VIXオプションで大規模取引、米株市場の落ち着き持続せずと想定か
8日午前には、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)が現水準の約17から7月に40に向かって上昇し25を下回らないと見込む投資を行い、オプション市場を揺さぶった。このトレーダーは複数回のブロック取引を行ったもようで、合計約20万枚のコールオプションを購入した。

VIX先物のオプションのコールを20万枚市場外で購入。
17ドル買いの25ドル売りのデビットスプレッド。
恐らく7月限。

ということで謎の投資家50セントか?と思ったが50セントの由来通り、50セント前後の屑オプを大量外するのが50セント。
今回の場合かなりコストがかかっている。
ちなみに直近のVIX7月限の権利行使価格17ドルのコールは7ドル前後。25ドルコールは3.5ドル前後。
つまり7ドル買いの3.5ドル売りで、コストが3.5ドル前後かかっている。
1枚350ドルのコストで20万枚なので合計7000万ドル約80億弱。
謎の投資家50セントは既に数億ドルは儲けていると思われるので、やれないことはない取引だが、手口から見て同一犯ではないかもしれない。
それにブロック取引(市場外取引)とかアメリカでは個人でもやれるのだろうか。
いずれにしろこういう情報が出てくるのが面白い。

さて、この取引一見するとVIXが上昇しなかったら大損じゃね?となりそうだがどうだろうか?
VIX先物オプションの7月限の満期は7/21である。仮に7/10頃にVIXが17程度で変わらなかったとする。
7月限の先物価格はこれより若干高いだろう。
さてそうすると17ドルコールの価格はいくらくらいになるだろうか。
ちなみに満期4/21日の4月限の価格は権利行使価格17ドルが直近で1.8ドル前後。25ドルが0.4ドル前後。
つまり17ドルが-5.2ドル、25ドルが+3.1ドルで、差し引き2.1ドル前後の含み損となる。
もしVIXが20程度になっていたらどうであろうか?
とは言え3.5ドルのコストを賭けて最大リターン8ドル、差し引き4.5ドルの利益なのでやはり50セントはやらなさそうな取引である。