タグ:実話
ホームPage 1 / 41234


あまりにも暇すぎたのでネットフリックスでチカーノになった日本人を見てみました。
もっとも残り10分余りを残して観るのをやめましたが。
アメリカの刑務所でどのようにして生き延び、さらにはチカーノと呼ばれるようになったのか具体的なエピソードがもっと聞けるかと期待していたのですが、前半は昔の武勇伝、そして後半は現在の活動内容だったので少し期待外れだったのが理由です。
レビューを見るとやはり、反社を美化するなというものがありますね。個人的にはそこまで美化してはいなかったと思いますが、他方そういったレビューに対して美化してはいないという意見が逆に気になりました。
以前の兄弟分や仲間と語る時、恐らく都合の悪い部分は語っていないか編集でカットされているはずです。彼らのような人種は基本的に話を誇張していう人間が多く、どこからどこまで信用していいのかは分かりません。これは嘘を言っているとかそういう事ではなく、彼らと付き合うときは細心の注意を払わなければならないという事です。

KEIさん達は半グレや今のヤクザと違った最後の任侠世代だったのではないかと思います

さて、任侠とヤクザ、或いは暴力団、反社、どのような違いがあるのか私にははっきり分かりません。
例え堅気に直接手は出さなかったとしても覚せい剤やコカインで被害を受けるのは確実です。
自分の仲間や家族を大切にするのは当たり前であり、特に彼らの世界ではそれが重要です。現に刑務所の中では一人で生きてはいけなかったでしょうね。だから仲間を大事にするのは必然でしょう。
逆に仲間以外に対してはどうでしょうか?
この作品が殊更反社会的行為を美化しているとは思いませんが、結局KEIさんを善人として捉えている点で同じではないでしょうか?
現在やっている活動は確かに称賛されることだと思います。昔の行為によって今の活動が否定されるものでもないでしょう。
ということは逆に今の活動が昔の行為を帳消しにするものでもないでしょう。
結局自分らは運が良かっただけ、という兄弟分。その言葉に集約されていると思いますが、この映画の主人公のように幸せな引退後の生活を送れる人はほとんどいないでしょう。KEIさんを称賛する人からするとこれは彼が本物だからということになりそうですが。
反社の人間とは違うとか、この人は本物だとか言っている人こそなんだか薄っぺらだと思うのは私だけではないでしょうね。
ホーミーブランドを立ち上げたりして、やっていることはアメリカのマイクを持ったギャングスタ―と大して変わらないような気がしないでもない。
日本でもすでに似たような兆候が出ていますしね。悪ければ悪いほど金になるのは洋の東西、今も昔も変わらないのかもしれません。
確かにヤクザや反社を美化してはいないかもしれませんが、若いころは好き勝手して、アメリカの刑務所で箔をつけて帰国し、今では地元の名士で若くてきれいな外人の女を嫁に貰うというストーリーに憧れる若者がいてもなんら不思議ではない。

映画の冒頭に子供たちにKEIさんの印象をきくシーンがある。
みんな異口同音に優しいという。これを聞いて、あの人はヤクザだけど普段は優しいよ、と言って騙されていった人たちを思い出す。
勿論KEIさんが騙しているというつもりは毛頭ありませんが。
この映画のレビューをみると世の中そんな人が多いのだろうとつくづく思うのであった。

本日、3つの取調室が放送される。これはあの埼玉愛犬家連続殺人事件を題材にしているようだ。
実録犯罪ものである。アメリカの実録犯罪ものは取り調べや法廷のシーンも録画されているので見ごたえがあるがさて本作はどうだろうか?
実はこの埼玉愛犬家連続殺人事件は以前映画にもなっている。

「冷たい熱帯魚」 監督 園子温


冷たい熱帯魚 [DVD]/Happinet(SB)(D)

この映画はあの埼玉愛犬家連続殺人事件の共犯者の手記がもとになっているらしく

映画がかなり面白くてあわせて共犯者の本も読んでみたことがありました。


以下、この埼玉愛犬家連続殺人事件の共犯者とされている人の手記を踏まえて、実際のところのこの事件はどんなものだったのかちょっと記事を書いてみようと思います。

関連の実録本は合計3冊が書籍化されているようですが、既に絶版でアマゾンではプレミアついてたりしていて買えず(そこまでして買いたくない(笑))

しかしなんと図書館においてあったのでした(笑)

