タグ:自転車
ホームPage 1 / 11

都道府県の中には自転車保険の義務化を始めたところもあるようですが、自転車保険はかなり料金にばらつきがあります。
私はヤフーのちょこっと保険に入っていますが、月額370円払っています。

自分のケガの補償は不要

ほとんどの方が医療保険なども別途入っておられると思いますので自分のケガの場合の補償なんか不要という方もいらっしゃると思いますが概ね付帯されていますよね。

相手への賠償と示談交渉だけ必要

本来最低限必要な賠償だけでいいと思いますがなかなかないようです。それと示談交渉も必要でしょうか。

家族の補償・別居の親族は補償されるか

ちなみに母親も普段自転車に乗っているので保険には加入しています。同居だと一緒に入れるのでトータルでは安くなりますが、別居だと一緒に入ることはできません。母親に説明するのがめんどくさいので私が勝手に契約していますが、同居でないため加入できる保険がほとんどなく、結果auの自転車保険に入っています。auの自転車ほけんだと私が契約で別居の親族も加入できます。ただ、保険料がめちゃくちゃ高くなります。

アメリカンエキスプレスの自転車保険が激安

私はブラックなので年会費がバカ高いアメリカンエキスプレスを持っています。年会費は必要経費と割り切っています。
アメックスは面白い保険を扱っていますが自転車保険の取り扱いも始めたようです。これが結構激安です。

賠償責任 補償額1億円+日本国内示談交渉サービス(無料)
ケガの補償 補償なし
年間掛金
【オンライン申込みの場合】1,230円

※年間掛金には、自転車会員の年会費30円、制度運営費370円、損害保険料(830円:プランAの場合)を含みます。

※賠償責任補償条項、傷害補償条項ともに自転車事故のみ対象です。

プランは3タイプあり家族補償型もありますが、別居の親族は含まないようで残念です。

自転車事故限定・個人賠償責任保険ではない

しかし、この保険よくよく見てみると賠償はあくまで自転車事故のみに限定されています。

個人賠償責任保険と自転車保険

いわゆる個人賠償責任保険ではない点に注意です。多くの自転車保険が個人賠償責任保険によって自転車事故の賠償を行うような形になっているので日常生活全般における賠償責任までカバーしていますがこの自転車保険はカバーしていないということになります。
個人賠償責任保険については以前記事にしてみましたので参考にしてみてください。→個人賠償と借家人賠償責任 個人賠償責任保険と自動車保険で悩む

個人賠償責任保険は付帯されている事も多い

個人賠償責任保険は基本単独で加入できる場合はないようで自動車保険や火災保険などに付帯してつけることができるようです。クレジットカードによっては付帯してつけることができるものもあります。
また、ここで改めて借家人賠償責任保険に個人賠償責任保険が付帯されている場合もあるということに気付きました。もしも賃貸などで保険に入っておられる方は一度確認してみることをおすすめします。

大和リビングの物件には個人賠償責任保険も付帯されている

そして、ここでさらに気づかされました。大和リビングの物件は保険加入が不要ですが、大和リビングさんが勝手に保険に入ってくれています。ようするに入居者は保険料は負担しなくてもいいわけですが、このリビング補償制度に個人賠償も付帯されていました。 http://www.daiwaliving.co.jp/room/living_support/

ということは個人賠償はなくてもよかったと・・・いや、そもそも自転車保険なくてもよかったと・・・

個人賠償責任保険に加入していれば自転車保険は必ずしも必要ではない

個人賠償責任保険は自動車保険に付帯できる場合、またクレジットカードに付帯した保険などもあるのでこの点が不要ならアメックスが取り扱っている自転車保険も選択肢にあがると思いましたが、結局個人賠償責任保険に入っていれば自転車保険自体が不要になる場合もありますね(賠償してくれる金額が少なければ別ですが)。

