3By

Burn the bridge behind you

中牟田博章氏は冤罪を2度作り出してしまったのか?

calendar

大崎事件で再審開始が決定されました。「大崎事件」のことは全く知りませんでしたが、事件の概要を聞くとこんな捜査で人が刑務所にいれられてしまうのかと感じましたが、少し詳しく調べると確かに事故ではなく事件ではないかと思わせる不自然な点もあります。
ただ、いつも思うのは警察や検察の誤りを見抜けなかった裁判所の責任です。

日本では起訴されると有罪の確率は99%以上らしいですね。起訴されたら負けなわけです。
これは検察が有罪にする自信がないものは起訴しないからだともいわれますが、裁判所が警察、検察は嘘つかない、間違いがない、という事を前提に裁判するからともいえるでしょう。
そもそも法律がそのように作られているから仕方ない、と思考停止しているのが官僚的思考とも言うべきものかもしれません。
裁判官も司法行政の一翼を担っているわけですし、出世するためには最高裁から睨まられてはいけないわけです。国の意向に反するようなことは極力避けたい。無罪判決なんか書きたくないのです。上の顔色ばかり窺っている、このような裁判官をヒラメ裁判官と言うらしいです。高裁や最高裁の判事になるためには国の意向に反するような判決を出すなどもってのほかなのであります。世の中を公平に見ず、お上のほうばっかり向いていると目がへんてこになってしまいました。

さて、大崎事件の審理を担当した裁判官は中牟田博章という人らしく、この方ググると「氷見事件」も担当しているのが真っ先に出てきます。
また、冤罪ではありませんがこんな記事もありました→鹿児島強姦逆転無罪
記事をそのまま引用しますと
「一審判決が女性のショートパンツについた別人の精子の存在を無視したのは、公判前整理手続の段階で、これを証拠採用しないことが決まっていたからだ。だが、この証拠は女性がほかの男性と性的関係を持った可能性を強く示すものであり、体内の精子もその男性のものである可能性がある。これについて弁護人は証拠採用を求めたが、当時の裁判所(中牟田博章裁判長、裁判の途中で福岡地家裁小倉支部に転任)は認めなかった。」