タグ:IB証券
ホームPage 1 / 512345

VIXのプットを検索していたらこんな記事が目にとまりました。
VIX売りはもう遅い?いやいや、これからがVIX売りの本領発揮だ!
VIX関連のキーワードで検索すると上位にヒットする記事ですが、eワラントの公式サイト関連によるSEO効果の賜物でしょうね。
さて、記事の要点をまとめると

VIXが80をつけたときにVIX先物を売って30になった今50儲けているかと言えばそうではない
なぜなら先物には期限があるからロールオーバーをしなければならない
その際バックワーデーションだと損失を被るからである
とは言え、各限月の先物の価格を見ると今後はコンタンゴに戻る
従ってロールオーバーの事を考えなくていいように少し先のVIX先物を売る
具体的には8月限を売ればおおよそ10ポイント、率にして30%程度の利益が得られるだろう

 

ということで実際に検証してみましょう。
この記事が書かれたのは5/12日。当日のVIX先物8月限の終値は31.94。ちなみにVIX先物価格はCBOEのサイトから無料でダウンロードできます。
満期8/19日終値は21.8、清算値で21.71なのでものの見事に当たっていますね。
正直絶対外れると思っていました(笑)
とは言え、この売買にはちょっとした落とし穴があります。まず、3か月も先のVIX先物を扱っている日本の証券会社はないのでインタラクティブブローカーズあたりを使う事になるでしょう。先物は基本1000単位なので3万ドル以上の売り建値となるのでそれなりの資金が必要です。
また、一番問題なのは価格が上昇した時です。
実は6/12日に価格が38.15まで上昇しています。さて、このような時、VIXを単騎でカラ売りしているとしたらどのような行動をとるでしょうか。6/11日のS&P500は6%ほど下落していました。
記事の最後には

VIX先物のショートポジションは、3月→5月においては「価格自体の大きな下落による利益+バックワーデーション形状からの日々の損失」でしたが、これからの数カ月は「価格自体の小幅下落による利益+コンタンゴ形状からの日々の利益」というシナリオになると予想しています

さて、現在のVIX先物の期間構造をみてみましょう。

予想とは逆にバックワーデーションになっていました。
ここ数日アメリカ市場が下落している影響と捉えることもでき、基本はコンタンゴであると言う人もいるかもしれませんが、実は最近だけではなく以前から期近と期先はコンタンゴになっていてもその先の限月からはバックワーデーションになっておりかなりいびつな期間構造でした。

 
ちなみに8月の満期日8/19日の11月限の終値は28.68でした。これが10/26日の終値31.4に上昇しています。勿論11月限の満期日までにはまだ日数がありますのでその頃にはもっと下がっているかもしれませんが、これまで終値で28.68を下回ったのは実は数日しかありません。

予想が当たるとか外れるとかよりもその状況にいかに対応するかのほうがよっぽど重要なのかもしれませんね。
なんつって

謎の投資家「50セント」、VIXコールオプションを大量購入か

ウェルズ・ファーゴの株式デリバティブ担当ストラテジスト、Pravit Chintawongvanich氏は、このオプション取引について、大量のVIXオプションを50セント付近で購入することで知られる謎の投資家「50セント」の過去の取引に酷似していると指摘。

この投資家は、昨年夏や2018年2月の株価下落に先立つ数カ月間にも、同様の大口取引を行ったとみられている。

この謎の投資家50セントはVIXショックでそのスジでは有名になったので記憶に新しいのだが、なんとコロナショック前にも同様の取引を行っていたのである。
ここでVIXおよびオプションについて簡単に説明しておくと、VIXはS&P500が暴落したら逆に急上昇する指数のことであり、コールオプションはそれを買える権利のことである。
従ってVIXコールオプションを買うという事はアメリカ市場がゲロ下げすることに賭けていると言ってもいいだろう(勿論ヘッジ目的ということもある)。
この記事の日付は2020年1/29日であり、コロナで市場が荒れたのは2月下旬からである。

2月限のコールオプションを大量に購入した。購入価格は1枚当たり約50セント。

VIXが上昇すれば価値が高まるオプションで、2月下旬までにVIXが22に到達すれば、権利を行使できる。

オプションには期限があるが、VIXの場合実際はウィークリータイプのものあるのでどの期限かは厳密には分からないが基本となる限月であれば満期は2/19日である。2/19日はまだVIXショック前でVIX指数の始値は14.66、終値も14.38なのでこのコールオプションは紙くずとなっている。
が、実は3月限のコールも買っていた可能性が高い。

