タグ:逮捕
ホームPage 1 / 3123

“性暴力”で相次ぐ無罪判決に被害者団体がNO 刑法の見直しを求め法務大臣へ要望

性暴力で無罪判決が相次いでいるという一見ショッキングなニュースですが、、これは今に始まったことではないですよね。高齢者の事故や飲酒運転、あおり運転などと同じように昔から一定数あったものが、世間から耳目を集める事件事故を契機としてマスコミが殊更に取り上げてなんとなく最近多くなったというイメージを持ちます。

さて、取り上げられている判決の中で特に注目されるのが名古屋地裁岡崎支部の無罪判決です。中学2年の頃から父親から性的暴力を受けていたというものですが父親は準強制性交罪に問はれ無罪となっています。
以前準強制わいせつで逮捕された事案を取り上げたことがありました。→逮捕されたら終わりですよ~逮捕される前に考えておくべきこと

なぜ、無罪になったのか物凄くざっくり言えば拒否できたんじゃね?抗拒不能の状態とは言えないというもののようです。
実際のところ裁判どころか判決文さえ読んでいないのですから何とも言えないのですが、一般的な感覚からすればおかしい判決だと恐らく誰もが思うはず。
しかしながらさすが司法試験に合格した法曹の方達は違います。
「鵜飼祐充裁判長」への裁判批判を憂える  が・・・

ある裁判に対する批判に対しての反論とも言うべき最高裁判事の見解は「その法廷にあらわれたすべての証拠とてらしあわせてみなければ,判断できる筈のものではないか」という至極まっとうな見解を述べられていて概ね法曹の方達はこのような見解を持つようです。

極論すれば同意があれば許されるという事になりそうですが、そもそも近親相姦が許されるのかという話になりますし、被害者は同意してはいませんしその点も裁判所は認定しているわけです。
被害者の方は父親からの性暴力被害を弟や友人などにも相談している事からどう考えても同意はありませんし、何とか拒否したいと思っている事は分かりますよね。

しかしながら準強制性交罪の構成要件には該当しないと判断したわけです。とは言えかなり杓子定規に判断しているきらいがありますね。被害者が拒否しなくても、或いは同意していたとしても準強制性交罪が成立する場合はあるわけですから抗拒不能の状態になってはいないという点ががポイントなのでしょう。

確かに裁判所は警察検察の主張を鵜呑みにして起訴されれば99%以上の確率で有罪になる国でなのに無罪にしたという事は、逆に言えば無罪にした、言い換えれば有罪に出来なかったそれ相当のかなり強い根拠があるとも言えます。
しかし、この鵜飼祐充裁判長は以前も無罪判決を出して物議を醸しておりました。
https://trendy15.info/31556/

2016年6月のペルー人の男が女性を殺害しようとした事件でも
「意図的だったとは言えない」として無罪判決を言い渡してるね

被告の『女性が近づいてきたため、手に持っていた包丁が首に当たった』
とする供述は信用できる」と判断した。

女性は「馬乗りになった被告が包丁で刺した」と証言、
検察側は「2人が向き合った体勢を考えれば、女性の首に意図的に包丁を刺したと考えるべき」と主張していたが→

地裁は「女性の証言は具体性に乏しく、不自然だ」として退けた。

だって
でもこの男
昨年7月、愛知県半田市の県営住宅で40代の女性を殺害しようと首などを包丁で刺し、
2週間のけがを負わせたとして、同8月に殺人未遂罪で起訴

だって
もうなんかね
「そういう」裁判官なんだね

近親相姦の話を聞くと尊属殺人違憲事件をまっさきに思い出します。
14歳で実父に犯され、その後夫婦同然の生活を強いられて子供まで生まされ、やっとできた彼氏とも別れさせられるというまさに鬼畜の所業ですが、ついに父親を殺害してしまったわけです。
当時は子供が親を殺すというのは尊属殺人として通常の殺人より重く罰せられていたわけですが、私が愕然としたのは当時の裁判官たちの被告人である娘さんへの被告人質問です。

「父親と夫婦同然の生活をして、父親が働き盛りの年齢を過ぎた頃若い男と一緒になる。(それは)父親を弄んだことになると考えたことは?」と質問し、「(2人の関係は)大昔なら当たり前」「被告人(サチ)は父親の青春を考えたことがあるか」「働き盛りに何もかも投げ打って被告人と一緒に暮らした男の貴重な時間」など父親に同情的な発言さえあったという(『尊属殺人罪が消えた日』より)。

日本の裁判官は大学在学中に司法試験に合格するような超エリートです。大学を卒業しそのまま裁判官として純粋培養され世間一般の常識とかけ離れているとよく言われます。
時折、変な判決がでるのも納得です。

性暴力事件で無罪判決が出る場合の裁判官の論理としては、同意はなくても拒否できたというような杓子定規なものが多いです。
これは裏を返せば被告人を有罪に持ち込むためには拒否しなければならないわけです。
そうなると怖くて声が出せない、などの場合は拒否したことにはなりません。

