記事一覧

色欲にまみれた老人の醜態~鑑定士と顔のない依頼人

深夜のテレビでやっていたので見てみました。
レビューを見ると犯行が杜撰であると書かれていますが、恐らくこれはわざとでしょう。
詐欺師が詐欺されてしまったことを気づかせる。しかも本当に愛してしまった女に騙されてしまうという哀れさを実感させるわけですね。
いずれにしろ主人公の初老の鑑定士のいけすかなさに辟易してしまい、それがこの映画の評価を全体的に下げているのかもしれません。
結末は哀れですがあまり同情しないので、それが逆に哀れですね。
犯行が杜撰とは言え、相棒だったビリーが首謀者だという証拠もなく、みんなグルのように見えますが証拠っぽいのはないんですね。
しかも、盗まれたものは不正に手に入れた絵画のみですから警察に行くわけにもいかない。
疑問だったのが相棒のビリーと組んで安くこの絵画たちを落札していたという点でそれを調べていたわけですが明確な答えなし。
多分、ビリーは絵描きなので贋作を書かせてそれをオークションに出品して値を安くさせていたのかな?

 

とは言え、潔癖症の主人公を色仕掛けで落とすためにわざわざ引きこもり(多分パニック障害)の女を演じる必要があったのかと。
しかし、この初老の鑑定士、かなり気難しい変わった男。顔の見えない依頼人に対しては最初から喧嘩腰です(笑)。しかし、この依頼人が好きになってからの行動がめっちゃ気持ち悪い。嫌らしい。下種(笑)
ある意味こういった演出がこの作品を単なるコンゲームで終わらせていない点だろうし、そこが見どころだろう。
そもそもこの主人公のどこがよくて好きになるのか観客は意味不明なのでかなり違和感があるに違いない。
そこで、引きこもりの女という設定をほどこしたのだろうか。さすれば初老の下種からしてもまさか騙されているとは思わない可能性が高い。むしろ自分が引きこもりから救ってやったんだと。
そう信じ込ませれば、あとは簡単に落とせると。なるほど。

今日のヤフコメ~GDPの年率換算の意味はあるのか問題

GDP大幅反発、年18%増 7~9月期の民間予測

民間シンクタンク各社は2日までに、7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値の予測を発表
経済活動が再開したことで10社平均は前期比年率18.9%増となった
年28.1%減と戦後最悪の急落を記録した4~6月期から大幅な反発を見込む

ヤフコメ民の意見

「前期比年率」であって、前年比ではない。
前期比は4~6月でしょう。

それと比べても大した意味はないと思う。
前年比じゃないと。

よくよく考えてみると四半期ごとに発表されるGDPは前年同期比ではなく前期比であったことを改めて知る。前期比を年率換算しているのである。従ってこれは今回だけの話ではない。
例えば企業などで毎月の売り上げを前月との比較としてみるのと変わらないが、前月比1%上昇したとして年率換算すると約12.68%上昇しました!ということにさほど意味がないように見える。
こちらに年率換算のやり方が記載してあるが→第2講 GDPとは
年率換算の注意点も記載されているが、やはり今年のように急激に落ち込む期があると翌期が急回復したとしても年間トータルして結局どうなんだよという話なので逆に四半期で一喜一憂しても意味はないというふうになるのが当然である。

 

四半期でみたいのは人情だが、やはり前期比でとらえるのではなく前年同期比のほうがよさそうですね。

 

ちなみにアメリカはマイナス31.4%を記録した第2四半期から第3四半期は前期比年率33.1%と上回っている。
さらに、第3・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は前期比12.7%増で、マイナス成長(11.8%)となった第2・四半期からこれまた上回っており日本の回復の鈍さが浮き彫りに。
ん?日本は欧米に比べてコロナの影響を受けていないとかなんとか言って外人さんが日本の株価を下支えしているとかテレビで言ってましたけど(笑)

VBA一定時間自動転記

  • VBA

PHPやpython、Rも結局投げ出したわけだが性懲りもなくエクセルでマクロである。とりあえず備忘録として載せておく。

 

