年も押し迫った昨日、wifi子機とハードディスクを買いにエディオンに行く。
意外にレジ待ちのお客さんもおらずすぐに支払いへ。
レジに貼ってある決済方法の掲示を見るとメルペイが使える。現在メルペイスマート払いを利用すると2000ポイントもくれるのである。
これは使わない手はない(というか事前にエディオンではメルペイが使えると調査済み)。
おそるおそるメルペイ使えますか?と店員さんに申し出ると使えますとのこと(聞かなくても分かるが(笑))日本人的には使えますか?というのは使いたいということであり、そこは単一民族日本人察してくれるものである。
スマホにコードを表示して店員さんに見せるとものの1秒程度決済完了。
は、はやい・・・これがコード決済の実力か・・

とはいえ、やはりお店というか使っている端末などによって決済時間は著しく違いますが。(楽天ペイは結構遅かったぞ)

さて、グーグルペイがなぜ使えなかったのかその理由が分かるまで何日も要したおじさんの私がこれまでにスマホ決済について得た知識を全てお見せしましょう(単なる備忘録ですが(笑))。

スマホ決済はコード決済とFeliCa決済の2種類

コード決済はQRコードとバーコードの2種類がある。
FeliCaはiDやQUICPay、suicaなど。非接触決済であるNFCの一種で日本独自規格の為Felicaのみ搭載端末は海外では基本的に利用できない。

決済方法

QRコード決済はスマホにQRコードを表示してお店にスキャンして貰う方法とお店に掲示してあるQRコードを自分のスマホで読み込み金額を入力する2つの方式がある。大手チェーン店などではお店にスキャンして貰う方式が大半であるが、中小小売店などではこちらが読み取る方式もある。
FeliCaはスマホをお店の端末にかざして支払いを行うがandroidは電源offでも構わないがiPhoneは電源が入っていないと支払いできない場合がある(端末によって違う)

FeliCa決済は使えない端末がある

FeliCa決済が利用できる条件はandroidではFeliCaが搭載されており、おサイフケータイが使える端末であることが必要。
iPhoneはiPhone7以降であることが必要。

iDやQUICPayはFeliCa搭載端末でも使えない場合がある

iDは基本的にauの端末では使えないが、グーグルペイ或いはアップルペイを導入すれば使える場合がある(クレジットカードによる)。
QUICPayもクレジットカードによる。
つまり、iDやQUICPayをスマホで使う場合はクレジットカードに紐づけて考える必要がある。

グーグルペイやPayPayの違い

グーグルペイ及びアップルペイはandroid、iPhoneに各クレジットカード及び電子マネーを登録することによってFeliCa決済を使えるようにしたアプリの事。
決済自体はiD,QUICPay,Suicaなどのネットワークを通じて行うため、レジで支払う時はグーグルペイとは言わずQUICPayで支払います、などと言う必要がある。
例えばVISAのデビットカードを使う場合もデビットカードと言わずクレジットで、などと言うのと同じである。
そもそも、グーグルペイにしろアップルペイにしろ複数のクレジットカードや電子マネーが登録できるが個別のカード種類などを指定しても通じない。例えばVISAでと言ったらクレジットカード決済だと思われてそのような端末操作を行われてしまう。

この点PayPayや楽天ペイなどのいわゆるコード決済の場合はそのまま楽天ペイで支払うと言えばよい。
しかし、例えばメルペイではiDが使えるのでiDで支払いたい場合はiDで支払うと指定する必要がある。

レジの店員さんは各決済方法を指定して端末を操作している

レジでは現金、クレジットカード、iD、QUICPay、Suica、PayPayなどなど各決済方法を指定して処理するようになっています。
従って端末上にないものは当然対応できません。最近は決済種類が物凄く多くなっていますが、その選択項目には前述のようにグーグルペイやアップルペイはありません。しかし、いわゆるコード決済であるPayPayなどはそのまま表示されています。要するにグーグルペイやアップルペイは各決済方法に乗っかっているわけです。

おじさん用スマホ決済ざっくりまとめ

メルペイのように稀にiDが使える場合もあったりと、スマホ決済は細かい点を言い出すとかなり複雑怪奇になってきて非常に分かりにくいですがざっくりまとめます。

グーグルペイやアップルペイはiDやQUICPay或いはSuiCaなどをスマホで使うためのものである。
グーグルペイやアップルペイを使うとはiDやQUICPay、或いはSuiCaなどを使うと同義である。
FeliCa非搭載端末ではグーグルペイやアップルペイはダウンロードできても宝の持ち腐れである。

持っているクレカをグーグルペイかアップルペイで使う場合はFeliCa搭載であることが最低限必要。
また、そのクレカがiDかQUICPayどちらかに紐づけられる。現在、グーグルペイでiDとして登録できるカードが少ないので(三井住友カードとライフカードのみ)、他のカードでiDを使いたい場合はiDアプリを使ったほうがよい。しかし、au端末ではこのiDアプリが事実上使えない。
アップルペイはiDに登録できるカード数が格段に多い。

FeliCaがついていない端末の場合はクレジットカードでチャージできるようなコード決済できるブランドを利用する。
とは言え、結局登録できるカード出来ないカードがあったりしてやはり分かりにくい。

逆に言えば、コード決済についてはポイント還元などの大盤振る舞いしているところを使い始めるとやはりそこに落ち着いてしまうのかもしれませんね。
色々調べるのもめんどくさいですしね。

とは言え、一度使い方を覚えてしまえばやはり非常にラクなのは間違いない。

しかし、結論から言えば無言クレカ最強なのであった・・・