ちなみに上記のアメックスの自転車保険はアメックスは提携しているだけのようで一般財団法人全日本交通安全協会のサイトから直接加入できるようです。https://www.hokencontract.jp/jtsa-bicycle/?agency_code=B0121319&promotion_code=americanexpressjapan

ヤフーのちょこっと保険より年間3000円程度も安くなりますが、個人賠償責任保険ではないようですし、そもそも大和リビングの物件に住んでいますので、ね・・・

あぁ・・・

以前タイムズのカーシェアリング、タイムズカープラスを退会したお話をしましたが→タイムズカープラスを退会した件

タイムズカープラスのステーションが島根県にも開設されたようです

ついにタイムズカープラスなし県が佐賀県だけになりました

車を使わなくても移動できる程交通機関が発達している都会だからなのではありません。
都会ほどステーションは多いようです。
みんな車を持っている田舎だからこそステーションがないのでしょうか?
人口が少ないから?面積が小さいから?

いずれにしろカーシェアリングを佐賀でも普及させて下さい。お願い致します。

ついに佐賀県にもステーションができたようです。有難うございました!

早速再入会でございます。
ステーション検索

ミニマリスト、ではありません。本当は色んなものが欲しいです。物欲にまみれている弱小ブロガーです。
車を廃車にしましたので移動手段としてチャリ=自転車を購入しようと思いました。
例えば徒歩で一番近場のネカフェに行くには多分1時間くらいかかります。でも周りにはディスカウントショップやコンビニやらマクドナルドやらスーパーなどたくさんあります。
この地方の中では都会の部類に入る場所ですが便利なのか不便なのかよく分かりません。
電車なんか通ってませんから車がないとバスとか自転車になるわけです。わざわざ大の大人の男がネカフェに行くためにバスに乗っていたりすると狂人だと思われると思います。昔若いころ自転車で移動していた私が様々な辱めを受けていたことは今更言いますまい。

従いましてとりあえず自転車です。朝夕の通勤ラッシュのときこの地方は一昔前の中国のごとき風情を醸し出します。

しかしながらこのマンション、駐輪場がございません。本当に使えないマンションです。
そこで、折り畳み式のチャリを買おうと思います。
しかしながらこのマンション、エレベーターがありません。本当に使えないマンションです。
エレベーターなしで一応4階建てです。私は2階に住んでるからまだいいほうでしょう。エレベーターのないマンションはマンションと名乗るべきではないと思う今日この頃(考えてみたら一言もマンションって名乗ってませんでした笑)。
さて、このような事情からできるだけ軽い折り畳み式自転車でなければいけません。

20年ほど前、地図製作のアルバイトをやっていたんですがその頃仕事用に折り畳み式自転車を購入しました。確か4万近くしたと思います。
フレームが鉄製ですし、たしか20インチあったと思いますのでかなり重かったです。車に積んで移動して現場でおろして組立、そして折り畳みチャリに乗って颯爽と調査するという今考えると流行の最先端を走っていたような気がしないでもないですが・・・。

あの時代からすると時は自転車ブームで様々な折り畳み自転車がございますね。安いのから高いのまで。昔は選択肢がなかったので安くても3万程度からだったと思います。他に安いのがなかったので4万近くも大枚はたいて購入したわけですが。

選択肢がないのも困りますが選択肢がありすぎるのも困ります。ネットで情報を探すともうわけわかめになります。
レビューとかブログ見ても、ギア比がどうのとかフレームがどうのとかもうそんな専門的なこと言われてもですね。

ということで折り畳み自転車を選ぶ際の参考になればと思い簡単にまとめてみたいと思います。
結局のところ実際乗ってみてどうなんだという話ですが。

折り畳み自転車の用途・目的

●マンションの2階まで階段で持ち運びできるもの。毎日ではないが出来るだけ軽いほうがよい。
●移動距離は長くても5~6キロ程度。以前買った折り畳みはケツがすぐ痛くなったのでそれくらいの距離でそうはならないもの。
●電車に乗せてなどのいわゆる輪行に使う予定は今のところない。
●ママチャリ程度の乗りやすさ、頑丈さであれば充分である。
泥除けはあったほうがよい。(どうせ雨の日は乗らないから不要という意見がありましたが、雨の降った後に乗る事もありますからね。)
●ギアはなくてもよい。普通に走れればいいので。
●タイヤはあまり小さいと安定性が悪いのでデカイほうがいい。が、あまりデカイと重くなるし持ち運びに不便なので16インチ程度が許容範囲か。
●予算は3万程度。1万程度の折り畳みだと結局重い。

