で犯罪を犯すよりはそのハードルはかなり低くなることは間違いないでしょうが。※追記 NATO諸国とはかなり違ったもののようですね → 地位協定と在日米軍の犯罪発生率
実は、海外では表ざたになっていないだけで本当はもっと多いとか・・・言いだすとキリがないわけですが。
いずれにしても、大げさに反応しているだけではないという事ですよね。

リンク先の記事にはもっと詳細が記されていますのでご興味のある方はご参照下さい。→http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20080301/beihei

佐賀市内にあるネカフェの中でも一番の老舗のフリースペースというお店があります。

このお店、最近急激にお客が減っています。
お客が減っている原因は多分お客さんが一番分かっていると思います。

汚くて狭いんです。施設が古くなったりして見た目が汚いとかなら致し方ありませんが、そうじゃないんです。

今日も席に座ろうとしたらリクライニングシートに何やら汚れが・・・見たらすぐ分かるんですが。
仕方ないので常備されているおしぼりを使って掃除しました笑
汚れていたところだけじゃなくて念のため全体を拭いていたら、なんということでしょう、おしぼりまっくろくろすけでございます。
結局おしぼり3枚も使ってしまいました。もっと掃除したかったんですけど、掃除しにきてるわけじゃないんでやめときましたが笑

そうです、この店、清掃らしい清掃をしないんです。お客が退出して清掃しているところを見ると、ものの30秒程度終わるんですよ。
キーボードを一回だけ拭いて、テーブルを拭いて、ゴミがあれば回収・・・それだけなんですね。ソファーとかシートとか拭いてないっぽいです笑
以前フラットの席で明らかに食い散らかした跡が散乱していたので注意したことがあったんですが、それも完全に見たら分かるレベルなんですよ。
勿論除菌とかしてませんよね。トイレとかも水を使って清掃してないんで臭い。
ヘッドフォンも勿論接触が悪くなって聞こえなくなったりしているの多数。PCとモニターの設定が悪いのかヘッドフォン自体聞こえなくなっているのもあったりします。
リクライニングシートも種類が統一されていなくて壊れているの多数、リクライニングシートなのに部屋が狭くてリクライニング出来ない。
店員さんに言ってもその都度対処なんで、根本的に解決しようという姿勢がないから同じことの繰り返しなんですね。

本来は定期的に実際PCを起動してちゃんと動くかどうか操作して確かめたりするもんです。客の少ない朝とかに掃除機かけたりして一斉清掃したりとか・・こんなの常識だとは思うんですが。

以前はこんな感じでもお客さんで満杯でした。
それはこのお店しかネカフェが事実上なかったからです笑

それにあぐらをかいてるのか、もはや商売ヤル気ないのか分かりませんがお客さん激減してもなんの手も打とうとしないという。
地方ってなんだかんだ言ってこんな感じのお店多いんですよ。なぜフランチャイズとか大手資本のお店が流行って、地方の商店街が衰退していくかって、単に郊外に大型店ができたとか人口が減少しているからとかだけの話じゃないと思うんです。

いずれこのお店も潰れるかもしれませんが、それまでこの地方に住んでいるとも限りませんけど、潰れるとそれなりに困るわけで笑

まあ、頑張ってください。

ちなみに佐賀市内にあるiBOXは最近PCの画面上で食事が注文できるようになりヤル気がでてきたようです笑。ブースにインターホンもなかったのでわざわざフロントまで注文しに行かなければなりませんでしたが、何しろ以前パチンコ屋さんでしたので結構店内が広いんですよね。行く気が失せますし、一回注文に行ったら店員さんの愛想が悪くて注文しませんでした笑。また、パチンコ屋さんにありがちなトイレが広くてきれいです。身障者用のトイレもあったりしてゆっくりうんこできます笑。シャワーもあるようですが使ったことないんでよくわかりません。後、なにげに割り箸が常備されているのはいいですね、カップラーメンとか外で買ってきて(店内のは高いので)食べる時とか重宝します。禁煙と喫煙の境界がよくわからないですが笑
快活CLUBは料金少々高めですが一番奇麗でしょう。こちらも多目的トイレがあってゆっくりうんこできます笑。喫煙と禁煙が完全に分かれている点がもっとも気にいってます。カップルなどで行く場合は断然ここでしょう。女性も絶対ここがいいと思います。
知り合って間もない時に間違ってもフリースペースに行くのはやめといたほうがいいです笑