27日と28日には、少なくとも1人の投資家が3月限のVIXコールオプションを大量に購入。購入価格は57.5セント、59セントだった。VIXが28に到達すれば権利を行使できる。

さて、3月限の満期は3/18日である。最終取引日は前日である。
3/16日のVIX指数はなんと82.69で終了。である。VIXのオプションはVIX指数で清算されるが満期前は先物に連動する。3/16日のVIX先物3月限の終値は72.05である。
権利行使価格28のコールなので少なくとも42.05ドルの価値を持っている。実際はIVが上昇しもっと高いはずだが。少なくとも1枚41ドルは利益となり、VIXオプションは1枚100単位なので4000ドルの利益。
記事には何枚買ったのかの言及がないが、もし「50セント」だとしたら数万枚単位で買っているはずである。仮に1万枚買ったとしてもコストは58万ドルほど。そして利益は4000万ドルを優に超えるだろう。こういう取引は賛否両論だろうが、5年に一度のホームランでも充分な利益となる。
実際は5年に一度どころではなく、わずか2年前にも規模は小さいもののVIX急騰があったのだから文字通り(笑)がとまらないだろう。
「50セント」のVIXトレードが結実-辛抱重ね資産2億ドルに急増
 

先週の市場の混乱に乗じた最大の勝者の中に、VIXオプションに連動するアウト・オブ・ザ・マネー(OTM)を1枚約50セントで買っていた投資家がいる。マクロ・リスク・アドバイザーズ(MRA)のデリバティブ戦略責任者プラビット・チンタウォンバニッチ氏は、「50セント」として知られるこのトレーダーが2017年初めからの一連の取引で計2億ドル(217億円)近くまで資産を増やしたと推定する。ひと月で4億ドル相当振れた恩恵を受けたという。

上記の記事は2018年2月であり、その時点で2億ドルは儲かったと推定されている。毎月100万ドル分くらい買い続けても痛くもかゆくもないだろう。
とはいえ、一般人には真似のできないやり方である。なんせ勝率が物凄く悪いから毎月毎月損を積み上げていくからである。
もっとも、毎月宝くじやtotoを買う人もいるくらいであるから、少額ずつVIXのコールを買うのも悪くないかもしれない。

インタラクティブブローカーズ証券に先日問い合わせの電話をしたが、以前とは違い普通の対応だった。
ほんとにごく普通だったことが実はすごいのである。
なんせ、以前は普通ではなかったのだから(笑)とにかくめんどくさそうに受け答えし、そんなことも知らんのかと言わんばかりにサイトに書いてありますよと客に上から目線でものを言う。
挙句の果てにはそんなことどこに書いてあるんですか!と客に喧嘩腰(笑)

 

翌日インタラクティブブローカーズからメールがきていた。

IBKRお客様へのご案内

弊社クライアントサービス部門にて、お客様のXXXX口座に関連するご質問a Account Servicesを承りました。チケットの参照番号は○○○となり、ご質問には○○○ Hが担当させていただきました。IBKRサービス向上のため、今回のカスタマーサービスに関するフィードバック提供のご協力をお願い致します。

以下のリンクをクリックしていただきますと、Interactive Brokersウェブサイト上のカスタマーサービスに関するアンケートページに移動します。アンケートには4項目あり、完了に30秒ほど必要となります。調査内容は弊社の内部品質管理プログラムの一環として管理チームによって処理され、個人情報やお客様確認は一切必要ありません。

 

なるほど。そりゃ普通の対応するわ(笑)
今までやりっぱなしだったってことだな。相当くび切られたのかもしれん(笑)

