タグ:映画


テレビでやっていたので見ましたが、なかなか感動的な作品に仕上がっていました。
が、これはどこからどこまで事実なのか?やはり気になるところですよね。映画は映画として観ればいいですが、現場の職員さんたちを英雄にするというコンセプトであったとしても解せない点がいくつかあるのでちょっと調べてみるだけで色々見えてきますね。
まず解せないのは
そもそも最終的に2号機だか3号機だかが爆発せずに東日本が壊滅せずにすんだのは偶然でしかない
国家的、いや世界的大惨事になるかもしれない事態なのに民間人がコントロールするしかない
地上波初放送 映画『Fukushima50』の事実歪曲とミスリード 地上波初放送 映画『Fukushima50』の事実歪曲とミスリード 門田隆将の原作よりひどい事故責任スリカエ、東電批判の甘さの理由
確かに当時の政権は徹底的に悪者に描かれていますが、どうやら事実ではないことも含まれているようですね。
現場の人たちを英雄にするというのが映画のコンセプトだと思うのですが、やはり事実ではないことを描くのはよくないでしょう。
単なる立場によって見方が異なるという類のものではありません。
映画の中で首相が東電に乗り込んで撤退などあり得ないと激高して言い放つシーンがあります。私はここでよく言った、と思いましたが、映画では東電の社員が、「何言ってんだこいつ、撤退とかするわけない」みたいに言います。
東電の本店は撤退もやむなしみたいな雰囲気だったので現場の社員の声だと思いますが、この声を入れるだけで映画としては首相のこの発言を批判的に捉えていると、見ている人は知らず知らずのうちに感じますよね。
民間人が命がけで国を守ろうとしている、というふうに見るととても感動的なんですが、よくよく考えてみると変な話なわけです。
国レベルの大惨事なのにいち民間企業が対応せざるを得ない。つまり原子力規制委員会だとかたいそうな名前のついた機関がいくつもあるのに事故が起こった時の体制ができていないわけです。
原発が設置許可されるためのロジックとして面白い話があります。
原発をつくるためには当然事故が起きないようにしなければならない。そうすると、仮に事故が起きた場合の想定をすると設置許可が下りない。
だから事故は起きないという前提でつくると。
事故がおきるようなもんはつくらせないから当然できあがっているものは事故が起きない。事故が起きないから事故が起きた時の想定なんかもってのほかである。
映画の冒頭で、電源が喪失したので電源車を持ってくる場面があります、がなんと電圧が違って使い物にならないとかいう笑うに笑えない話があります。
どんなに緻密に事故を起こさないような設計をしても人間のちょっとしたミスで木っ端みじんです。
しかも半径250キロとかなったらどうでしょうか。
でも、今はどうでしょうか?みなさんのど元過ぎればなんとやらが大半でしょう。
あくまでこの映画は現場の社員さんたちを英雄にしたいという事なのでしょうが、もしかすると防げたかもしれない事故で命を危険にさらされたと考えると、そんなに安易に美談にしてもいいものでしょうか。

八つ墓村のモデルとされる津山事件と言えば有名だが、八つ墓村は完全に別物ミステリー作品になっている。
しかし、この丑三つの村はかなり忠実に事件を再現しているようだ。
以前どこかのサイトで津山事件を詳細に記した記事があったのだがそれとあまり違いがなかった(勿論フィクションもあるだろう)。
丑三つの村を一言で表すと田中美佐子の裸体が超絶美しいということである(笑)
それは置いておき、津山事件に妙に興味を持つ人が多いのは事実だろう。
とにかく津山事件を語る時夜這いは切っても切り離せない(特に男性諸氏)。
夜這いについては以前も触れたのでここではあえて触れない。
もう一つ、人を惹きつける理由の一つは、普段自分の事をバカにしていた人間を殺しまくるというカタルシスもあるだろう。
何があっても、どんな理由があっても暴力はいけないというのが常識である現代日本においてはどんな理由があるにせよ復習するとかそのうえ暴力どころか人を殺すなんて受け入れられるはずもないが。
真面目に生きているにもかかわらず鬱屈した人生を歩んでいる人は多いだろう。
反面うまいこと世の中を立ち回って生きている人間もいる。例えば本作の勇造などがあげられる。村の男たちを牛耳っており、村で夜這いをするものを男たちで取り締まっているが、実は自分も人妻に夜這いをかけているという(笑)ちなみに目をつけられたものは男たちからリンチされて殺されて吊るされるのである。

 

思うに、他人を尊重しない言動をする人間は殺されても仕方がないと個人的には思う。逆に言えばそれだけの覚悟を持って人をバカにしたり卑下したりしなければいけないということである。
まさか、自分がバカにしていた人間が仕返しをするなんて思ってもいないだろう。特にこの日本ではそうだ。何か悪さされても言い返したりやり返したりしたら逆に批判されてしまう世界である。これが面の皮の厚い輩を余計に図に乗せるのである。だから平気で人をバカにするのだ。
人は平気でバカにして自分は言葉の暴力をふるっているのに、いざ仕返しされると暴力はよくないって?そういうご都合主義の倫理観ばかりが世の中にはびこっている。

ちなみに実際の津山事件でも自分をバカにしなかった人は殺していないようである。
皆様方よ、今に見ておれでございますよ
主人公が犯行前に村を見下ろしながらつぶやく言葉である。
そして改めてこの作品を評するなら
男たちよ、おっぱいは丸見えでございますよ