まず、マクロの記録であらかた記録させておく。
記録された内容を見る
※Visual Basic→+標準モジュール→Module1]をダブルクリック

別のブックへ転記させるマクロの見本

Sub Macro1()
'
  ActiveCell.FormulaR1C1 = "111"→a = ActiveCell.Value
  Range("A2").Select
  Workbooks.Open Filename:= _
    "C:\Documents and Settings\My Computer\data.xlsx"
  Sheets("Sheet2").Select
  Range("B2").Select
  ActiveCell.FormulaR1C1 = "222"→ActiveCell.FormulaR1C1 = a
  Range("B3").Select
End Sub
他のブックにデータを自動転記する

 

ActiveCell.Valueはアクティブなセルの値を参照する
アクティブなセルを参照する
セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value プロパティ)
特定のセルを参照するには Range.Value プロパティまたは Cells.Value プロパティ
VBA セルの値を取得する

 

転記場所を1個ずつずらす場合 自動集計マクロの基礎
ループ処理
For i = 1 To 10
  「ある処理」
Next i

セルを1個下にずらす
ActiveCell.Offset(1, 0).Activate ※Rangeオブジェクト.Offset(行方向, 列方向)
とは言え、 Range("●●").Selectで1個下を指定することもできる

 

※追記
ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Cells(i, 1) = Now()
i = i + 1

セルの指定

時間指定処理
指定した時刻にマクロを実行する(OnTimeメソッド)
一定間隔自動処理
 ontime
VBAで一定間隔での繰り返し処置を実装する方法

 

特定のセルの値を別のシートへ転記し、さらに1個下のセルに入力し続ける

特定のセルの値を別のファイルに転記する
その特定のセルの値は一定間隔ごとに連続して転記する ※一定間隔ごとはon timeメソッドマクロを呼び出す
そのままだと上書きされていくので1個下のセルに転記させる
※転記先がB2に固定されているのでこのままだと上書きされていくだけ。従って1回転記されたら1個下のほうに入力させるようにしなければならない。
よって、転記先をアクティブにする?

Sub Macro1()
'
  a = Range.Value
  ("A2").Select
  Workbooks.Open Filename:= _
    "C:\Documents and Settings\My Computer\data.xlsx"
  Sheets("Sheet2").Select
   Range("B2").Select
  ActiveCell.FormulaR1C1 = a
  Range("1,0").Select
End Sub

 
ということで以下のようにすると1個ずつ下のセルに入力できるようになるが、最初の入力セルが固定ではなくアクティブセルとなるので、
入力させたいセルを常に選択状態にしておく必要がある。
従って、もしそれが難しいなら最初は固定にし、次のマクロでアクティブセルに入力するようにする。そのマクロを一定間隔で行うようにする。

自動転記サンプル

Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'

'
a = Range("A2").Value
Workbooks.Open Filename:="C:\Users\●\Desktop\マクロ\tennki.xlsx"
Sheets("Sheet2").Select
ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
ActiveCell.Offset(1, 0).Select

End Sub

 

一定時間繰り返す処理 

一定間隔で実行したい処理をプロシージャにまとめる。
そのプロシージャ内でApplication.OnTimeを実行し、自身のプロシージャを呼び出す

Sub Timer_Event()
'何かやりたい処理を書く → 転記処理

'次にタイマーを実行するのを現在より10秒後にセット → 1分後
next_time = Now() + TimeValue("00:00:10")

'タイマーでは自分自身を呼び出し、繰り返し処理させる
Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="Timer_Event"

End Sub

 


Sub Timer_Event()

a = Range("A2").Value
Workbooks.Open Filename:="C:\Users\●●●●\Desktop\マクロ\tennki.xlsx"
Sheets("Sheet2").Select
ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
ActiveCell.Offset(1, 0).Select

 next_time = Now() + TimeValue("00:00:60")

Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="Timer_Event"