※追記
久しぶりにやってきました。椅子を持って前に詰めようとしたらヌルッと笑
椅子の裏がべとべとです。
足を組んで座っていたらデスクに膝あたりがくっつくんですが、ズボンが汚れてるんです。デスクの下を触るとヌルッと笑

目に見える表面はまあいいんでしょうけど裏側は怖くて触れません。

掃除がものの30秒で終わってますからそうなるでしょうね。

昔、サイバックっていうネカフェとカラオケ、ゲームとか一体になったチェーン店あったんですが、あそこが一番よかったですね。もうありませんけどまた出店しないかな。

※追記
今日は久しぶりにiBOXというネカフェとカラオケボックスが一緒になった店にきました。
以前は食事の注文にわざわざフロントまで行くようなやる気のないネカフェもどきでしたが今はPCから注文できるようになっています。
ただ、以前から結構PCのトラブルが多かったのですが今日もデスクライトがつきません。速攻部屋を変えて貰いましたが、今度はIEの調子が悪いようでPictionの動画が見れません笑
ちなみにデスクライトがつかなかった席はすぐにつくようになったようです笑

このようにこのお店では何回か同じような目にあっています。変えて貰った席もよくないという・・・

何度も何度も言いますが、単に掃除をするだけでなく実際にPCなどを起動してチェックするようにしてください。

※追記
約4年近くぶりにフリースペースへきました。
快活CLUBが店舗改装かなにかでお休みだったので仕方なくですが、店内が昔とは違いかなりきれいになっていました。
しかし、食事でも頼もうかとメニューを見ると、なんと4年前とまったく同じメニューでした。。。(笑)
一気に食欲が失せたのでソフトクリームで腹を満たしておきました。
やはり、というかお客さんがかなり減ってますね。

快活CLUBはリニューアルしてシャワーとかも設置されています。が、掃除がされていませんでしたね・・・菓子クズが結構残ってました。見たらすぐに分かるレベルなんですが。
それと、快活CLUBは一旦ブラウザ閉じるだけでもアクセス履歴やパスワードの履歴は削除されるのですが、前回丁度同じ席だったのですがその時PCのゴミ箱に捨てたファイルが残ってましたよ。
これは要注意ですね。捨てたのエロ動画ですし(笑)

最近FC2を取り巻く環境が厳しさを増す中
俺のおかずをどうしてくれるんだと戦々恐々の全国のエロ男子の皆さまこんにちは

今までFC2は会社がアメリカにあるから当局は手が出せないとか思っていた方も多いと思いますが

いずれにせよ日本人のイメージとしてFC2はいかがわしい、著作権なんか無視の無法地帯だと

あれ?じゃあユーチューブは?ユーチューブだってむちゃくちゃ違法な動画あがってるんじゃね?と思った方も多いと思います

でも大多数の方にはユーチューブはよくてFC2はダメという認識でしょう
その明確な根拠なんかほとんど持ち合わせてなくてもそれが日本人のコンセンサスなわけであります

イメージって大事ですよね笑
というか、FC2がらみで報道されるのって大体公然猥褻関連ですよね、著作権関連はあまり大きく報道されません
公然猥褻に関してはもはや議論するのもバカバカしい法解釈ですがこの件についてはまた今後語らせて頂きましょう

まず、著作権に関してはユーチューブはどうなっているのかということでちょっと調べてみました
ド素人でもすぐに調べられるいい時代になったもんですね

すると、ユーチューブの親会社?である天下のグーグル様がどっかから著作権侵害で訴えられたけどセーフハーバー条項を盾に勝訴したとかありました

さすがグーグル様・・・しかし一体なんで??
ヤフーでググリました笑
すると、

米国 デジタルミレニアム著作権法~セーフハーバー条項

という記事によりますと

要するに著作権侵害ということを知って放置してたらやばいけど
知らなかったらお咎めなしにしてください

ということで、つまり著作権侵害してますよ、とか通告されてから削除なり対処すればいいみたいですね

FC2でも同様に著作権侵害とか言われたんで削除しときました、みたいなことよくされます笑

ただ、セーフハーバー条項ってアメリカさんのお話ですので日本はどうなっているのかというと

日本 プロバイダ責任制限法

これによるとプロバイダが責任を負う場合の条件が定められているようで、逆に言うとそれ以外は責任を負わないとも読めます

具体的には

1.情報の流通によって他人の権利が侵害されていることを知っていたとき。

2.情報の流通を知っていた場合であって、サービスプロバイダの情報流通によって、他人の権利が侵害されていることを知ることができたと認めるに足りる相当の理由があるとき。