今まで海外送金に使っていたソニー銀行が事実上使えなくなったため(実際は使えると思いますが手続きがめちゃくちゃめんどくさくなりました)、違う銀行を探していました。
銀行ではなく海外送金サービスを使うという手もありますが、恐らく送金人名が違うとダメなんじゃないかと思うのでやはり普通に銀行を使うことにしました。
が、そもそもFirstradeへの送金ができないケースがあります。
Firstradeは日本人が日本にいながらにして口座開設できる数少ない海外の証券会社です。
オプション取引も簡単にできるのでインタラクティブブローカーズはやはり見限りFirstradeで取引することにしました。マージン口座ではないのでETFが売れませんがオプションはセキュアードプットで売る事もできます。
VIX系のプットオプションを売り、GMOクリックあたりでVIX系のCFDを売って疑似デルタヘッジをすれば小銭が稼げます。

ということで、三井住友銀行のSMBCダイレクトに事前登録してみたところ翌日位にはシステムに反映していたので恐らく送金できるのでしょう。楽天銀行なんか登録すらできませんでした(笑)
しかしなが手数料がぼったくりレベルですね(笑)いや、三井住友が特別高いってわけじゃなく、全般的に海外送金は手数料及びその他諸経費合計で高い。そりゃ海外送金サービスも流行るというもの。

手数料自体は3500円とそうでもないですが、なんだかんだで最低6000円程度、プラス為替手数料までとられちゃいますので金額が多ければ多いほどもってかれますね。

その点インタラクティブブローカーズだったら送金手数料800円で為替交換手数料もインタラクティブブローカーズでやれば格安といいことづくめなわけですが、いかんせん毎月10ドルの口座維持手数料は見逃せません。
もっとも、その分取引をすれば取引手数料で相殺されるわけですが、Firstradeはその取引手数料が無料なのでした(笑)
とは言え、インタラクティブブローカーズは出金手数料月1回は無料なのに、Firstradeは1回50ドルもとられるという・・・
しかし、仮に月5回オプション取引をやるとするとインタラクティブブローカーズでは15ドル程度はとられる(その分口座維持手数料はゼロになる)ものの、Firstradeは無料。
1年取引をやるとインタラクティブブローカーズでは結局180ドルはとられるのにFirstradeは無料。
毎月毎月出金するわけでもないし、そう考えると海外送金手数料が高いからFirstradeはやめてインタラクティブブローカーズにする、というのは木を見て森を見ずという感じだろうか。

ということでFirstradeに送金しちゃおうかしら。

※追記 備忘録
送金する際の送金目的は外国預金
受取人宛連絡事項で必ず自分のFirstradeの口座番号を入力しておく
送金額はドル指定と送りたいドルの円換算相当額を指定する2パターンあるが、ドルで指定すると手数料が差し引かれた分のドルが送金され(ドル指定の場合も基本その指定のドルが送金されるので手数料分は口座に余計に必要です)、円指定の場合は別途手数料が差し引かれるもよう。従ってドル指定だと口座残高ギリギリでも送金できるが(とは言え円からドルに交換されるのは三井住友の胸三寸レートなのでやはり余裕があったほうがよい)、円で指定する場合は手数料分は余計に残高が必要ということになる。

※追記
月曜日に送金依頼をしていたら火曜日の夜中(現地では朝だろう)入金されていた。
が、4000ドルの依頼をかけて着金したのは3985ドルだった・・・
三井住友銀行の残高は446700円が差し引かれていたのでざっくり1万円弱の手数料、為替交換手数料がかかっているもよう。うち15ドル分は現地のコルレス手数料かなんかのようだ。

※追記
本日三井住友銀行から明細が届いていた。ちなみに海外送金を行った場合はこういった明細がハガキなり手紙なりで送られてくるが手紙が届かないと取引できないらしい(転送不要で送るようだ)。
明細には手数料が3500円とあり為替が110.8円で交換されたとある。当日のレートは109.8円前後をうろついていたので為替の交換手数料は1円程度ボラれている計算になるこれで計算があう。リフティングチャージなどはとられておらず、着金した金額3985ドルなので15ドルはコルレス手数料的なもんだろう。
これで総額1万円程度になる。いや、手数料がかかるのは仕方ない。ビジネスである。
しかし、送金してみないと金額がはっきりしないとか、どこの高級すしやですか(笑)
こんなブラックボックスの商売をやっていてよくマネーロンダリングがどうのこうの言えたもんだとつくづく思う。
とは言え、入金してすぐ超絶円安になって交換手数料でボラれた分が相殺されてしまったようだ(無論すぐ両替しないと意味ないが)。

ホームPage 1 / 512345