End Sub

とは言え、まず実行するタイミングは?時間そのものを指定するか(AM9:00~など)マクロそのものを手動実行させるかタイマーを手動実行させる
ボタンを作って実行させる
http://www.start-macro.com/55/w/s005.html
この方法は面倒がない?が、マクロを終了させないと無限ループする
※上記方法ではマクロの終了ボタンは作れない?
手動タイマー
マクロの中にボタンを組み込む感じボタンが1つのプロシージャ 終了ボタンも作れる

 

'時刻を入力する行番号
'※onTimeメソッドの引数(Procedure)は引数を取れないためグローバル変数で管理
Dim i As Integer

'次にタイマーがセットされている時刻
'設定済みのタイマー処理をキャンセルするにはこの時刻がないとできない
Dim next_time As Variant

'タイマー処理をスタート
Sub ボタン1_Click()
i = 1
Timer_Event
End Sub

'タイマー処理をストップ
Sub ボタン2_Click()
Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="Timer_Event", Schedule:=False
End Sub

Sub Timer_Event()

End Sub

 

いずれにせよ、マクロを手動で実行させて終了させる必要がある

Application.OnTime next_time, "Timer_Event"

 

Dim i As Integer
Dim next_time As Variant

Sub ボタン1_Click()
i = 1
macro1
End Sub
Sub ボタン2_Click()
Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1", Schedule:=False
End Sub
Sub macro1()

a = Range("A2").Value
Workbooks.Open Filename:="C:\Users\●●●●\Desktop\マクロ\tennki.xlsx"
Sheets("Sheet2").Select
ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
ActiveCell.Offset(1, 0).Select
next_time = Now() + TimeValue("00:00:10")

Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1"

End Sub

 

以上のコードで一応動く。が、まず2個目から何も入力されない。1個ずつ下には移動している。
停止ボタンを押すと、ontimeメソッドどうのこうのエラーになる。
どうやら転記元が別のワークシートになっているため転記されたワークシート上での指定セルから転記しているらしい。
面白いのは転記元のシートを選択状態にすると正常に戻る点である(セルはどこをアクティブにしていてもA2から転記している)。

第37回.ブック・シートの指定
正確には別のブックなので別の転記元(マクロを記述しているブック)のブックを指定する必要があるようだ
修正してやったらうまく動くようになったぜ~
停止ボタンも機能したぜ~

 

Dim i As Integer
Dim next_time As Variant

Sub ボタン1_Click()
i = 1
macro1
End Sub
Sub ボタン2_Click()
Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1", Schedule:=False
End Sub
Sub macro1()

a = Workbooks("book1").Worksheets("Sheet1").Range("A2").Value
Workbooks.Open Filename:="C:\Users\●●●●\Desktop\マクロ\tennki.xlsx"
Sheets("Sheet2").Select
ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
ActiveCell.Offset(1, 0).Select
next_time = Now() + TimeValue("00:00:10")

Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1"

End Sub

※現在時刻を取得
ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Cells(i, 1) = Now()
i = i + 1

 

Sub macro1()

a = Workbooks("岡三RSS記録(20200406.xlsm").Worksheets("Sheet2").Range("D144").Value
Workbooks.Open Filename:="C:\Users\●●\Desktop\マクロ\恐怖指数記録.xlsx"
Sheets("Sheet2").Select
ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
ActiveCell.Offset(0, 1).Select
next_time = Now() + TimeValue("00:00:10")

Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1"

End Sub
※これでは反応せず ThisWorkbook.Sheets("Sheet2").Cells(3, i+1) = Now()
i = i + 1
↓こっちで反応
Workbooks("恐怖指数記録.xlsx").Worksheets("Sheet2").Cells(3, i+1) = Now()
i = i + 1

 

※追記
アクティブセルにするとやはり問題がある。たまたまシートを触ったところで起動させるとそこから記録されていくからである。
従ってセルを固定したところから始めた方がいい。とは言えこれだと途中でマクロを停止させ、再度起動すると最初からやり直しとなるが。

 

ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
ActiveCell.Offset(0, 1).Select

 

ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
   ActiveCell.Offset(0, 1).Selectを 

 

 offset使い方 
  ↓
Cells(2, i+1) = a
i = i + 1 
に変更してみる
こうすると1個ずつとびとびにきろくされてしまう。

 

