タグ:困ったとき

e-taxにマイナンバーカードでログインできない。
いや、利用者識別番号を入力してもだめだった。
JAVAの実行環境云々言いやがる。ということで新しいPCでも試す。なんと、このPCはそもそもJAVAが入っていない(笑)
そこで公的個人認証サービスのサイトの言う通りにJAVAのJREをインストールしようとするもいくらやってもインストできない(笑)
公的個人認証サービスの言うやり方がなんだか腑に落ちない(まったく公的機関を信用していない(笑))ので、別のやり方でやったところあっさりインストされたもよう。
同じような症状に悩まされている方はまずこちらを参照JREのダウンロードとインストール
めちゃくちゃ簡単でしたが、一体公的個人認証サービスは何を言っているのだろうか(笑)やはり官僚的思考でできるだけ公式サイトの安全だと思われる手法を推奨すべくやたら難しい事を言っているのではないか。

とりあえずe-tax利用のまとめ
まずマイナンバーカードを取得するか(カードリーダーorマイナンバーカードの読めるスマホ含む)、税務署で本人確認をしてもらう。
マイナンバーカードでe-taxを利用するにはさらに公的個人認証サービスのサイトでJPKI利用者ソフトをダウンロードしインストールする。更には前述の如くJAVAもPCにインストされていなければならない。勿論カードリーダーの設定も必要である。
年に1回しかe-taxを使わない個人などはこの導入部分でかなり離脱すること間違いなし。ネットで作成、紙を印刷する国税庁のサイトで充分である。
マイナポイントとか配布するくらいならこのあたりのシステム改善に予算を割いて頂きたい。
とにかく行政の作るシステム(と言っても民間の業者に丸投げでしょうが)はなぜこうも使いにくいのだろうか(笑)

確定申告が可能な場所
住所地・居所地・事業所等:納税地はどこにしておけばいい
管轄する税務署はどこ? 個人事業主と法人の税金に影響する納税地を解説

カテゴリー

ブックメーカーのウィリアムヒルで多少利益がでたので出金しようとするとできない。
そもそも出金方法がエコペイズのみになっている。
さて、サポートに連絡してみると以前登録したクレジットカードを削除しないと出金できないと言う。
は?である。削除方法がサイト上にないためカスタマーに連絡しろという。

いや、それを言うなら削除しましょうか?だろう?
まあいい、削除してくださいと返信したところ次のメールがくる。

Ecopayz のみを有効にする件に関して、承知いたしました。

尚、カード削除の前にこちらと致しましては、本人確認書類のご提出をお願いする必要がございます。 従いまして、下記の書類のご提供をお願い申し上げます。

1)アカウントにご登録されましたご住所、ご氏名、生年月日が明記写真付身分証明書のコピー。
(運転免許証、パスポート、外国人登録証など)

2)アカウントにご登録されましたご住所、ご氏名が明記されていますここ半年以内の日付が入った公共料金の請求書または領収書のコピー。
(または、アカウントにご登録しましたお電話の日付が入った請求書または領収書、公共機関からの日付が入った郵便物などで手書きではないこと。また、Eメール等からのデータではないこと。)

3)カード下四桁  と  の裏・表のコピー 

※カードのコピーに関して:カード表面の初めの4桁、最後の4桁が必要であり、なおかつカード裏面に自署があること。また、カード表面の中央の数字と、カード裏麺のCVVコードは保安上必ずお隠しください。

4)ecoPayzアカウントを確認する為に以下のスクリーンショットが2点必要となっております。
1. 個人設定メニュー>アカウント情報(アカウント番号を確認)
2. 個人設定メニュー>個人情報(フルネームとメールアドレスを確認)

すでに1と2については提出済みだし、3についてはそもそも削除するものについて必要なのか?
さらにエコペイズについては入金金額までの出金はできるのに改めてスクリーンショットが必要だと?

ということでさようならウィリアムヒル・・・

ピクナルへ鞍替えだぜ。今時ビットコインで入金できない海外ブックメーカーなんて・・・

※追記
ということで何とかエコペイズへの出金はできました。が、
エコペイズからさらに出金するには現在銀行送金しかありません。気になる手数料ですが、10ユーロ、もしくは10ドル(多分)で10日ほどかかります。高速出金だと1日から2日となっているのですが手数料が高い、16ドルくらいだったと思います。
なので普通の出金を選ぶと必ずエラー。送金先が国際電子送金を受け付けてないとか。ちなみに送金先はソニー銀行なので海外送金自体は受け付けています。
とはいえ、特定の海外からの送金を受け付けないとかたまにあるのでエコペイズはだめなのかと思いきや、念のため高速出金で登録してみるとあっさりOKでした(笑)

さようなら、エコペイズ(笑)

またもや外付けハードディスクを床に落としてしまった。
3TBのアダルト動画がとんでしまった(笑)
前回は2TBだったものの大半のデータをバックアップしていたので良かったのですが・・・
前回と同様ノートPCにHDをつなげたままPCを移動させようとして落下させたわけですが学習能力がないと言わざるを得ない。
というか、このLenovoのノートPCは左側にUSBなどが集中しているのに、作業環境は右側にHDなどを置けるスペースがあるためどうしてもPCなどを移動する時にUSBで接続している機器が引っ張られる。ちなみに電源も同様左側。