1と2は多分「または」の関係だと思われますが

一見して非常に曖昧に規定されていますね。
知っていたとはいかなることを言うのでしょうかね
特に、2の知ることができたと認めるに足りる相当の理由ってのが怖い話です笑
本当に知らなかったとしても捜査機関が知ることができただろうと判断すれば裁判所は簡単に逮捕状を発付するでしょう
起訴、或いは有罪にならなくても逮捕できればほぼほぼ捜査機関の勝利とも言えるこの国です

法律ってある程度、幅を持たせて規定しなければいけないのは分かりますが、一般法ではなく特別法ですからね、もう少し具体的に決めておいてもよさそうですが

いずれにせよプロバイダの責任は免れる可能性はあるわけですが
違法にアップロードした人はまた別の話になってきますのでご注意遊ばせ

世の中には普通の顔をしたサイコパスがたくさんいるんじゃないだろうか。

スーツをバリっと着こなし、奇麗な嫁さんを貰い、一見すると幸せそうな家族。

でも、ちょっと注意深く観察すると、どこか違和感がある。

別に連続殺人を犯すわけではない、それどころか犯罪はおろか社会のルールだってきちんと守っている世間的にはまっとうないい人。

でも、そんな家庭の子供でもある日突然社会を騒がせるような事件を起こしたりする。

果たして何が原因なのだろうか?単なる精神異常のサイコパスなのか?

少し前に佐世保で同級生を殺害するという事件があった。その子を入院させるように医者とも話をしていたようだが加害者の父親は自殺しましたね。

お医者さんとも相談していたくらいですから最低限の親のやるべきことをやったともいえるでしょう。勿論詳しいことは分かりません。佐世保女子殺害 パパはサイコパス

「平気でうそをつく人たち」という本があります。邪悪な人たちをテーマにした本ですが、実は邪悪といっても凶悪犯罪者を扱っているわけではなく、普通に生活を送っている、一見すると普通の人たちを扱っています。

この中で、子供が急に成績が悪くなったとかなんかでカウンセリングにくる両親の話があります。

結論から言うと、この両親は子供の事を本気で心配して相談にきたのではなく、いい親と思われるアリバイづくりの為に相談にきていたと思われます。

自分たちは子供の事を本気で心配しているふりをしているだけ・・・。一番危険なのはそれに本人たちが気付いてない点なのです。
だから、ホントに子供の為になるような事は何もしてあげることができず、自分たちがいいと思っている独善的な考えを押し付けてしまう。
従って、自分たちは精一杯やれるだけの事はやってあげたのに、何故あの子は・・・と、途方に暮れ絶望に打ちひしがれる事になるのでしょう。

親や家庭環境のせいでサイコパスになるかどうかは私には分かりません。
でも一つ言えることは親から虐待を受けてもまっとうに生きている人たちはいっぱいいますよね、むしろその方が多いかもしれません。
ただ、親の影響は必ずあるだろうと思います。それが犯罪という形で露見せずとも、どこかでほころびが見えてくると思います。

そしてそういった影響を受けた人間が成長し、子供を持った時、果たしてまっとうな教育ができるのだろうか?時々思う事があります。

いや、サイコならずともどれくらいの親がまっとうな教育を子供に施しているのでしょうか?

そもそもまっとうな育て方とはなんでしょうか?学校で教えてもらってもいないことをどうやって習得しそれを実践できるのでしょうか?

逆説的に言えば、まっとうに育っているように見えて実は紙一重で人間は生きているのではないでしょうか。
何にも問題のない人生を送る人なんていないのではないでしょうか。
何かの問題に直面した時にそのほころびが顕著に表れるのか、表れないのか。それくらいの違いでしかないのではないでしょうか?

たまたま表れると精神的に弱かっただけ、親や環境のせいにするなと言われたりしますが、
本当に特殊な事例なのでしょうか?実は普通の仮面を被ったサイコパス予備群がたくさんいるような気がしてなりません。

私だって紙一重で踏みとどまっているだけでいつタガが外れて暴走するのか・・・分かったもんじゃないですよね笑

そしてそんな時人は言うと思います。いい歳して何やってたんだと笑

ホームPage 1 / 3123