Range("B2") = a
Range("B2").Offset(0, 1).Select
にしてもセルが1個ずつはずれていかない。

 

Range("B2") = a
ActiveCell.Offset(0, 1).Select
にするとセルの選択自体は1個飛びでずれていき何も入力されない
時刻は1個ずつ記録されていく

 

いずれにしろiを両方に使うとうまくいかない

 

Cells(2, A+1) = a
A = A + 1 もちろんだめ

 

ということは繰り返し処理を使うのか?
時刻を記録している処理は正常に動作しているが、そもそもこれも繰り返しの処理である。
一定間隔ごとに時刻をセルに入力。次にそれをやる時にはセルが1個よこにずれる。
値を入力する動作も一定間隔ごとに行っているので本来は時刻の処理と同じでもいいはずである。
しかし、同じ処理だとうまく動かない。
ここにセルが横にずれるという繰り返し処理を追加するのか?
値、及び時刻は15秒ごとに記録される。1回その処理が行われるごとにセルが1個横にずれればいい。
時刻の場合は結局セルが指定されている形になっている。

 
値入力と時刻記録を別のマクロにする?
一定時間ごとに繰り返す ontime で プロシージャ 値入力 横ずれ
一定時間ごとに繰り返す ontime で プロシージャ 時刻入力 横ずれ

 

Sub macro1()

a = Workbooks("岡三RSS記録(20200406.xlsm").Worksheets("Sheet2").Range("D144").Value
Workbooks.Open Filename:="C:\Users\●●\Desktop\マクロ\恐怖指数記録.xlsx"
Sheets("Sheet2").Select
ActiveCell.Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = a
ActiveCell.Offset(0, 1).Select
Workbooks("恐怖指数記録.xlsx").Worksheets("Sheet2").Cells(3, i + 1) = Now()
i = i + 1
next_time = Now() + TimeValue("00:00:15")

Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1"

End Sub

  ↓
Sub macro1()

a = Workbooks("岡三RSS記録(20200406.xlsm").Worksheets("Sheet2").Range("D144").Value
Workbooks.Open Filename:="C:\Users\●●\Desktop\マクロ\恐怖指数記録.xlsx"
Sheets("Sheet2").Select
Cells(2, i + 1) = a
 
i = i + 1
next_time = Now() + TimeValue("00:00:15")

Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1"

End Sub

 
Sub macro2()

Workbooks("恐怖指数記録.xlsx").Worksheets("Sheet2").Cells(3, i + 1) = Now()
i = i + 1
next_time = Now() + TimeValue("00:00:15")

Application.OnTime EarliestTime:=next_time, Procedure:="macro1"

End Sub

 

やはりうまくいかない。
記録するファイルを閉じるときにセルを選択した状態で保存するしかない。

セルの選択について

セルを選択する

またセルを選択すると、それ以前に選択されていたセルは選択が解除されてしまいます。セルを解除せずに追加でセルを選択する方法はない

selectionはユーザーが選択したセルを返す

 

15時に終値を取得して記録して保存(閉じる)
保存は上書き保存
終値は別ファイルに保存

ファイルを開ける
ファイルを閉じる→上書き保存
Saveメソッドでファイルを上書き保存する方法
上書き保存する場合に確認メッセージを無視する

15秒転記をマクロ1
15時転記をマクロ2

今日のヤフコメ~軽自動車は貧乏人と田舎モンが乗る生活保護車両らしい(笑)

  • 日記

一家に1台の「軽自動車王国」はあの県 理由は共働き?
昨年度の100世帯当たりの軽自動車普及台数1位長野2位鳥取3位佐賀。
さて、東京や神奈川あたりでは軽自動車自体少ないというコメントがある。また、軽自動車は自動車における生活保護みたいなもんとかいう物凄いコメントもあった(笑)
いずれにしろ一般的な軽自動車、いや軽自動車に乗っている人のイメージとしてはお金に余裕がないからということになるだろう。これは当たり前かもしれない。
さて、そうなると軽自動車の多い県は当然貧乏な県ということになりそうだ。
記事のランキングを少し細かく見てみると保有台数ではなく世帯あたりとなっている。1世帯2人であろうが5人であろうがこれは関係ない。ということは田舎のほうが車自体を都会より保有している人が多いので必然的に軽自動車の世帯当たりの保有台数も多くなりそうである。
従って世帯ごとで判断するのではなく自動車保有台数に対しての軽自動車の割合をみたほうがよさそうだ。
都道府県別保有車両数に占める軽自動車の比率順位(ベスト・ワースト10)(平成30年度)
1位 高知 55.2%
2位 長崎 55.0%
3位 沖縄 54.5%

