3By

Burn the bridge behind you

apple careに入るくらいならアメリカンエキスプレスの保険ショッピングプロテクションワイドなのか悩む

calendar

reload

apple careに入るくらいならアメリカンエキスプレスの保険ショッピングプロテクションワイドなのか悩む

appleの製品買うとapple careという独自の保証制度に加入できますが、アメリカンエキスプレスホルダーの私は(ブラックだからとも言う笑)アメックスの家電総合補償制度という保険に入っていますのでもしもiPhoneを買ってもapple careに加入する必要はないと思っていましたが本当にそうなのか気になって調べてみました。
結論からいうとアメックスの家電保険は携帯電話対象外でした。調べておいてよかったです 笑

アメリカンエキスプレスの家電総合補償制度

まず、アメリカンエキスプレスが提供している家電総合補償制度はざっくり言えば保証が3年に延長されるものです。

この補償には破損や盗難まで含まれていますが、補償金額が減額されていくところもポイントです。
保険料は格安の2900円。カードで購入したものが条件ですが、補償対象外を見てみますと

携帯電話は補償対象外

携帯電話は対象外でした・・・
apple careの内容を見るまでもなく対象外でした・・・笑
説明書きの右下の方に小さく、「等」と記載されているのにお気づきでしょうか?
アメックスも結構姑息なことしますね 笑

実はiPadをアメックスで買ったわけですが、wifiタイプでも携帯通信機器に該当するのでしょうか?買った後になって気づいている私も私ですが・・・

パソコン自体は補償の対象ですが、周辺機器は対象外ですし、タブレットはパソコン周辺機器と言えなくもないですし、通信機器と言えば通信機器ですし、解釈次第でどうにでもなる約款をつくるとはさすがとしか言いようのないアメリカンスピリットですね(保険自体は東京海上日動ですけど笑)

しかしこんな記事発見→家電総合保証を使うためアメックスカードを新たに申し込みました。

この記事によりますとiPadの修理に利用したとのことですがきちんと問い合わせしたほうがよさそうですね。

iPhoneの修理にはショッピングプロテクションワイドで対応

アメックスの家電総合補償制度はiPhoneには使えない事は分かりましたが、アメックスにはショッピングプロテクションという保険もあります。これはよくある、クレジットカードに付帯されている保険と同様、カードで買ったものを壊したりしたら補償してくれるものです。
ただ通常ですと90日までしか補償されませんのであまり意味がないように思います。が、アメックスにはショッピングプロテクションワイドというものがあり、追加料金を払う事によって保証期間が1年になります。→ショッピングプロテクションワイド
この保険ですと携帯電話は対象外にはなっていません。
購入後1年と限定されますのでapple careには劣りますが、仮に購入後1年以内であれば水濡れや液晶割れなどの修理費用を年額5000円でカバーできます。勿論カードで買えば他の商品にも適用されますからかなりのお得感。
さらに保険金を貰う為には通常自己負担額1万円が必要ですが(つまり修理費用など1万円以上で使わないと意味がないですが)ショッピングプロテクションワイドに加入していればその1万円もお見舞金としてアメックスがくれるそうです 笑

ちなみにショッピングプロテクションワイドに加入していますので新たな保険料の負担なくこの恩恵を享受できそうです。
2年目以降は水濡れや液晶割れなどは自腹、ということを想定してaaple careと比較してみます。
 iPhone の画面の修理料金

1年に1回修理すると仮定 

apple care に加入
3400+3400=6800円 apple care14800円 合計21600円

ショッピングプロテクションワイド
0+19800=19800円 ショッピングプロテクションワイド5000円×2=10000円 合計29800円

apple aareの場合は製品の瑕疵についての保証が2年に延長されますので単純比較できないとは思いますが・・・

逆にまったく保険を使わなかった場合を想定するとapple careのほうが高くなりますね。
当たり前かもしれませんがほとんどの方が修理はしないそうです。あるサイトによればその割合は3%~4%程度らしいです。
ということは仮に一回あたりの修理費用3万円とすると100台売れて修理台数4台×3万円で総額12万円。
これを売れた台数1台あたりの負担に換算すると1200円になります。
修理費用或いは修理率を倍に見積もっても2400円。apple careの加入料がかなり高く見積もられていることを勘案すると実際の修理費用はもっとかかっているかもしれませんし、修理に持ち込む割合ももっと多いのかもしれません。