ということでネットで情報を集めたところこれらに適合するのがいくつかあった中こちらを選びました。

同じフィアット 14インチのやつは8キロ台とさらに軽いですが、泥除けがついていないのと、16インチでも結構タイヤが小さいので14インチは走るのが結構つらいではないかと思い16インチの方を選びました。

本日届きました。横にあるテレビは32インチです。
KIMG0041

ほぼ組み立てられていますので、梱包を外したりする程度で完成。
KIMG0043

箱から出す時は意外に重いと感じがしましたが、やはり11キロ台だと昔の折り畳み自転車とは比べ物にならないくらい軽いです。母親も1万円台の折り畳み自転車を持っていますがそれよりも軽いです。
このくらいだとフレーム部分を持つと片手で持てますのでわざわざ折り畳まずに階段の昇り降りができそうです。
折り畳んだ状態での自立は厳しそうです。
折り畳んだ状態で転がそうと思えば転がせます。
右側のペダルが折り畳んだ状態で梱包されていましたが折り畳めなくなってしまいました笑
ハンドルも折り畳み可能です。
スタンド付属。角度がないから倒れそうになる。
タイヤの空気が少ない。
鍵やライトは別途買う必要があります。

ダイナモライトを一緒に購入しましたが結構取りつけが面倒ですし、ブレーキやらタイヤの空気やら鍵を購入したりという事を考えたら自転車やさんで購入するか調整してもらったほうがいいように思います。※ダイナモライトをつけて走ったらタイヤの側面が削り取られてしまいました・・・よっぽど安いタイヤなのかダイナモライトの取り付け方が悪かったのか・・・やはり自転車屋さんで取りつけてもらうべきでした。

例えば自転車のチェーン店のサイクルベースあさひさんだと、ネットで注文して店舗で受け取れたりしますので、ついでに調整してもらい防犯登録なんかしてもらうと一石二鳥でしょう。
すべての自転車がネットで受取対応になっていないのが玉にきずですが。

タイヤの空気と防犯登録に自転車やさんに行こうと思いましたが、暑くて行く気が失せました・・・明日にしよう・・・

※追記
先ほど夜になりましたので往復5キロほど走ってみました。タイヤの空気が入ってないせいか重い・・・
それにやはりかなりふらつきます。階段の昇り降りはやはり折り畳まなくても問題ないですが、部屋の出し入れがちょい面倒ですね。
自転車やさんで空気入れてまたレポしよう。

※追記
タイヤに空気を入れて貰っただけで快適に走るようになりました。
ギアは常に6段で重くもなく軽くもなく走れます。ちなみに母親の折り畳み自転車(1万円台)はギアはありませんので常に1段とか2段のギアで走っているような感じでめっちゃ漕いでもママチャリに余裕で抜かれて行きます。
それと、現在必須なのが防犯登録ですが防犯登録をしてくれる自転車屋を探すだけで結構面倒ですのでネットで自転車を買う場合は防犯登録も込みのところか、やはり自転車チェーンのあさひなどを受取店舗にできるところがいいでしょう。自転車の調整もしてくれますし、ライトや鍵、カゴなども買えますしね。
近所の自転車屋に行ってライトを付けてもらおうと思ったら専門店に行けと言われたりしますから(私のことです笑)
それとネットで買った自転車を防犯登録するには納品書とか保証書がないとやってくれませんのでお忘れなきよう。