7位 鳥取 52.6%

10位 佐賀 51.5%

長崎は坂が多くて軽自動車のパワーではどうのこうのというコメントがあったが(笑)
また、記事ではランキング1位の長野を取り上げず、なぜ3位の佐賀を取り上げたのかというコメントがあったが、おそらく筆者が佐賀に住み始めて軽自動車が多いと思ったからであろう。
さて、逆にランキングワースト(軽自動車の割合が少ない)の都道府県を見てみよう。

ワースト
1位 東京 20.7%
2位 神奈川 26.2%
3位 北海道 32.0%
4位 愛知 32.2%
5位 大坂 32.9%
6位 千葉 33.1%
7位 埼玉 33.7%
8位 栃木 36.5%
9位 茨城 36.9%
10位 兵庫 37.5%

見事に都市圏が上位を占める。とは言え、軽自動車なんかあまり見ないという自称都会人のコメントにかなり違和感を覚えるのは車両自体の数である。
確かに軽自動車の保有割合の高い県は2台に1台以上という高い比率で軽自動車が多いという印象をもつだろう。しかし、実は東京の軽自動車の台数は80万台を超えており高知の3倍近い。もちろん東京は人口自体が高知の10倍以上なので台数で比較してもあまり意味はないかもしれないが、軽自動車なんかほとんど見ないというのはどうだろうか(笑)
狭くて曲がりくねった道が多いから佐賀みたいな田舎は軽自動車がいいというのはもっともだが、だったら東京なんか一方通行は多いわでよっぽど軽自動車最強のような気がしないでもない。
一方で、田舎では一人に一台車があるのが当たり前というコメントに対して、そんなものは何の自慢にもならないといったコメント(笑)
一体なにと戦っているんだ(笑)
軽自動車は貧乏人。田舎では軽自動車が当たり前。軽自動車が当たり前の地域に住んでる人間は田舎モン。都会では軽自動車には乗らないのがデフォらしい。

初めてトリプタンを飲んでみた

昨夜、晩飯を作っていたところ閃輝暗点発生。またかよ(笑)
数日前に片頭痛頻発の原因は合わないコンタクトレンズのせいとか言っておいてこの始末(笑)
今回の片頭痛の要因としては前の日に久しぶりに母親を病院に連れていき、市役所に行き、さらに買い物2か所と奮闘したせいかもしれない(笑)
そもそも片頭痛の原因として人混みなどもあげられているから何ら不思議な話ではない。
さて、2か月前に病院でトリプタンを3錠処方してもらった(もうちょいくれよ~)。わずか3錠なので無駄使いしたくない。
が、どれくらい効くのかやはり試したい。ということで頭痛が発生する前にとりあえず市販の頭痛薬を飲み(これでおさまれば万々歳)、横になる。
しかし、数時間すると頭痛及び吐き気がするのでついにトリプタンを飲む。
とは言えそんなにすぐ効くわけでもないだろう。また眠る・・・数時間たつとほぼ頭痛と吐き気はおさまっていた・・・
そもそも軽い症状だったということもあるかもしれないが、今まで数日間に渡ってのたうち回るほど苦しんでいたあの片頭痛がもしやこのトリプタン様で一気に解消されたというのか?
これまでかたくなに病院に行かなかった自分を全否定することになるため、即座にこの事実を受け止められない(笑)
とはいえ、頭痛が発生してから飲まないといけないので結局多少は吐き気や頭痛に悩まされるのは間違いなく、根本的な治療ではないが。
いずれにしろのたうち回るほどの痛みからは解放されたようではある。