ある強姦事件でも被告人数人が被害者を拉致し自分の家で強姦行為を行ったとされ起訴されたものの、家族もいる自分の家の部屋で強姦する事は考えにくいなどとして無罪になったことがありました。普通はラブホテルなどに連れ込むだろうという趣旨の判決理由だったと思いますが、もしラブホテルに連れ込んだならそれはそれで入り口に監視カメラがあるようなところで強姦行為に及ぶことは考えにくいなどと無罪にされていたことでしょう。

思うに、このような論理展開は弁護人の弁護活動も大きく影響しているような気がします。
そのような観点からすると、検察側の主張立証もかなりお粗末だったとも考えられますね。

以前バイトの女子高生と不倫してた妻子持ちのファミレスかなんかの店長が青少年保護育成条例違反で起訴されて無罪になったこともありましたね。

不倫は別としても自分の娘と性行為をする事自体は違法にしたほうがいいと思うのですが。

とは言え、準強制性交罪の判例を見ていると抗拒不能状態がかなり広く解釈されているのでこの事案は控訴審で逆転有罪も充分あり得ますね。

カテゴリー
タグ

カルロスゴーン氏が再逮捕されたことが物議を醸している模様
[blogcard url="https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000542-san-soci"]

虚偽記載の期間が違うだけで逮捕を繰り返すことに対して海外から批判がでているようですが、その筋の人たちからしたら(どのスジやねん笑)何を今更という感じでしょうか。
ゴーン氏でなければ当然誰もなんとも思わないことですよね。日本のマスコミでこの手の話を取り上げるところなんかありません。

恒例のヤフコメチェック。
再逮捕を繰り返して勾留期間を事実上延長していくやり方について批判的な人が多いだろうと思っていましたが意外に肯定的な意見が多く、おじさんびっくりであります。
肯定的な意見で多いのが海外ではこうだから日本もこうすべきというのはおかしい、日本は日本の独自のやり方があるという一見たくましい意見。
また、カルロスゴーンだからといって特別扱いする必要はなく通常のやり方(いつも再逮捕やってますけどなにか?)でやるべきであるといったこれまたたくましい意見。

とは言え、今回の事案の場合は海外ではどうやっているのかとか、カルロスゴーンのような著名人だからどうだとかそういったことが問題の本質ではありません。

もし、あなたが被疑者として拘束された場合にどう感じるか?という話です。
もし、あなたの家族や友人が逮捕されたらどうでしょうか?
同じ容疑で逮捕が繰り返されるとしたら拘束期間が長期間に及び、そのうち心が折れるかもしれませんね。社会復帰もままならないかもしれません。
そうならない為にも早期に決着を図るべく無実にも関わらず自白をしたほうが得策だと思うかもしれませんね。

だからこそ一罪一逮捕一勾留の原則、などというものがあるのかもしれませんが、法理論などというものは自然科学の理論と違って解釈次第でどうにでもなる代物です。

そもそもですが、逮捕状を発付したのは裁判所ですからもし裁判所が問題だと判断すれば却下していたでしょう。
しかし、裁判所は逮捕状の自動販売機と揶揄されるほどですから、書類形式上の不備程度しかチェック機能が働いてないとみるべきでしょう。

つまるところ、日本には日本の独自のやり方がある、などと嘯いたところで実際はその独自のやり方すらまともに機能していないとみたほうが適切なのかもしれません。

無実の人間が自白なんかするはずがない、なんて長期間拘束され連日連夜罵詈雑言、恫喝されながら言える自信は私にはありません。

他方、犯罪を生業としているような社会不適合者がなかなか捕まらず、捕まっても軽い刑罰で社会に戻ってきたりします。

色々と怖い世の中ですね・・・
あぁ・・・

カテゴリー
タグ

JALの副操縦士がイギリスで逮捕されましたがJALパイロット、英ヒースロー空港で逮捕 飲酒検査で上限値の9倍超
よく記事を読むと、まだ飛行機に乗る前に逮捕されています。
日本ではパイロットが航空機を操縦する際のアルコール規制に対する基準値がないという恐ろしい国(各航空会社基準のみ)なので操縦士らの飲酒基準、強化へ JAL副操縦士の飲酒受け逮捕することはできないかと思いますが、操縦する前でも逮捕してしまうという飲酒運転ならぬ飲酒操縦に厳格な態度で臨んでいる国と、民間の航空会社にその規制の一端を任せている国とはアルコールに対しての認識がそもそも違うと言わざるを得ません。

社内のアルコール検査にひっかからなかったのになぜ飲酒がバレたのか疑問におもっていましたが、記事によれば相当酒臭かったようですね。
ということはつまり社内のアルコールチェックの時も絶対酒臭かったわけで、数値をなんらかの不正手段でごまかしたとしても、いくら酒臭くても数値が正常だから搭乗をやめさせることができなかったのかもしれません。
JALと言えばいわずもがなで、まさに官僚的思考のなせる業なのかもしれません。
書類上、形式上きちんとしていれば内容が少々おかしくてもそこはあまり気に留めない。
手続きをきちんとやればそれで自分たちの責任は逃れられる、責任逃れの理由付けのための手続きになり下がっていますね。