深夜のテレビでやっていたので見てみました。
レビューを見ると犯行が杜撰であると書かれていますが、恐らくこれはわざとでしょう。
詐欺師が詐欺されてしまったことを気づかせる。しかも本当に愛してしまった女に騙されてしまうという哀れさを実感させるわけですね。
いずれにしろ主人公の初老の鑑定士のいけすかなさに辟易してしまい、それがこの映画の評価を全体的に下げているのかもしれません。
結末は哀れですがあまり同情しないので、それが逆に哀れですね。
犯行が杜撰とは言え、相棒だったビリーが首謀者だという証拠もなく、みんなグルのように見えますが証拠っぽいのはないんですね。
しかも、盗まれたものは不正に手に入れた絵画のみですから警察に行くわけにもいかない。
疑問だったのが相棒のビリーと組んで安くこの絵画たちを落札していたという点でそれを調べていたわけですが明確な答えなし。
多分、ビリーは絵描きなので贋作を書かせてそれをオークションに出品して値を安くさせていたのかな?

 

とは言え、潔癖症の主人公を色仕掛けで落とすためにわざわざ引きこもり(多分パニック障害)の女を演じる必要があったのかと。
しかし、この初老の鑑定士、かなり気難しい変わった男。顔の見えない依頼人に対しては最初から喧嘩腰です(笑)。しかし、この依頼人が好きになってからの行動がめっちゃ気持ち悪い。嫌らしい。下種(笑)
ある意味こういった演出がこの作品を単なるコンゲームで終わらせていない点だろうし、そこが見どころだろう。
そもそもこの主人公のどこがよくて好きになるのか観客は意味不明なのでかなり違和感があるに違いない。
そこで、引きこもりの女という設定をほどこしたのだろうか。さすれば初老の下種からしてもまさか騙されているとは思わない可能性が高い。むしろ自分が引きこもりから救ってやったんだと。
そう信じ込ませれば、あとは簡単に落とせると。なるほど。


あまりにも暇すぎたのでネットフリックスでチカーノになった日本人を見てみました。
もっとも残り10分余りを残して観るのをやめましたが。
アメリカの刑務所でどのようにして生き延び、さらにはチカーノと呼ばれるようになったのか具体的なエピソードがもっと聞けるかと期待していたのですが、前半は昔の武勇伝、そして後半は現在の活動内容だったので少し期待外れだったのが理由です。
レビューを見るとやはり、反社を美化するなというものがありますね。個人的にはそこまで美化してはいなかったと思いますが、他方そういったレビューに対して美化してはいないという意見が逆に気になりました。
以前の兄弟分や仲間と語る時、恐らく都合の悪い部分は語っていないか編集でカットされているはずです。彼らのような人種は基本的に話を誇張していう人間が多く、どこからどこまで信用していいのかは分かりません。これは嘘を言っているとかそういう事ではなく、彼らと付き合うときは細心の注意を払わなければならないという事です。

KEIさん達は半グレや今のヤクザと違った最後の任侠世代だったのではないかと思います

さて、任侠とヤクザ、或いは暴力団、反社、どのような違いがあるのか私にははっきり分かりません。
例え堅気に直接手は出さなかったとしても覚せい剤やコカインで被害を受けるのは確実です。
自分の仲間や家族を大切にするのは当たり前であり、特に彼らの世界ではそれが重要です。現に刑務所の中では一人で生きてはいけなかったでしょうね。だから仲間を大事にするのは必然でしょう。
逆に仲間以外に対してはどうでしょうか?
この作品が殊更反社会的行為を美化しているとは思いませんが、結局KEIさんを善人として捉えている点で同じではないでしょうか?
現在やっている活動は確かに称賛されることだと思います。昔の行為によって今の活動が否定されるものでもないでしょう。
ということは逆に今の活動が昔の行為を帳消しにするものでもないでしょう。
結局自分らは運が良かっただけ、という兄弟分。その言葉に集約されていると思いますが、この映画の主人公のように幸せな引退後の生活を送れる人はほとんどいないでしょう。KEIさんを称賛する人からするとこれは彼が本物だからということになりそうですが。
反社の人間とは違うとか、この人は本物だとか言っている人こそなんだか薄っぺらだと思うのは私だけではないでしょうね。
ホーミーブランドを立ち上げたりして、やっていることはアメリカのマイクを持ったギャングスタ―と大して変わらないような気がしないでもない。
日本でもすでに似たような兆候が出ていますしね。悪ければ悪いほど金になるのは洋の東西、今も昔も変わらないのかもしれません。
確かにヤクザや反社を美化してはいないかもしれませんが、若いころは好き勝手して、アメリカの刑務所で箔をつけて帰国し、今では地元の名士で若くてきれいな外人の女を嫁に貰うというストーリーに憧れる若者がいてもなんら不思議ではない。

映画の冒頭に子供たちにKEIさんの印象をきくシーンがある。
みんな異口同音に優しいという。これを聞いて、あの人はヤクザだけど普段は優しいよ、と言って騙されていった人たちを思い出す。
勿論KEIさんが騙しているというつもりは毛頭ありませんが。
この映画のレビューをみると世の中そんな人が多いのだろうとつくづく思うのであった。