タグ:クレジットカード
ホームPage 1 / 512345

年も押し迫った昨日、wifi子機とハードディスクを買いにエディオンに行く。
意外にレジ待ちのお客さんもおらずすぐに支払いへ。
レジに貼ってある決済方法の掲示を見るとメルペイが使える。現在メルペイスマート払いを利用すると2000ポイントもくれるのである。
これは使わない手はない(というか事前にエディオンではメルペイが使えると調査済み)。
おそるおそるメルペイ使えますか?と店員さんに申し出ると使えますとのこと(聞かなくても分かるが(笑))日本人的には使えますか?というのは使いたいということであり、そこは単一民族日本人察してくれるものである。
スマホにコードを表示して店員さんに見せるとものの1秒程度決済完了。
は、はやい・・・これがコード決済の実力か・・

とはいえ、やはりお店というか使っている端末などによって決済時間は著しく違いますが。(楽天ペイは結構遅かったぞ)

さて、グーグルペイがなぜ使えなかったのかその理由が分かるまで何日も要したおじさんの私がこれまでにスマホ決済について得た知識を全てお見せしましょう(単なる備忘録ですが(笑))。

スマホ決済はコード決済とFeliCa決済の2種類

コード決済はQRコードとバーコードの2種類がある。
FeliCaはiDやQUICPay、suicaなど。非接触決済であるNFCの一種で日本独自規格の為Felicaのみ搭載端末は海外では基本的に利用できない。

決済方法

QRコード決済はスマホにQRコードを表示してお店にスキャンして貰う方法とお店に掲示してあるQRコードを自分のスマホで読み込み金額を入力する2つの方式がある。大手チェーン店などではお店にスキャンして貰う方式が大半であるが、中小小売店などではこちらが読み取る方式もある。
FeliCaはスマホをお店の端末にかざして支払いを行うがandroidは電源offでも構わないがiPhoneは電源が入っていないと支払いできない場合がある(端末によって違う)

FeliCa決済は使えない端末がある

FeliCa決済が利用できる条件はandroidではFeliCaが搭載されており、おサイフケータイが使える端末であることが必要。
iPhoneはiPhone7以降であることが必要。

iDやQUICPayはFeliCa搭載端末でも使えない場合がある

iDは基本的にauの端末では使えないが、グーグルペイ或いはアップルペイを導入すれば使える場合がある(クレジットカードによる)。
QUICPayもクレジットカードによる。
つまり、iDやQUICPayをスマホで使う場合はクレジットカードに紐づけて考える必要がある。

グーグルペイやPayPayの違い

グーグルペイ及びアップルペイはandroid、iPhoneに各クレジットカード及び電子マネーを登録することによってFeliCa決済を使えるようにしたアプリの事。
決済自体はiD,QUICPay,Suicaなどのネットワークを通じて行うため、レジで支払う時はグーグルペイとは言わずQUICPayで支払います、などと言う必要がある。
例えばVISAのデビットカードを使う場合もデビットカードと言わずクレジットで、などと言うのと同じである。
そもそも、グーグルペイにしろアップルペイにしろ複数のクレジットカードや電子マネーが登録できるが個別のカード種類などを指定しても通じない。例えばVISAでと言ったらクレジットカード決済だと思われてそのような端末操作を行われてしまう。

この点PayPayや楽天ペイなどのいわゆるコード決済の場合はそのまま楽天ペイで支払うと言えばよい。
しかし、例えばメルペイではiDが使えるのでiDで支払いたい場合はiDで支払うと指定する必要がある。

レジの店員さんは各決済方法を指定して端末を操作している

レジでは現金、クレジットカード、iD、QUICPay、Suica、PayPayなどなど各決済方法を指定して処理するようになっています。
従って端末上にないものは当然対応できません。最近は決済種類が物凄く多くなっていますが、その選択項目には前述のようにグーグルペイやアップルペイはありません。しかし、いわゆるコード決済であるPayPayなどはそのまま表示されています。要するにグーグルペイやアップルペイは各決済方法に乗っかっているわけです。

