タグ:地方
ホームPage 2 / 3123

昨日久しぶりにカプセルホテルに泊まりました。高校を中退して東京に行った時以来なので何十年ぶりでしょうか。
あの時も確か夏でした。目黒のカプセルホテルだったと思います。
当時でも既に中国人の方がフロントでバイトしていましたね。懐かしくもなんともない思い出です。
一昨日もビジネスホテルに泊まりました。クーポン使ったら3700円と格安でした。例の愛想の悪いおじさんがいるホテルです。
2度と利用しないとか言っておきながら安さに釣られてまた使ってしまいました。

今回のフロントは似たような、でも別のおじさんでした。あの予約すっぽかして謝らないおじさんを少し太らせた感じです。
自転車を借りたのですが戻ってきてもおかえりなさいの一言もありません。こちらが有難うございましたと言っているにもかかわらず無言です笑
せっかく新しい部屋を借りたのに部屋に戻りたくありません。隣の花火野郎がウザイからです。なので戻る場所がありながら外で引きこもっています。考えてみると私は高校以来ずっと自分の居場所を探しているようです。
隣のサイコ花火野郎は週末になると子供が来ているようですので多分単身赴任かなにかだと思うのですが、何故平日の夜に女がいるのでしょうか?今日もまた女が来ています。廊下で花火していた時に文句言ってやりましたが性懲りもなく遊びに来ている女も相当な神経のずぶとさですね。

さて、カプセルホテルは久しぶりだったのでネットで事前に情報を集めます。
まず上段と下段どっちがいいんでしょうか?
上段のほうが足音が響かない分静かでいいという情報で上段を選んだんですが、上段は昇り降りがかなり大変です。ご高齢の方やしょっちゅう出入りする人は下段がよいでしょう。上段のほうが静かかもしれませんが大して違いないと思いますし、そこで耳栓ですよ。

今では部屋で寝る時も耳栓していますし、ネカフェでヘッドフォンしている時も耳栓です。
外界とシャットダウンです。無意味に音を出す人が多くて辟易しているので耳栓は友達です。

耳栓にも種類があって高い音に強いとか低い音とか、人の声は聞こえるけど物音系はあまり聞こえないとか用途や目的に応じて色々あります。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
こういうやつだと8種類も入っているので色々試せます。

今回利用したカプセルホテルは佐賀駅前にあるカプセルホテルです↓

多分佐賀市内で純粋なカプセルホテルってここくらいじゃないでしょうか?若いころサウナでバイトしてたことがあったんですがその頃もあんまり利用者多くなかったんで需要自体あまりないのでしょうね。
お酒飲んで泊まっていくくらいなら代行とかタクシーで帰ったほうが早いって感じでしょうか。
車通勤が多いですが遠方から通勤している人が少ないんでしょう。都会の人からすると信じられないかもしれませんが通勤時間が長くかかりそうだと分かると就職面接とかで不利なんですよね。通勤時45分とか履歴書で書いたら速攻落とされるレベルでしょう。

当日昼過ぎにあと5室とかサイトに書いてあって慌てて予約しましたが、カプセルのほうはかなり空きがありましたね。ロビーにかなりたむろってエレベーターも混んでいたので多いのかなと思いましたが通常のビジネスホテルも何室かあるようでそのお客さんのようでした。

1階がフロントで3階がカプセルで2階が大浴場になっているのですがエレベーター2基でしかも狭いので結構行き来が面倒ですね。せめて2階と3階だけでも階段で行き来ができると有難いのですが。
それと夜中腹が減り過ぎて2階にあるハンバーガーやおにぎりの自販機でハンバーガーを買いましたがポテトが解凍されていなくて、しかも370円もしたのでコンビニでなんか買っときましょう。

カプセルホテルの場合ロッカーにタオルやガウンなんかが常備されているわけですが館内を歩きまわるには短パンなんか持って行くとラクでいいと思いますよ。痩せこけたおっさんがガウンでうろちょろしてるとみすぼらしいですよね。中にはアロハ系のガウン使ってるサウナとかありますけどセンス悪すぎです。

wifiもつながりますけどカプセルの中だと電波が弱かったですね。それとカプセルの内部ってロールカーテンみたいなの閉めると結構暑いですね。ロールカーテンみたいなやつ少し開けて閉められるような感じに改善して下さい。