3TBの外付けHD自体買えば結構なお値段がするわけで、そういえばNASに移行するとか言ってたわけで、やっぱりNASに移行しておけばよかった・・・

NAS導入のお金を作るために外付けHDを1台処分し、おかげでバックアップがとれなくて、そのくせNASに移行せず、外付けHDがぶっ壊れるという・・・(笑)

色々と検索しても物理的に壊れているみたいで復旧できたとしてもかなりのお値段がかかりそう。データ自体の価値は数十万はくだらないでしょうけど(笑)

でも自分が死んだときこんなエロ動画カテゴリ分けして保存しているのが見つかったらこっぱずかしいので、余命3か月くらいのつもりで処分したと思ってあきらめよう。
人間、あきらめが肝心ですよ フフッ・・・

あぁ・・・

カテゴリー

Z.com Office 365 というマイクソロフトのオフィスをクラウドで使えるサービスがあります。
このサービス、マイクロソフトで直で契約するよりも若干安くなるので一度登録したのですが、結局一度も使わずにマイクロソフトと直で契約して使っています。

で、解約したと思ってましたが毎月請求がきます。

[ご利用料金につきまして]

本日現在でご入金確認がとれていないご利用料金は以下のとおり
でございます。

 2018年1月度ご請求:972円(税込)
 2018年2月度ご請求:972円(税込)
 2018年3月度ご請求:972円(税込)
 2018年4月度ご請求:972円(税込)

クレジットカードで登録していなかったので別にいいやと思い、放置。
アカウントにログインしようにもパスワードが分からず再発行もできず。
今月もまた請求メールがきていたのでさすがに連絡してみました。これって解約しないと永久に請求がかかり続けるってお話ですよね。アダルトサイトでも未納だったら料金未納で自動で退会になりますが。
するとやはり解約した記録がないということで(解約するにはカスタマーに連絡しないといけないシステムだったようです)、しかも案の定未納料金を払わないと解約手続きができないそうです。

パスワードが再発行できたのでアカウントに入ることができたのですが、どうやら個人情報を一切登録していなかったようで(メルアドだけで登録可能なもよう)請求がメールにしかこないわけで、これって逆にそれでいいんでしょうか?

このまま放置していても個人が特定されてないんでいいや・・・とはいかないようで、ZcomってGMOグループなんですね。しかもお名前ドットコムと連携しているんですよね。
慌ててお名前ドットコムの登録アドレス確認しちゃいましたよ。ええ、おんなじアドレスで登録してました・・・笑
連携自体はユーザーがやらないと連携されないようなんですが、GMOさんがその気になれば・・・
ってことで使ってもいないサービス料金を4千円ほど支払って解約するしかなさそうですね。

あぁ・・・

サービスに登録するときは個人情報の利用約款をよく見てからのほうがいいかもしれない

追記
結局そのまま放置していたら本日10月20日にニッテレ債権回収株式会社からハガキがきていました。
請求金額は4860円となっているので5か月分の請求のようです。まったく使っていないのに5か月分も請求されるとは・・・
ただ、5か月分しか請求されてないという事は一応退会扱いになっているようですね。料金払わないと解約できないってそもそもアリなんですかね?
というか、個人情報登録してないと思ったのですが、登録していたか、もしくはお名前どっとこむで登録していた情報が利用されているのかもしれません。
気になってみてGMOグループの個人情報の第三者提供をみてみるとめっちゃ多くてびっくりです 笑
ちなみにGMOとくとくBBではクレディセゾンにも提供していますね。同じ通信会社と共同利用するのは分かりますけどhttps://www.gmo.jp/csr/governance/privacy-policy/pdf/55_3rd.pdf

個人情報とは言ってもその内容は色々あるわけですが、個人情報を第三者に利用されたくないとしても結局のところ我々消費者が拒否すればサービスは受けられなくなります。ありとあらゆる会社がこのように個人情報を様々なサービスに利用しようと手ぐすね引いて待っている現代社会においては拒否するという選択肢は事実上ないのかもしれませんね。

※追記
ハガキは送ってくるのになんで電話かけてこないんだろうと思ったら携帯のショートメールが数日後にきました。
まるでゆとり世代のような仕事のやり方ですね。ハガキ送って何割か回収できればよし、というスタンスなのかもしれません。
特殊詐欺と思考が似ています 笑
払おうかと思いましたが、よくよく考えると当のZ.com Officeの契約がどうなっているのか分かりません。
債権譲渡ではなく回収を代行しているだけでしょうから債権譲渡通知は必要ないとは言え、昨今振り込め詐欺などの特殊詐欺が横行していますから、債権回収の効率をあげるためにはいきなり振込ハガキを郵送するのではなく、回収を依頼している依頼元から然るべき連絡報告をしていたほうがスムーズに事が運ぶと思うのですが。

というか使ってないんですけどね 笑

※追記10月30日

0120545808からの着信はニッテレ債権回収

先ほど、0120545808という番号から携帯に電話がかかってきました。
どうやらニッテレ債権回収株式会社のコールセンター(カスタマー)のようですね。
基本的に携帯に知らない番号から着信があったらでないですが、次回は出てみましょうかね。

※追記11月12日
本日はニッテレ債権回収から封書で払い込み用紙が届いていました。
もう少し様子を見てみます。