投資推奨記事を真面目に検証してみる

VIXのプットを検索していたらこんな記事が目にとまりました。
VIX売りはもう遅い?いやいや、これからがVIX売りの本領発揮だ!
VIX関連のキーワードで検索すると上位にヒットする記事ですが、eワラントの公式サイト関連によるSEO効果の賜物でしょうね。
さて、記事の要点をまとめると

VIXが80をつけたときにVIX先物を売って30になった今50儲けているかと言えばそうではない
なぜなら先物には期限があるからロールオーバーをしなければならない
その際バックワーデーションだと損失を被るからである
とは言え、各限月の先物の価格を見ると今後はコンタンゴに戻る
従ってロールオーバーの事を考えなくていいように少し先のVIX先物を売る
具体的には8月限を売ればおおよそ10ポイント、率にして30%程度の利益が得られるだろう

 

ということで実際に検証してみましょう。
この記事が書かれたのは5/12日。当日のVIX先物8月限の終値は31.94。ちなみにVIX先物価格はCBOEのサイトから無料でダウンロードできます。
満期8/19日終値は21.8、清算値で21.71なのでものの見事に当たっていますね。
正直絶対外れると思っていました(笑)
とは言え、この売買にはちょっとした落とし穴があります。まず、3か月も先のVIX先物を扱っている日本の証券会社はないのでインタラクティブブローカーズあたりを使う事になるでしょう。先物は基本1000単位なので3万ドル以上の売り建値となるのでそれなりの資金が必要です。
また、一番問題なのは価格が上昇した時です。
実は6/12日に価格が38.15まで上昇しています。さて、このような時、VIXを単騎でカラ売りしているとしたらどのような行動をとるでしょうか。6/11日のS&P500は6%ほど下落していました。
記事の最後には

VIX先物のショートポジションは、3月→5月においては「価格自体の大きな下落による利益+バックワーデーション形状からの日々の損失」でしたが、これからの数カ月は「価格自体の小幅下落による利益+コンタンゴ形状からの日々の利益」というシナリオになると予想しています

さて、現在のVIX先物の期間構造をみてみましょう。

予想とは逆にバックワーデーションになっていました。
ここ数日アメリカ市場が下落している影響と捉えることもでき、基本はコンタンゴであると言う人もいるかもしれませんが、実は最近だけではなく以前から期近と期先はコンタンゴになっていてもその先の限月からはバックワーデーションになっておりかなりいびつな期間構造でした。

 
ちなみに8月の満期日8/19日の11月限の終値は28.68でした。これが10/26日の終値31.4に上昇しています。勿論11月限の満期日までにはまだ日数がありますのでその頃にはもっと下がっているかもしれませんが、これまで終値で28.68を下回ったのは実は数日しかありません。

予想が当たるとか外れるとかよりもその状況にいかに対応するかのほうがよっぽど重要なのかもしれませんね。
なんつって

片頭痛の原因はもしかすると度の合わないコンタクトレンズだったのかも

前回の片頭痛もどきから約2か月経過。その前片頭痛が発症したのはさらに約2か月前である。
以前は昼間外に出ると光が異常にまぶしく感じていたが今はそれほどでもない。
久しぶりに外に出て運転すると目というか視界にかなりの違和感が発生していたものが最近はそうでもない。
これはやはりコンタクトレンズの影響かもしれない。
実は遠近両用を新たに眼科併設の店で作ったのだが、そのコンタクトレンズの度数を見て愕然。右が-4.5、左が-5.25である。
これまで数年完全な自己判断で両眼-5.0を使っていたのである(笑)
そりゃ長時間パソコン見てたら夜に見えなくなるし(笑)数日ぶりに外に出たら遠くが見えにくいし(笑)
片頭痛も誘発しやすいわな(笑)
勿論、これだけのせいではないだろうが、とにかく
なにやってんだか(笑)

