松本人志が三浦瑠麗氏にたしなめられる「ぬるま湯の日本に住んでるから、それが言える」
またアメリカかぶれのエセアメリカンが日本の事を小馬鹿にしやがって、と思って記事を読んでみると華麗に違っていました(笑)お詫びして訂正いたします。

 

松本さんが言いたかったのは要はいさぎよく負けを認めろということなのだろう。対して三浦さんはアメリカではそれこそ天と地がひっくり返るほどの違いがあるのだから最後の最後まであきらめんよという。
確かにそうだな。とは言え、わざわざぬるま湯という表現を使って日本をことさら緩い国みたいに言うのはやめて頂きたい。
酒気帯び運転でプロスポーツ選手が解雇され、マスクしてなけりゃ非国民みたいに扱われる日本。ま、マスクつけてない人にマスクつけろと指摘すると暴力を振るわれてしまうアメリカのほうがやはりきついか(笑)だからと言ってアメリカのほうが上だとは言えないはずだ。
いずれにしろ、選挙で武装した市民が闊歩してしまうという一体どこの発展途上国かと思わせるアメリカをみて、選挙であれだけ盛り上がれるアメリカが羨ましいとは全然思わないのだが。
誰がトップになろうが大して変わらない日本がいいのか悪いのかは分からないが、少なくともトランプさんが日本で選挙にでても落選するだろう(笑)
でもバイデンさんもなんだかな(笑)もうちょっといい人材はいなかったのかしら。

 

記事では三浦さんが松本さんをたしなめるという表現が使われているが、この表現だとあたかも三浦さんの意見のほうが正しいように捉えられてしまうのだが果たして記事としてその表現でいいのか疑問に思うのだが。
あらためてたしなめるの言葉の意味を調べると驚愕の事実が・・・

「課長が新入社員をたしなめる」など目下の人に対して使う言葉になります。「たしなめる」の意味とは?意味や使い方を解説!

 

三浦さん40歳、対する松本さん57歳・・・
あぁ・・・