風呂が朝10時まで入れるのはいいですね。こまめに館内を従業員の方が片づけて回っておられるようでかなり奇麗でした。

そう言えば駐車場ですが近くに専用の駐車場があるようでここを利用して駐車券を持って行けば無料になるようです。私は使いませんでしたが。

また朝食が無料みたいですね。私は使いませんでしたが。朝食食べる場所は同じ建物の一階にあるお店のようです。

これで宿泊料3000円は高いのか安いのか微妙ですが、カプセルホテルは佐賀市内でここか、大和町にある健康ランドみたいなとこしかありません。
大和町までは車で行くしかないのでやはりここくらいしか選択肢はないです。
選択肢がないとなると料金設定に強気になれるでしょう。これが田舎のデメリットの一つでもあります。必ずしも田舎のほうが物価が安いとは言えません。

夜はカプセル、昼間はネカフェ、たまに部屋に帰るくらいならいっそのこと部屋退去したほうがいいのでは?と引っ越して1カ月もたたないうちに思っています笑

私の居場所はもう日本にはないのかもしれません・・・

今回ギリギリまで部屋を借りなかった理由として、部屋を借りずに各地を転々とする、いわゆるノマドしようかと思っていたことがあります。ただ、その際一番ネックになるのが家財道具ですね。実家などがあれば荷物を預けておけば問題ないですが実家なんかないですし、母親の部屋は1Kで既に満杯状態です。
そこで考えたのがトランクルームです。トランクルームに家財道具一式預けておけばもうフリーダム。考えただけでも清々しいです笑
さて、ここは何度も言いますが超A級のド田舎ですからトランクルームなんてオサレな代物あるんでしょうか?と心配も杞憂に終わり結構ありました。
ただ、トランクルームも面白い形態、サービスがあって面白かったのでちょっとまとめてみたいと思います。

トランクルーム大手3社

まず、大手3社

ハローストレージ
 店舗数1000以上で最大手ではないでしょうか。

キュラーズ
 店舗数は50程度とそう多くはありませんが大半が都内にあるようです。ユニット数が3万以上ですから都内の方は使い勝手がいいのかもしれません。

ライゼボックス 関東圏と関西圏にしか店舗がありませんが500近い店舗があります。

結局のところ自分の住んでいる所から近い店舗の中から選ばざるを得なくなりますよね。それにソファーとか大物の家具類だと一人で搬出搬入も難しいです。車を持ってない人だっているでしょう。そんな時は家にいながらにしてトランクルームに配送してしまうサービスはどうでしょうか。
私もトランクルームを使うにしても一人で搬出搬入が大変で時間がかかりそうだったのでそういったサービスを利用しようかと考えました。

搬出搬入をやってもらえるトランクルーム

まず、ヤマト運輸がやっているこのサービス→指示するだけでトランクルームから荷物を配送できる宅トラ
あの単身パックのようなボックスで集荷してもらう感じで楽ちんですが、最初の引きとり料が結構かかるようです。ミニタイプでも19000円なので単身パックで運んで貰ったほうがずいぶん安くなります。勿論配送場所などの兼ね合いもあるので一概には言えませんし、月額が5000円以下というのは結構リーズナブルかもしれません。
ただ、預けた荷物の保管状況を見たり、必要なものだけ取りに行ったりということが出来ないのがデメリットでしょう。

家にいながら発送してしまうトランクルーム

同じようなサービスを展開しているところではe-boxという会社があります。こちらだと初回集荷無料キャンペーンなども行っていて段ボールに詰められるような類の物はこちらのほうが結果安上がりになるかもしれません。
ハローストレージ
も東京など限定ですが運搬サービスを提供しています。