悪魔を憐れむ歌/幻冬舎

この事件のこと知らない人は埼玉愛犬家連続殺人事件


ざっくり説明すると
あくどい商売をやっているペットショップ経営者が、クレームを言ってくるような(クレーム言うのは当たり前ですが)客は殺しちゃうという、なんとも単純な話のように見えますが、その殺し方とか、あるいはボディを透明にすればいいとかいって証拠隠滅を図るやり方とか、あるいはこのペットショップ経営者の生きざまなどまで含めるとなんとも興味深い事件なのです。

映画と本を読んだ感想をざっくり言うと


映画では冴えない気の弱い、人生になんの希望もないような中年のおっさんがひょんなことから事件に巻き込まれていくように描かれていますが(要するに本を書いた共犯者ですね)、

本を読んだ印象では、ちょっとした金儲けの話を聞きつけたチンピラが、想像以上のドえらいワルに翻弄され、それでも少し利用してやろうとしてたらドツボにはまっていったという感じでした。


本はどちらかというと被害者意識で書かれているようで

本にはまったく感情移入できませんでした。


尼崎や北九州の悲惨さ、陰湿さ、得体の知れない恐怖感と話を聞いたあとの欝感に比べると

この本の読後感は別な気分の悪さというものがあります。


そもそもこの共犯者は会ったばかりの胡散臭い頭の禿げた歯の抜けた親父の羽振りの良さと口車に乗せられ、月50万でその会社の役員になってしまうことから歯車が狂いはじめます。


映画では娘が万引きして、それがきっかけみたいに描かれていますが

恐らく監督の園子音氏は月50万の役員報酬に引かれる共犯者では観ている者の共感を得られないと思ったのでしょう。まったくその通りだと思う。


映画では確か翌日くらいにはいきなり目の前で人が死んでいく様を見せ付けられ、さらに今まで人のいいおじさんだった主犯役のでんでん氏の態度が豹変、共犯者役の吹越氏を罵倒します。恐怖心とパニック状態から死体遺棄を手伝う羽目になります。


本のほうでも多少違いはありますが似たような状況であれよあれよというまに死体遺棄を手伝うことになるさまが書かれていました。


お前もこうなりたくなかったら、とか家族の事とか、一通りの脅し文句はありますが、そんなに簡単に死体遺棄を手伝ったりしないだろうと誰しもが思うでしょう。

でも、実際に人が殺されている現場を目の当たりにしてるんでその脅し文句の効果は絶大ではないでしょうか?


本人(共犯者)曰く、

「俺は期待可能性という言葉を知った。

逃げようと思えば逃げれたし、警察にだって駆け込めた。でも逃げようという気は一切なかった。

あの恐怖は体験した者にしか絶対に分からない。

裁判所の安全な椅子に腰掛けて他人に勝手な期待をかけるのも結構だが、俺は知っているつもりだ。関根(主犯)に脅されたら、真っ先にあらゆる可能性を投げ出すのは、むしろそういう連中なんだ。」


確かにそうかもしれませんが、

問題はその状況を切り抜けたあとです。その場でもし命令を拒否されたらそれこそ殺されるかもしれないと思いとりあえず手伝ってなんとかその状況は切り抜ける。

しかし、結局この共犯者はそれから全部で4件だったかの死体遺棄を手伝います。

さらには警察が密かに接触してきたりしても協力しようとしない。逃げようと思えば逃げられる状態にありながらもそうしなかったのは共犯者の言う期待可能性がなかったということなのか?

常に家族が何をされるか分からないという恐怖からそうせざるを得ないということらしい。

とは言え、よくよく共犯者の置かれた状況をみてみると、尼崎や北九州の事件と違い、監禁されたり、家族が拉致されたりとかいう状況ではない。

ましてや逃げ出して連れ戻されたりということもない。

つまり一度も逃げようとさえしていない。

電話1本で呼び出され使い走りにさせられ、死体遺棄を手伝う(この間、本によると約束の役員報酬は一切ナシ)

切迫した状況でもないのに、電話1本で呼び出されて、頭の禿げた(何度もすいません(笑))親父が店の若い従業員の女とラブホにしけこむ為の運転手をしてあげる。もし約束の50万という役員報酬を貰っていなかったとしたら、期待可能性がなかったということでそういう役回りを演じていたということになるでしょう。