おじさん用スマホ決済ざっくりまとめ

メルペイのように稀にiDが使える場合もあったりと、スマホ決済は細かい点を言い出すとかなり複雑怪奇になってきて非常に分かりにくいですがざっくりまとめます。

グーグルペイやアップルペイはiDやQUICPay或いはSuiCaなどをスマホで使うためのものである。
グーグルペイやアップルペイを使うとはiDやQUICPay、或いはSuiCaなどを使うと同義である。
FeliCa非搭載端末ではグーグルペイやアップルペイはダウンロードできても宝の持ち腐れである。

持っているクレカをグーグルペイかアップルペイで使う場合はFeliCa搭載であることが最低限必要。
また、そのクレカがiDかQUICPayどちらかに紐づけられる。現在、グーグルペイでiDとして登録できるカードが少ないので(三井住友カードとライフカードのみ)、他のカードでiDを使いたい場合はiDアプリを使ったほうがよい。しかし、au端末ではこのiDアプリが事実上使えない。
アップルペイはiDに登録できるカード数が格段に多い。

FeliCaがついていない端末の場合はクレジットカードでチャージできるようなコード決済できるブランドを利用する。
とは言え、結局登録できるカード出来ないカードがあったりしてやはり分かりにくい。

逆に言えば、コード決済についてはポイント還元などの大盤振る舞いしているところを使い始めるとやはりそこに落ち着いてしまうのかもしれませんね。
色々調べるのもめんどくさいですしね。

とは言え、一度使い方を覚えてしまえばやはり非常にラクなのは間違いない。

しかし、結論から言えば無言クレカ最強なのであった・・・

最近、コンビニやスーパーなどでの支払いでクレジットカードが使いにくくなりました。
以前は無言でカード差し出すだけでよかったのが自分で読み取り機に差し込んだり、スライドさせたりする必要がでてきたり、また気のせいかもしれませんがレジでの読み込み、承認に時間がかかる場合が多くなりました(店によってかなり違うようです)。
こうなってくるとクレジットカード決済のメリットが著しく損なわれるので他のキャッシュレス決済を考えねばなりません。
結論からいうとモバイルsuicaをスマホに搭載してグーグルペイやアップルペイで支払うのがベターなようですね。
クレカ払いの最大のメリットはクレジットカードを差し出すだけで何も申告しなくても理解して貰える点にあったのですが、いずれにしろこちらのアクションが必要な時代に突入したようなので、そうなると一番手数の少ない、時間のかからない決済方法を探さねばなりません。
九州に住んでおきながらわざわざsuicaというのも変な話ですが、交通系の電子マネーでスマホに搭載できるのが九州にはないんですね。
しかし、グーグルペイやアップルペイも詰まるところiDやクイックペイを利用して決済するということを知りました。
こうなってくると単純にクイックペイやiDでよさそうです。
特にセブンイレブンはクレカの非接触決済に対応できていないようですし、クイックペイが最も決済スピードが速いようなのでクイックペイでいいかもしれません。

結局レジでの支払いで店員さんに支払い方法を申告した時にもっともスムーズに伝わりそしてストレスなく決済できるものがいいわけです。
ポイントとか二の次です。

例えばクレジットカードでもNFCを使った非接触型決済が使えるものがたくさん出てきていますが、店員さんがそれを知らないと読み取り機に差し込むように指示されたりしますし、タッチ決済で、などと申告しようものなら説明に余計時間がかかる場合もあり本末転倒となってしまいます。
ちょっと前のデビットカードのようになること請け合い。

クレジットカードで、と申告してクレカを自分で読み取り機に差し込もうとしたら店員さんがレジ側のほうから読み取り機に差し込む某ドラッグストアもあって(よく見かけるあの読み取り機は実は差込口が客側と反対側2か所あるようだ)、いずれにしろめんどくさくなる場合があるわけで、どのキャッシュレス決済が使えるかどうかは掲示してあるから分かるのですが、だからといってどのように使えばいいのかどうかまでは明示されていません。特に初めて行くお店はよくわかりませんね。
以前、知り合いにコンビニに買い物を頼んだ時にクレジットカードを渡したのですが、使い方が分からないと言われ、日本でキャッシュレス決済が普及しなかったのは単に使い方がよく分からないせいもありそうだと改めて思いました。

