クレジットカードの現金化とポイント目的で登録したGemForexおかげで危機を脱することができましたが、ポイントサイトの術中にハマったのか、あれ以来CFDの取引を続けています(笑)
年末にCFDでS&P500の売りポジをヘッジ目的で建てたところあれよあれよと上昇しました(笑)素直にポジを持ち越さない方が良かったとか結果論はよしなはれ。

さて、すでに逆指値をはるかかなたに超えているわけですが、なぜか我がポジションは逆指値が発動せず不動(笑)
そうです、当該業者の取引時間外に動きまくっているわけであり、慌てて取引時間を確認する始末。
そこで改めて取引時間について勉強になったので(そんなもん取引する前に確認しときなはれ)備忘録です。もはやこのブログ、マイ備忘録と化していますが。

まず、GMT時間が基本となる。そして当該業者のMT4がGMT+何時間で設定しているのかが問題となる。
え?そうなんすか?へぇ~(劇団ひとりの始まりである)
つまり、業者によって取引時間は違う。
いや、それは分かってますけど・・・
このバカちんが。ここで言っているのは仮に別々の業者のホームページに朝9時から開始と同じ時間が書いてあったとしても違う場合があるってことなんじゃこのボケカスがぁ~

ということでした。

東京時間はGMT+9時間ということはすぐ分かる。
問題は当該業者が言っているAM7時とか午後10時とかいうのが日本の時間で何時を差しているかである。
この点、業者によってはGMT表記で記載している場合もあればGMT表記がない場合もあったりと表記が混在している場合もある。
特に年末年始などは取引時間に注意が必要である。

一旦まとめ
海外FXはGMT時間で表記されている。
普通に10時と書かれていたら、日本時間では19時となるのが基本。
業者によってMT4の時間設定がGMT時間で+何時間と違う。
当該業者のサイトで表記されている取引時間はGMT時間表記、日本時間表記が混在している場合がある。
また、そこにMT4での時間設定が関わってくる場合がある。

例えばGemForexのMT4の時間設定はGMT時間+2時間。これはどういうことなのか?
参考リンクhttps://gohan-dvd.jp/2019/07/17/gemforex_torihikijikan/

Gemの通常の取引時間表記はGMT時間ではなく日本時間となっているが、これが年末年始の取引時間表記になると

2020年1月2日午前11時14分現在Gemのシステムは止まったままである。
クリスマス~年末年始の取引時間
上記リンク先によれば1月2日の取引開始はMT4時間では9時~となっているものの、日本時間になおせば16時~となるもよう。
めっちゃ誤解するやん、紛らわしいやん・・・(笑)

ということは、GemのMT4の時間設定GMT+2というのは、そもそも2時間プラスしているので東京時間GMT+9から2時間をプラスするのではなく引きなさいってことなのか?
そうなんか?・・・

とりあえず自己解決・・だろう
MT4時間でいう9時とはGemに限って言えばGMT時間で7時になる。
ということは日本時間、いや東京はGMT時間+9時間なので16時になる。
ということなのだろう・・・笑うしかない(笑)

あぁ・・・(笑)

カテゴリー
タグ