尼崎や北九州の事件で感じた、被害者兼共犯にさせられていった人達への感情移入が少なくともこの共犯者にはまったく湧いてこなかった。

映画のほうでは(共犯者は)若いエロい嫁と再婚はしたものの、商売もパッとせず、娘も義母に暴力ふるってたりと家庭はうまくいってない

そんな時に、商売は繁盛し、これまた若いエロい嫁をもつ人のいい、そして人生前向きに楽しんで生きている主犯に出会い

男なら誰しも感じる羨望と嫉妬、そして自分への侮蔑

さらに嫁まで、この胡散臭いおやじに寝取られるというある意味この事件の概要だけしか知らない人が描きそうな妄想が映像化されていて感情移入ができる

で実際はどうかというと

主犯の嫁は不細工らしい(笑)

共犯者は既に離婚しているが彼女はいるもよう、と多少設定は違いますが

映画のほうでは吹越演じる共犯者が最終的にブチ切れます。

実際は、この共犯者、警察から接触されたり、張り込みされても警察に逃げ込むどころか最終的には彼女と逃亡します。

確かに別れたとは言え家族がいて、家族に何されるか分からないという理由で服従してたとしても

既に警察がマークし、主犯の周辺も張り込みされてたり、更にはグルだった暴力団幹部まで殺してるもんだから暴力団からも狙われてたりします(そういう意味ではやはり怖い(笑))。

とはいえ、下手したら自分だって殺されかねない、警察にいつ行くの?今でしょ(笑)

そして最終的に逮捕されます。逮捕されてからの警察、あるいは検察とのやり取りを見てると

この共犯者やはり恐怖心からだけで服従していのではないのじゃないかと思わせます。

映画で描かれる悲しき共犯者ではなく、むしろこの状況を何とか利用してやろうとさえ思ったのではないかと。

主犯には物凄くペコペコしているように書かれていますが、唯一の証拠である(なんせボディが透明なので殺人の証拠がない)共犯者の供述証拠を得ようと警察や検察が下手に出ているのをいいことに、定年間近の担当刑事を呼び捨てにし、検事に対しては無理難題をふっかける。

確かに検事が執行猶予はつけると嘘をついて取引したのかもしれないが、それをネタにタバコ吸わせろ、コーヒーだ、自分の弁当と検事の弁当を交換させる(笑)

しまいには調書に署名する代わりに女を呼べ。

すると本当に女を別室に用意され、この検事出世の為なら何でもやるな、と嘯きながら女と宜しくやったにもかかわらず調書には署名しない(笑)。

どこまでが本当なのかは分かりませんが共犯者の人となりが見えてくる話ではあります。

出世の為に土下座までするような検事と主犯を比べたりするんですが

家族のためとは言え、死体遺棄を手伝ったことにより事件の発覚を遅れさせ、結果としてそれから3人の人が死んだ責任に対する反省の言葉や、自己嫌悪の感情は本からはまったく感じる事ができない。

この共犯者に対して感情移入が出来なかったのは、味方のように接してくれていた刑事(多分それも作戦でしょうが)の言葉に集約されているのではないか。

「お前は殺しの片棒を担いだんだ。四件も死体遺棄やって執行猶予なんかつきっこねえんだよ。

不起訴だと?笑わせるな。関根に脅されて仕方なくやりましたと言って世間が納得すると思ってんのか。

お前は何かって言うと自分の気持ちばかり言う。ふた言目には、俺、俺、俺、そればっかりじゃねえか。関根に殺された奴の気持ちはどうなる。」

主犯の嫁も共謀ってことで死刑みたいですけど、冤罪を主張しています。

死体遺棄はやったけど殺人は知らないと。

死体はは全て解体してボディは透明になってるんで証拠らしい証拠がない中

唯一の証拠であるこの共犯者の供述が証拠になって嫁は死刑らしいです。

つまり検察と共犯が取引したんじゃないかということらしいですが。

最高検の岩橋義明公判部長と埼玉愛犬家連続殺人事件

実際、取引してますが(笑)さらに死体遺棄四件で3年で出所らしいです(笑)

共犯者の供述証拠のみで有罪に出来るという刑事訴訟法の規定はやっぱりおかしいんじゃないかということを改めて思わされましたが。

そういえば伊勢谷友介氏がサイコパスではないか?みたいに言われていますが、この埼玉愛犬家連続殺人事件の主犯も完全にサイコパスでしょう。もはや怪物、化け物です。そして世の中こんな化け物が大手を振って通りを歩いている。歩いているだけではなく、むしろいい車を持ちいい家に住み、いい女を嫁に貰っているかもしれない。法に触れるようなことをやらかすサイコパスは雑魚で法に触れず世の中をうまく立ち回るサイコパスは恐らくごまんといるだろう。