大手コンビニチェーンなどは同一チェーンではある程度店舗間で共通の対応をしてくれると思うので、事前に使い方を調べておいて使うキャッシュレス決済を決めておき使い分けをするのが無難なのでしょう。

ということでグーグルペイをスマホにダウンロードしてクイックペイを使おうとしたところ、おサイフケータイ非搭載のスマホでした・・・(笑)

仕方ないので楽天ペイをダウンロードしました。結局スマホ決済に落ち着くと言う・・・インフラが整っていなくてもスマホ決済は簡単に導入できるという意味からもやはりQRコード決済は最強なのかもしれませんね。

※追記
本日初めてスマホ決済デビューしました。
楽天カードを作ったらポイントが貰えたので楽天ペイで決済しました。
めっちゃ簡単でした(笑) これから楽天ペイが使えるところでは楽天ペイを使おうと思います。

今日、ゆめタウンという結構でかいお店で食料品を買い、クレジットカードで支払おうとすると店員さんがカードの裏側を一瞥してサインをお願いしますと律儀に言われました。
これはお買い物に対してのサインではなく、カードの裏面にサインがないためサインを書けという意味です(そう説明されなくても意思疎通ができてしまう日本人(笑))。

クレジットカードの裏面にサインがないと盗難保険の対象にならないからサインはしておくべき、サインさえ面倒がる奴はカードを使う資格なしという至極まっとうな正論は論点がズレています

ここで問題にしているのはサインするのが面倒だとかそういうことではなく、そもそもサインが必要なのかという点です。
確かにカードが盗難され不正利用された場合に裏面のサインがなかった場合に保険がおりないのは大問題です。しかし、裏面にサインがあれば逆に簡単にサインを真似られてしまい、不正利用の防止そのものにはあまりつながりませんよね。昔とは違い今は少額決済でサインレスが多いですし、ネット決済も多いわけですからサインそのもの意味が半減しています。銀行の通帳の表紙裏に昔は届出印が押されていましたが逆に防犯上よくないせいか廃止のところが多いようです。
それに、その場でサインして使わせるのですからもはや形式でしかないわけです。
そういうものが本当に必要か?という問題提起でありサインがなければ盗難保険がおりないからサインしとけよ、というのとは意味が違います。
最近はICチップ付きのカードも多く、この場合は暗証番号入力だったりするわけですがこれでもサインがないカードは使用不可なのでしょうか?もしカードが盗難されサインレスのレジで不正利用された場合でも裏面にサインがなければ盗難保険の対象外だとすればそういう規約のままで運用しているカード会社や加盟店の怠慢ではないでしょうか。
いずれにしろ高額利用の場合は承認をとったりするわけですし、だいたいサインはその場で照合するというよりも後日問題が発生した場合に本人かどうかのチェックに使われるものでしょう。パスポートの署名は漢字にするか問題もそうですが、サインって同一性があるかないかを確認するものですからその人特有の記号でもいいわけです。なので海外の人は子供の頃から自分特有のサインを練習するとか。にもかかわらず日本でクレジットカードを使いサインを求められる時にフルネームで!などと言われるのはもはや儀式でしかないわけです。本人かどうかの同一性ですから漢字だろが記号だろうがニックネームだろうがなんでもいいはずです。しかし、日本ではそうはならない。にもかかわらず律儀にサインを要求する。それがいかにも日本人的で滑稽だと言っているのです。

そういえばこの店はいつもセルフレジだったのでクレジットカードのサイン問題に巡り合うことがありませんでした。
セルフレジも完全セルフと、支払いのみセルフがありますが、支払いのみセルフだと店員さんがチェッカーに通すので店員さんがいます。
完全セルフはめんどくさいため支払いのみセルフにいつも並んでいますが、その感覚であまり確かめもせず普通のレジに並んでしまったようです。