そもそも日本は諸外国に比べてアルコール、飲酒に対して甘いと言われています。
酔っ払いに対してこれほど寛容な国もないようですが、その分お酒の席でのトラブルも多く、また、逆にお酒のせいにして逃げられることもままありますね。
逆にドラッグに対しては厳しい、なんて意見もありますが、法定刑からみたら特に厳しいとは言えないような気もしますが。

逮捕されたら終わりですよ。

カテゴリー
タグ

犯罪の助長をするつもりはありませんので念のため。
準強制わいせつでJリーグの運営会社の幹部が逮捕されたというニュースがありました。
なんでも、モデル体型か確認するなどと言って胸を触ったということですがほとんどの人がこの点について違和感を持ったと思います。
私が気になったのは準強制わいせつという点です。単に強制わいせつとすればよかったとところをわざわざ準強制わいせつで逮捕していますね。
準強制わいせつとは

人の心神喪失若しくは抗拒不能に準じ、又は暴行・脅迫を用いずに心神喪失若しくは抗拒不能の状態にさせて、わいせつな行為をする罪を意味する(刑法178条1項)

この事案の場合抗拒不能に乗じて胸を触ったということなのでしょうが、そもそも抗拒不能とはどのような状態でしょうか?
抗拒不能に関する判例→http://www.moj.go.jp/content/001132255.pdf
分かりやすいのは泥酔させたり薬を使ったりですが、実際はかなり広く解釈されているようで騙してわいせつ行為に及ぶ場合、例えば「俺は芸能界にコネがある芸能プロの社長だぜ、芸能人にしてやるから裸の写真とらせろよ、ヒーハー!」みたいなやつでも認定されうる点です。
つまり抗拒不能というのはそういう状況だったらなかなか断れないっぺよ、的な感じでも認定されてしまうわけで見かけ上同意があっても犯罪に認定されてしまうわけです。
実際こういう手口で嘘八百並べ立てて女性を毒がにかける輩がいるわけで、準強制わいせつという罪がなければ立件不可能だったりするわけです。

枕営業などという言葉もありますが、きちっと理解した上で枕営業をしている方もいるかもしれません。自分の夢の為に体を使う。それは人がとやかく言うものでもないでしょう。
しかしながら、体を使ったはいいが、使われただけ・・・そんな時は詐欺だぁあああと叫びたくなるのが人情。
しかしながらお金でも取られていない限り詐欺での立件は不可能なので、そういう時は準強制わいせつで懲らしめましょう。

さて、このように考えてみると、モデルに興味ない?と公園に誘い、モデル体型かどうか確認すると言って胸を触る、後でおかしいなと思い警察に相談、ということで何も考えないとこれはもろに準強制わいせつだなと考えるわけですが、果たしてモデル体型かどうか確認するといって会ったばかりの男に公園で胸を触らせてしまうのが一般的だ(そういう状況なら無理もない)と言えるでしょうか?
当然、この前後の会話の中で、俺はめっちゃ有名な芸能人もいっぱい知っているし芸能界にコネもあるばい。あんな子やこんな子も俺がスカウトして芸能界入りさせてやったっちゃんね。ほれほれ、とおもむろにスマホに保存されている有名芸能人たちとの画像を見せまくるとか、そういう一連の行為があって胸などを触らせてしまってもしょうがない状況だからと判断し、逮捕に至ったのかもしれません(完全なる憶測ですが)。
もし、優秀な弁護士さんがわんさか押し寄せてこのあたりのことをつっつかれるとかなりめんどくさそうな事案になりそうですね。
従って私は単純な強制わいせつのほうが良さそうだとは思ったものの、結局のところ触られた被害者の方がその場で明確に拒否していなかった、もしくはそのようにみられなかったと警察が判断したからなのでしょう。

もしかすると強制わいせつ容疑だと逮捕状が発布されない恐れがあるので無難に準強制わいせつにしたのかもしれません。
なんせ、逮捕状の発付が裁判所から却下されるだけで署長クラスの人間が裁判官に会いに来る(なんで却下しとんねん)という話もありますからかなり神経質な問題なのでしょう。

こういった事案は逮捕のときは大きく報道されるものの、その後どうなったのかなんて誰も気にするものもいませんよね。

今回の事案は宴席で酔った上で思わず触ってしまった、などと違い、かなり計画的で常習性もありそうですから言い訳のしようもないでしょうが。

これから知らない女の人には指一本触れないように生活したいと思います(引きこもりのくせして笑)。

※追記
上記準強制わいせつ事件に関しては不起訴処分となったようです。

カテゴリー
ホームPage 1 / 3123