※追記
本日ようやく防犯登録をすませました。これで夜間おまわりさんから職質うけないかどうかビビる必要がなくなりました。
地元の自転車屋さんは防犯登録ごときで来店するとじゃけんに扱われるのでサイクルベースあさひに行きました。
必要書類はアマゾンの納品書と同梱されていた説明書みたいなやつです。こちらの身分証明書は確認されませんでした。

先日、母親と話をしていたら昔住んでいた団地で仲がよかった姉弟の話になりました。
数年前に偶然その姉弟のお母さんとばったり会って話をしたそうです。なんでも弟さんが事故に遭って半身不随になってしまったとか。

最近交通違反の件などもあって、運転には気をつけているつもりではありますがいくら気をつけていてもヒヤっとすることはたくさんあります。
特にここは交通事故発生率4年連続ナンバーワンの県ですから、マナーが非常に悪いんですね。
車間距離を意味なく詰めて走ったり、ウィンカーを出すのが遅かったり、横断歩道にかかるように停車したり。自転車も多いので朝夕のラッシュ時は本当に気をつけなければなりません。

先日、小雨が降る夜、交差点で信号待ちをして、右折して交差点に進入しました。
私は2台目で、1台目がすんなりと通過して私もそのまま通過しようとすると横断歩道上に私から見て右方から自転車がけっこうなスピードで突っ込んでくるので慌ててブレーキを踏み事なきを得ました。
信号待ちの時にはその自転車はいませんでしたので我々が交差点に進入した後に横断しようとしたのでしょう。
確かに自転車のほうが優先なのかもしれませんが、目の前に車が走行しているのを間をすり抜けるような感じで横断するというのもいかがなものでしょうか?
もし、事故を起こせば明らかに車のほうが悪いでしょう。しかしながら、重大な事故になって後遺症などが残るような事態になったとしたらと思うと相手は気付いてないかもしれないと細心の注意を払ったほうがいいのではないかと思うわけです。
今回の場合で言えば夜で雨が降り、自転車の青年は傘をさし、無灯火で、恐らく当方から見れば交差する右側の道路から、車が交差点に進入した後から横断しようとしたという悪条件が重なっていますので紙一重で事故が起きなかっただけともいえます。勿論当方がもっと早くに自転車に気付いていればもっと余裕をもって停車できたでしょうが。
ただ、自転車や歩行者側からしても優先だからといってまったく注意を怠っていいわけではないはずです。
上記例で言えば車の運転者に気付かれにくいということを少しでも頭にいれておいてもいいと思うわけです。それは結局自分の身を守ることにもつながるのだろうと思います。
昨今、車が道を譲るのが当然だというような体でスマホを見ながら横断する人も多いですが、事故に遭った時、車の方が悪いとは言えても失ったものは戻ってきません。
飲酒運転など、全面的に相手方に非がある場合は別ですが、注意して避けられるものである場合も多いわけですから、車だから自転車だからとか、優先だとかよりもお互いに充分気をつけましょう。車を運転している人だって時には歩行者になるわけですしね。

改めて思ったのは優先とはどういうことなのでしょうか?歩行者優先とか直進優先とか言ってますし、先に進入したほうが優先だ、などという人もいますよね。
そこで調べてみますと、めっちゃややこしいです笑
これは素人が完全把握するのは無理なようです笑
逆に言えばそれほど人によって言う事が違うわけですから、こっちが優先だ!と安易に考えて強引に進むよりも、やはり譲り合いの精神で走行したほうが無難であるという、至極まっとうな意見に落ち着くのでありました笑

自転車の横断について参考になる記事がありましたので貼っておきます→横断歩道での自転車優先?について問い合わせた結果

これによりますと、自転車横断帯のない横断歩道については自転車優先ではないらしいです、が、優先じゃなくても譲ったほうが無難ですよね。だって、多分自転車乗ってる人は自分が優先だと思って突っ込んでくること必至ですからね。
裁判などになったときの過失割合などを判断する際の一つの目安とはなるでしょうが。

ホームPage 1 / 11