チカーノになった日本人を見ると反社が蔓延る理由が分かる


あまりにも暇すぎたのでネットフリックスでチカーノになった日本人を見てみました。
もっとも残り10分余りを残して観るのをやめましたが。
アメリカの刑務所でどのようにして生き延び、さらにはチカーノと呼ばれるようになったのか具体的なエピソードがもっと聞けるかと期待していたのですが、前半は昔の武勇伝、そして後半は現在の活動内容だったので少し期待外れだったのが理由です。
レビューを見るとやはり、反社を美化するなというものがありますね。個人的にはそこまで美化してはいなかったと思いますが、他方そういったレビューに対して美化してはいないという意見が逆に気になりました。
以前の兄弟分や仲間と語る時、恐らく都合の悪い部分は語っていないか編集でカットされているはずです。彼らのような人種は基本的に話を誇張していう人間が多く、どこからどこまで信用していいのかは分かりません。これは嘘を言っているとかそういう事ではなく、彼らと付き合うときは細心の注意を払わなければならないという事です。

KEIさん達は半グレや今のヤクザと違った最後の任侠世代だったのではないかと思います

さて、任侠とヤクザ、或いは暴力団、反社、どのような違いがあるのか私にははっきり分かりません。
例え堅気に直接手は出さなかったとしても覚せい剤やコカインで被害を受けるのは確実です。
自分の仲間や家族を大切にするのは当たり前であり、特に彼らの世界ではそれが重要です。現に刑務所の中では一人で生きてはいけなかったでしょうね。だから仲間を大事にするのは必然でしょう。
逆に仲間以外に対してはどうでしょうか?
この作品が殊更反社会的行為を美化しているとは思いませんが、結局KEIさんを善人として捉えている点で同じではないでしょうか?
現在やっている活動は確かに称賛されることだと思います。昔の行為によって今の活動が否定されるものでもないでしょう。
ということは逆に今の活動が昔の行為を帳消しにするものでもないでしょう。
結局自分らは運が良かっただけ、という兄弟分。その言葉に集約されていると思いますが、この映画の主人公のように幸せな引退後の生活を送れる人はほとんどいないでしょう。KEIさんを称賛する人からするとこれは彼が本物だからということになりそうですが。
反社の人間とは違うとか、この人は本物だとか言っている人こそなんだか薄っぺらだと思うのは私だけではないでしょうね。
ホーミーブランドを立ち上げたりして、やっていることはアメリカのマイクを持ったギャングスタ―と大して変わらないような気がしないでもない。
日本でもすでに似たような兆候が出ていますしね。悪ければ悪いほど金になるのは洋の東西、今も昔も変わらないのかもしれません。
確かにヤクザや反社を美化してはいないかもしれませんが、若いころは好き勝手して、アメリカの刑務所で箔をつけて帰国し、今では地元の名士で若くてきれいな外人の女を嫁に貰うというストーリーに憧れる若者がいてもなんら不思議ではない。

映画の冒頭に子供たちにKEIさんの印象をきくシーンがある。
みんな異口同音に優しいという。これを聞いて、あの人はヤクザだけど普段は優しいよ、と言って騙されていった人たちを思い出す。
勿論KEIさんが騙しているというつもりは毛頭ありませんが。
この映画のレビューをみると世の中そんな人が多いのだろうとつくづく思うのであった。

今日のヤフコメ~ベーシックインカムは生活保護とは違う

宇都宮健児氏 竹中平蔵氏のベーシックインカム案を疑問視「7万円で生活できない」
これについて、コメントは概ね宇都宮氏を支持し、7万円で生活できるわけがないとしている。
確かに月7万円で生活するのは厳しいだろう。
もっとも、足らないなら働くしかない。生活保護は働いて収入があれば減額されるがベーシックインカムでは減額されないタイプもある。
竹中氏は恐らく減額されないタイプを想定しているだろう。
とは言え、病気や高齢者など働けない人もいるだろう。この点の手当てが必要となる。
そもそもベーシックインカムとは生活保護などとは趣旨が違う。ベーシックインカムにも色々あるようで一概には言えないが、生活保護のように収入があれば減額されると勤労意欲が削がれてしまうという問題がある。
しかし、ベーシックインカムで仮に月7万というとおっしゃるようにそれだけで生活するのは厳しいため必然的に働ける人は働かざるを得ない。
ということはつまり、今までの収入に上乗せされるということになる。
いずれにしろ竹中氏、及び世の中のベーシックインカム推進論者の多くはベーシックインカムのみで生活ができるとは思っていないだろう。
むしろ、ベーシックインカムで生活するには厳しいラインを敢えて設定しているようだ。そうなれば必然的に働く必要があるからだ。

