あなたが聖杯を見つけたとしたら人に言いますか?

   

ここで言う聖杯とは投資における聖杯だ。
最近世の中を席捲しているyoutubeなどでも誰でも儲かるとか、何億稼いだとか、そういった類の動画がよくある。
少し立ち止まって考えてほしい。
もしも自分が投資における聖杯を見つけたら人に言うだろうか。
誰がやってもその手法を用いれば必ず儲かるというまさに夢の手法、聖杯を見つけたら。
仮に自分は儲かっているが、誰にも簡単にはマネのできない手法であれば世の中に公開して自己満足に浸っても問題はない。
しかし、聖杯だと話は別だ。
その聖杯を使えば必ず億万長者になれる。
世の中を良くしたいとか、貧しい人に手を差し伸べたいとか、そういった人は無料で公開するかもしれない。
しかし、その聖杯というものをみんながマネしだしたらたちどころにその聖杯の優位性は失われる。
この点、手法ではなく、特定の銘柄を買うという場合は違う。みんなが買えば買うほど価格は上がるからである。
いずれにしても自分で苦心惨憺見つけ出したその聖杯をむざむざ他人に教えてやるような人間はいないだろう。
もしいたとしても、その聖杯はあなたがやる頃には既に聖杯ではなくなっているに違いない。
結局投資の聖杯は自分で見つけるしかなく、また、人にマネできるようなものは聖杯ではないとも言える。
逆に言えば誰でも儲かる手法などというものを見つけたとしてもほとんど意味がない。
自分が儲かればそれでよく、それが他人には再現不可能だとしてそれが聖杯とは言えないわけではない。
誰かに教えるために聖杯を見つけるのではない。人それぞれ自分の聖杯を見つければいいのだ。
そして、自分なりの聖杯を見つけた時、もはや世の中の雑音は耳に入らなくなるのである。




 - お金が欲しい