さて、再びクレジットカードのサイン問題ですが、機械で支払う場合はおろか人を介しての場合も一定の金額によっては(ゆめタウンがいくらかは知りませんが)サインは不要です。
今回も買い物自体のサインは不要だったわけです。
従ってカードの裏面にサインを要求しているのはサインのないカードでの支払いは規約上受け付けていないからだと思われます。
しかしながら、だとするとセルフレジでの支払いはどうなんだ?という事になります。
セルフレジの場合はカードの裏面にサインがなくても支払いは承認されるのに、人間を介して支払う場合は受け付けないとはこれいかに?
これは店側の問題もあると思いますが、カード会社と店の規約上の問題もあると思われます。更に言えば、今はサインではなく暗証番号で認証するタイプもあるわけで、その際はカードの裏面にサインがない場合はどのような取り扱いになっているのでしょうか?

そもそも、お買い物をしてサインをする場合であってもカードの裏面のサインと照合しているのなんか見たことがありませんし。

キャッシュレス、キャッシュレスと最近うるさいですが、ここらへんも見直したほうがいいと思いませんか?

私がクレカの現金化に使っているのはこちら
クレジットカードで入金、出金は銀行口座です。バーチャルカードやauウォレットなどのチャージタイプのデビットカードを介在させればクレジットカード会社に知られる心配もなし。

※海外FXクレカ現金化まとめ
7/18日 入金
7/23日 出金申請 受理
7/26日 出金完了メール
7/29日 着金
土日を挟んでいますので実質9日で現金化完了です。

今回3度目の出金をしたところ、出金依頼の翌日にはソニー銀行に着金していました。はやっ!

先日、ポイントサイト経由で海外FXに口座を開きました。
7000円分のポイントを貰う為には5万円以上の入金が必要だった為エポスカードのバーチャルカードを使って入金して焦った話はしましたが、
本日そのポイントが有効になっていました。出金する前にミラートレードでもやろうかと(取引せずに出金するとめんどうなので)当該FXにログインしてみると、なんだかまたボーナスが貰えるようです。

ふむふむ、入金するだけでボーナス100%(入金した額がそっくりそのまま口座にプラスされる)が頂けるとな。口座開設するだけでも10000円分です(私のときは2万でした)
このボーナスとやらはボーナス自体は勿論出金できませんが、このボーナスを使って取引し利益をあげたらその利益分は出金できます。新規口座開設だけでボーナスがもらえるので無からお金を作り出すことも可能となります。
とは言え、口座から1円でも出金するとボーナス自体が消滅しますが。
ボーナスがあるからと言って太っ腹になるのはいかがなものか
注意が必要なのはもし、口座に別途入金してボーナスと併存している場合に損失が出た場合、ボーナスから優先的に減損していくのではないという点です。
例えば口座に5万入金してボーナスが2万あった場合。損失が5万発生するとそれは5万のほうからさっぴかれていきます。この場合、ボーナス2万はまるまる残っていますのでこの2万で取引して利益があがれば利益分は出金できる、ということで、これは少し当てがはずれましたね。
よく、FXのアフィリエイトサイトでボーナスはメリットしかないと謳われていますが、確かにボーナスだけで取引する場合はボーナスを貰うデメリットは存在しないものの、口座に入金してボーナスと合わせて証拠金を増やして取引したとしても、損失がまず入金分から減殺されていくとなると、ボーナスがあるから損しても大丈夫とはなりません。
そもそもゼロカットシステムが採用されているので、口座残高がマイナスになることがないのですから。

いずれにしろ、早く出金をする場合は多少取引をして(スプレッド分損を覚悟で)から出金するのが無難でしょう。

よし、入金しよう!