 

しかしながら7万円では家賃を払って生活ができるはずがない
まず教育や医療などの福祉サービスをしっかりと低価格または無償で提供する社会をつくるのが先だ

宇都宮氏の主張はまったく正論なのだが、それが難しいから議論しているのだろう。
もし、竹中氏が月15万のベーシックインカムを提案していたらまたコメントも違ったものが多かったのだろうか。
まるでベーシックインカムで生活できるかどうか生活するにはいくら必要なのかに論点が移ってしまっているような気がしてならない。
問題の本質はそこではないのである。
なんつって

千鳥の大悟から学ぶマインドコントロールで女を弄ぶ技術

さて、本日気になったニュースはこちら
千鳥・大悟 不倫発覚時に妻から受けた強烈な言葉「1人だけ日本に笑うてない女いると思うとけよ」
千鳥の大悟さんと言えば、浮気しまくっても許されてしまうという世の男性諸氏憧れの存在(笑)
コメントを見ても叩かれている印象はありませんが、少し気になるコメントがありました。
給料はほとんど自分が使うとか、奥さんは自転車移動(しかもマンションのリースかなにか(笑))。
記事自体を読んでいなかったので読み返してみるとここにもちょっと気になる大悟さんのコメントがありました。

「逆に妻が浮気したらどうする?」と聞かれると「これがねダメなんですよ、許されへんのです」

当然、それはおかしいという声が。これに対しての大悟さんのコメントが秀逸です。

「でも、これ女性で『浮気してええよ』って言われた方が嫌じゃない?」
「だから(妻が)浮気したら『許さない』って言った方が、奥さん的にはうれしいはずですよ」

なるほど。この大悟氏という人は自分の発言が相手からどう受け取られるのか?という観点から発言をしているのだろう。
自分がこう思うからとか、こうしたいからだとか、そういう事ではなく相手がどう受け取るのか、もっと言えば相手がこう受け取るだろう、このように受け取らせたいなど、言動の効果というものを考えて発言しているに違いない。なかなかの策士である。チンピラやヤクザによくいるタイプだ(笑)

 

そこで思い出すのは以前の先輩芸人さんとのやり取りである。
ある先輩芸人が刺激が欲しい(性的な)とかなんとか。それに対して大悟さんが「わしのいう事なら何でもきく女がおりますけ、そいつとエッチしてるのを見たらどうですか」
勿論当時すでに既婚者だったと思うが相手の女性は奥さんではなさそう(奥さんなら奥さんで笑うしかない)。まだ不倫騒動がある前だったと思うので冗談だと思っていたが総合的に判断すると本当だったのでしょうね(笑)

 

記事に対するコメントで散見されるのは大悟が叩かれないのは渡部のように多目的トイレでやったりとか女をモノ扱いしてないからというものがある。
果たして大悟さんは女をモノ扱いしていないのか?仮にモノ扱いしていたとしてもそれで喜んでしまう女性がいればそれはそれで他人の関知するところではない。
いずれにせよ、大悟さんは勝ち組ということである(笑)
なんつって
※追記
またもやこんな記事が
千鳥・大悟 女性から“私のどこが好き?”質問への対応 足立梨花「すごい!納得!」

大悟は「素直に見た目を褒める」ことが大事だとし、「いつでも『かわいいね』って言ってほしいのよ」

これにスタジオからは「おお!」と声が上がり、足立は「すごい!納得!」と共感していた

何が面白いかというとそんな態度にむしろ共感し、有難がる女性、さらには頭がいいとか言う男性諸氏。
要するに女はとりあえず見た目褒めときゃいいんじゃね、という女をモノ扱いしている男性に多いタイプなのだが(笑)