また事前情報なく見てみました。
見る前のイメージ:警官にあこがれるちょっと頭の弱いダサいでぶっちょの白人が、警官になれずに世間への不満などもあいまって爆弾つくって爆発させちゃうという、ある意味よくある話
見た後の感想:これが実話だとしたらFBIも相当お粗末な組織だな。

 

マンハントの記事でも書きましたが、FBIって意外に大した事ないかもしれません。日本の東京地検特捜部と同じで、自分たちが描いたシナリオ通りに犯罪者を作り上げている面が相当ありそうだ。

 

端的なあらすじは爆弾を発見した第一発見者に容疑がかけられて、その無実を晴らすお話ということになる。
この映画のうまいところは、容疑をかけられるべくしてかけられてしまう、ダサすぎる主人公を丹念に描いている点だろう。
従って、事前情報がなくたまたま見た人は、こいつが犯人でもまったくおかしくなさそうと思ってしまうだろう。
もう一つこの映画の批評で多いのはFBIから情報をリークする為に体を使った女性記者の件である。この女性記者は実在するものの、実際に体を使って色仕掛けで情報を得たという事実は確認できないそうで、この点についてかなり批判されているのが目につく。
そもそも、これは映画なので多少の脚色は仕方ないとも思うのだが、こういうことで女性記者がそういう目で見られてしまうとか、この映画自体が容疑者を偏見ででっちあげてしまうことに対しての批判なのに当該女性記者がいつも警察とつるんでいるとかヘビースモーカーだったとかそういった情報でこういうこともあり得るんじゃないかという言わば偏見で描いてしまい矛盾している、などなど。

 

思うに、映画というものは結局見る人がどう感じるかであり、作者の意図なんかどうでもいいと言えばどうでもいい。国語のテストみたいな作者の意図当てゲームではないんだから。
人間、どうしてもイメージや偏見、色眼鏡、いろんな言い方はあれどある種のフィルターをかけて物を見るのは仕方ないことだろう。
だからこそ人を犯罪者として有罪にするためには確たる証拠が必要となる。
しかし、その確たる証拠を集める「法執行機関」の人間が違法スレスレのやり方で行っていたとしたらどうだろう。しかもそれが個人の印象がもとで始まったとしたら。
この映画では一人のFBI捜査官がリチャードジェルに持つ印象で捜査対象として決定づけられたと言っても過言ではないシーンがさらりと描かれている。

 

昨今、アメリカがやたら中国を攻撃しているが、あんたたちも大して変わらないのでは?と思う人が世界中にわんさかいそうである。

ネットフリックスの名作の一つに「殺人者への道」があるが
日本語題を殺人者はつくられるに変更した方がいい。
アメリカの場合、被疑者などの取り調べを録画するのは当然だがそれが一般にも公開されているのでこの手の犯罪実録物に良作が多い。
とは言え、録音録画されていてもなんにもならないことがこの作品をみて分かる(笑)
カルロスゴーン氏が逮捕起訴され、陰謀だと主張していたがこの作品をみるとアメリカの司法制度、及び捜査機関に比べれば全然まともだと思わされること請け合いである。

アメリカの警察にたてつくと被疑者のみならず一族郎党一生つきまとわれるようだ。
自分たちの正当性やメンツ、保身のためのみならず、自分たちが気に入らない人間を攻撃するためとしか思えないような理由で無実の人を有罪にしたてるためにその本人のみならず周りまで逮捕し刑務所送りにしてしまう。
正直言って怖い。
勿論、真実は分からない。作品作りがそのようになっていて、ブレンダンのように誘導されているのかもしれない。

いずれにせよ日本人でよかったとつくづく思える作品である。

※追記

殺意を持って丸腰の黒人を殺した白人警官 実はフロイドさんのことを以前から知っていた?

ミネアポリス市警察に18年以上勤務していた。
在職中、被告に対して18件もの苦情が提起されていたことが、ミネアポリス市警察の記録に残されている。(市警察はその内容について明らかにしていない)
その18件の苦情のうち2件が「懲戒処分」として処理済みとなっている。
幇助罪で起訴されている3人の元警官のうちの1人、タウ・タオ(Tou Thao)容疑者(写真上の右上)も、同様にこれまで6件の苦情が提起されている。

元警官の容疑者、保釈金1億円超 米黒人死亡事件
同僚たちが「彼は自分の仕事をしただけだ」と擁護しているというから、個人的な問題ではないだろう。首を押さえつける制圧の訓練も全員が受けるものだというから、「容疑者が抵抗したら殺すのも仕方ない」が共通認識なのでは。

何が怖いかって最後のコメントですよね。

ホームPage 1 / 41234