面白いところではTポイントが貯まるトランクルーム U-SPACE

私の住んでいるような田舎にまで展開している 押入れ産業
   

先日、佐賀市のひろ歯科クリニックという歯医者に行ったら予約が入っていないと言われました。受付の人が鳩が豆鉄砲くらったような顔してちょっとうけました。
その2日前に治療をしてもらってその日に予約カードみたいなものもきちんともらったんですけどね、入ってないならいいですと言ってすぐ帰りました。もうこんな事は慣れっこなので怒ったりしません。悟りの境地です笑
子供のころから歯医者とか病院でこういうことがよくありました。受付票みたいなのに記入して1時間も2時間も待っているのに呼ばれないから、再度受付票みたら昨日の欄に書いてて我ながら笑うに笑えませんけど、受付の人は書いてるとこ見てますしね笑
骨折して整形外科行ったら昼の休憩なんで後1時間待って下さいって放置されたり笑
症状とか聞いて、ベッド貸してくれたりしても良さそうですけどね、ええ、怒る気力もありませんよ。
6年前行った佐賀市の駒井歯科という歯医者さんは勝手に別の歯削り出すし、詰め物の噛み合わせが悪いと言うと少し大きめの方が調整しやすいとかなんとか言ってそれからかみ合わせが原因で詰め物が外れること3回笑
それが原因で今回も歯医者に通うはめになったわけですが・・・
そんな中、海外旅行保険は必要かどうか日本と海外の医療費を調べていて面白いサイトを見つけました。
日本の医療と海外の医療を主に医療費という観点から分析されています。日本の医療費は高い、或いはアメリカはもっと高くてめちゃくちゃだという先入観、あると思います。果たしてそうなのか?深く突っ込んで考えるとまた違った景色が見えてきます。
ただ、以下のサイトは恐らく日本の医療費は言うほど高くないのでもうちょっと上げたほうがいいという観点から書かれているような気がしますが、個人的には日本の医療は無駄が多いのでは?と思っています笑

日本の医療を正しく理解してもらうために
以下、要約抜粋してみます

『国民一人当りの医療費ではなく,患者一人当りの医療費として計算すると,日本は世界ダントツの最下位
国民一人が医療機関を一年間に何回受診するかというと,日本は21回です.いっぽう欧米人は日本の4分の1
一回受診当たりの総医療費が日本では7000円ですが,アメリカでは6万2000円,スウェーデンでは8万9000円

日本の医療は「患者さんが多く,医師が少ない」ので,外来での診察は待たされ,診察時間も短いのです.欧米の医師が外来で診察する患者さんは一日10人程度です.欧米では時間を十分にかけて診察するので,患者さんの満足度はむしろ日本より高くなっています.

アメリカは入院期間が7.8日に対し,日本は33.5日と長い
欧米では病院を支援する福祉施設が整っているのに,日本は福祉施設が少なすぎる
患者さんの帰る場所がない,引き受け先がないので,社会的入院になってしまう
いっぽう欧米では医療費が高すぎて入院できない
日本では急性期病院に長期入院している患者さんの自己負担は月8万円前後ですが,慢性期病院や老人施設に入所すれば自己負担は20万円以上
短期入院患者の一日当たりの入院料金が16610円と高く,長期入院患者の入院料金が一日当たり9850円と安く設定されている.長期入院患者さんの入院料金では,病院は赤字

ほぼ同じベッド数であるボストンのセントエリザベス病院と日本の国立病院の職員数を比べると,職員数に10倍の差があります
ベッド100床当りの医師数は,アメリカは71.6人,日本は12.5人で,看護師数はアメリカ221人,日本43.5人

北海道・東北地方では医師の配置基準を満たしていない病院は48%,全国では25%

言葉は悪いのですが,患者一人当りの医療単価は極端に安いのです

外国人の医師に「一日何人の患者を診ているのか」と聞くと10人ぐらいと答えます.日本の医師は50人から60人の患者をみていると言うと「オー,クレージー」という

医師の技術料はアメリカの2割程度です.人間の生命は地球より重いといいながら,それを守るための医師の技術料がこの程度』

引用終わり

どうでしょうか?アメリカの医療費がなぜ高いのかその理由の一旦が垣間見えますね。その分患者一人当たりの医療は手厚くなっていることがうかがえます。ではなぜ職員数に10倍もの開きがあるのかと言えば、これはまた別に考察する必要がありそうですが国民皆保険であるかないかの違いがそうなってくるようですね。医療の世界も資本主義、という感じでしょうか。

『 国民は医療に対してどのように考えているのでしょうか.日本は医療の値段が高く,内容は世界最低だと思っています.しかし本当は「日本の医療は値段が安く,内容は世界最高レベル」なのです.このように国民は日本の医療をまったく逆にとらえています.』