ん、お金が・・・ない。といことでまたクレカで入金しようかと思ったものの、まちんしゃい。au WALLETにかんたん決済でチャージして入金すればよかろうもん。

ということで1万円分をかんたん決済でチャージして入金すると即反映、ボーナスもしっかりと追加されていました。
creditというのがボーナスになります。合計で3万円分あります。3万円損できる、というなんだか破滅型の人間の思考をしてしまいますが(笑)

肝心の出金する場合ですが、クレジットカードでの入金であってもクレジットカードに返金されずに、基本銀行送金になり、しかも出金手数料が無料。
ということはクレジットカードの現金化に使えそうですが、そこは勿論一度も取引がなく出金する場合はカード会社への確認が必要ですし、5万円を超えるクレジットカードでの入金で出金する場合も取引回数が少ない場合などはカード会社へ確認が必要なため出金までに時間がかかるもよう。

と、一応制限がかかっているので本来、急に現金が必要になり、やむにやまれずクレジットカードでの現金化を画策している人にとっては少し使い勝手が悪いのかと思えますし、このようなクレカでの入金、そして出金が簡単にできる業者さんは貴重ですから、くれぐれも現金化など目につけられるような使い方はしないようにしないといけませんね。
とは言え、そのうち金融庁あたりか嫌がらせを受けそうな気もしますが・・・

ボーナスが欲しい人はこちら

※追記 初めてのメタトレーダー
いずれにしてもスムーズに出金するには複数回の取引が必要なので(できれば十数回)、ミラートレードをやろうとしたところ、ミラートレードが不具合により受付停止になっていました。
仕方がないのでメタトレーダーをダウンロードしてCFDを取引することにしました。
別にFXでも良かったのですが、CFDのほうがなじみ深いからです。
とは言え、メタトレーダーでCFDを取引したことがないので少々手間取りましたので備忘録としてのせておきます。

まず、レバレッジは手動では設定できません。口座の残高によって自動で設定されます。基本は200倍です。つまり建て玉に対して0.5%の証拠金となります。

日経平均の場合、1単位、現在で言えば21500円が最小取引単位ですから、1ロットの証拠金が100円ちょっとになります。
試しにまず2枚=2Lot売ってみました。

レバレッジが高すぎると危険だと思われがちですが、実際は証拠金全体で損益を計算すれば実はそうとも言えないことになりますが、ここでは趣旨が違うので触れない事にします。

さて、メタトレーダーをダウンロードしてインストールするくらいまでは簡単ですが、メタトレーダーにCFDの項目がない・・・
左上の+マークの新規チャートの作成でCFDを表示させます。
注文画面についても直感で表示させることができると思いますが、問題は注文方法です。
指値や成行なども直感で分かりますが、決済するときに逆指値、いわゆるストップロスをかけておく場合、メタトレーダーのCFDの仕様なのか、新規で発注するときに逆差しをかけておくようです(多分)。
新規で発注してポジションを持った後で決済注文をだすときに逆指値で発注しようとしてもできませんでした。が、注文の変更取り消しからだと逆指値で発注できるんですね。おじさんびっくりであります。
下は新規発注画面ですが、Buy stopという項目がありますね。これは決済を発注するときの逆指値買いですから新規で発注する時はLimitのいずれかを選択し、上にある決済逆指値に入力します。
Buy Limit指値買い
Sell Limit指値売り
Buy Stop逆指値買い
Sell Stop逆指値売り

ポジションを建てたはいいが逆差値で決済発注できない時は注文種別で注文の変更取り消し画面を選択すると以下のような画面になり逆指値で発注できるようになります。

※auかんたん決済現金化に成功か?
先ほど出金申請を行ったところ、無事に申請が受理されたようです。
とは言え、一度エポスカードのバーチャルカードで入金したために、キャプチャ画像の写っているPCの画面と自分が一緒に写っているセルフィ―画像を撮影してアップロードするなど、ちょっと面倒ではありましたが。
ちなみに送金先はソニー銀行です。ソニー銀行は海外からの送金を受け取る際の被仕向け手数料が無料でございます。
au WALLETプリペイドカードで入金したのが1週間ほど前なので、入金してから1週間程度であっても適当に取引していれば出金はすんなりできるものと思われますね。

ホームPage 1 / 512345