と記されていますが、これには少々疑問があります。
医療は技術だけでなく、それこそ受付の対応など総合的に見るべきだと思います。そう思いませんか?笑
受付はまだいいとして、患者一人当たりの診療時間が極端に短い、などと書かれているように果たして日本の医療が患者に寄り添った医療をやっているのかは議論の余地があり、そういった観点からすれば必ずしも日本の医療が世界最高などとは言えないでしょう。
世界最高の医療を提供していながら、移植するのにアメリカで行ったりする例が多いのはなぜでしょうか?
質の高い医療を安く提供しているのは事実だとは思いますが。

このサイトには盲腸手術費用の国際比較などものっていまして、日本では40万円弱なのにニューヨークだと240万円近くかかるんですね。中国あたりでも日本より高かったりします。
従って海外旅行保険に入っておくにこしたことはないわけです。日本の国民健康保険であっても海外療養費なる名目で医療費が賄われるそうですが、この医療費の基準は日本なわけです。つまりニューヨークで盲腸手術受けたら200万は自腹ですね。保険なかったらホントに死にそうですけど薬でなんとかしてもらって速攻日本に帰りましょう笑
盲腸ならなんとかなりそうですけど脳卒中とかなった日にはもう目も当てられません。一説によると1000万とか1500万とか請求される場合もあるとか・・・
ということはつまりですね、巷でよくあるクレジットカード付帯の旅行保険でも賄いきれないということになるわけで、やはり海外旅行保険はつけておくにこしたことはないですね。
損保ジャパンの海外旅行保険をネットから申し込むと2000円弱から入れますし。例えば死亡保険とか外したり、クレジットカードの保険に上乗せするような形のオーダーメードにするとかなり安く入れますので海外に逃亡する際には入っておこうと思います。





アメリカの医療制度について

今日は散歩がてら近所のコンビニに朝ご飯と昼ご飯を買いに行きました。ちなみに昨日はインスタントラーメン2個、卵2個しか食ってません。
めっちゃおなかへって目が覚めます笑
ご飯食べないとほんとに力がでませんよね。また、話がそれました、元に戻します。

近所のコンビニ、とは言っても歩くと約10分、大体8分くらいかかります。1分で歩ける距離80メートルというどこかの業界の基準に従えば700メートル前後でしょうか。微妙な距離ですね。
東京あたりで駅から徒歩8分の物件だといい感じでしょうか?15分くらいだとちょっと遠いですよね?そうでもないですかね。
生粋の田舎もんの方にとってはどうでもいい距離かもしれません。
だって、車で行きますからね笑
車があるのに車で行かずに歩いて行ってたら多分キレられます笑
お前バカかと笑
一家に一台車があるのは当たり前で、いや、社会人だったら一人一台は常識でしょう。車ないと仕事行けない場合が多いですしね。車は生活必需品なんですよ。
昨今、若者の車離れが深刻、とか言われて久しいですがどこの都会ですか笑

東京は物価が高いとかよく言いますけど、確かに家賃なんかは高いですよね。でも、安い物件もあるにはありますよね。その気になれば風呂なしトイレ共同とかで2万とか。あくまでその気になればですけど笑
シェアハウスみたいなのもいっぱいありますけど、佐賀みたいなスーパーA級の田舎でシェアハウスとか見たことありません笑
食事だって、めっちゃ高いのから安いとこもありますし、要は選択肢が多い。
でも、田舎って選択するものがそもそも限られています。
車は維持費がかかりますから車なしで生活しようと思っても、バス代なんか東京などと違って料金加算されていきますから思ったほど節約になりませんし、本数も少ない。電車なんか日常の足として使っているのは学生さんなどの通学とか通勤くらいでしょう。佐賀市内なんか県庁所在地なのに駅の数何個だと思います?4つくらいですよ笑
駅自体が少ないから佐賀市内の人がちょっと買い物で電車使うとかありえませんし。だから必然的に自転車移動になって、一昔前までよそから佐賀に来た人が佐賀の朝の風景見て中国みたいって言うわけです笑
もう、笑うしかないんですよ笑
車があるのはまだマシで、中には車の運転ができない人や高齢者の方もいますよね。中心部に住んでいればそれでもまだ交通の便がいいかもしれませんがいかんせん中心部はどこの地方でもご存知の通り完全に空洞化しています。商店街なんかまったく機能していません。人自体歩いていないんですよ。
田舎のほうが暮らしやすいとは一概に言えないんじゃないだろうか?
と、東京に住んだことのない弱小ブロガーは思うのでした笑

ホームPage 2 / 3123