タグ:マイナンバーカード
ホームPage 1 / 11

会社の印鑑証明書が必要になったのでどうせならオンライン申請してみようとしていたところできませんでした。
マイナンバーカードでは電子署名ができなかったわけですがこの結論に至るまで丸一日を費やすという・・・笑

混乱のもとになったのが、印鑑証明書と一緒に履歴事項全部証明書も申請したんですが、印鑑証明書は却下され履歴事項全部証明書は通っていたんですね。その却下の理由に申請情報の不備とあったのが混乱のもとでした。
また、ご丁寧に法務局から委託されたしがない下請けの窓口の方が電話をかけてきてくれたのですが、これがさらに混乱に拍車をかけました。
申請の仕方などはまったく知らないにもかかわらずマニュアルにあるからなのか、申請先を東京法務局にして登記官をどうのこうの言い始めますが、そもそも登記官を入力したりするところはありません。
印鑑証明は重要なものですから厳格になっているんですよ、と、重要だと窓口が東京になる理屈はよくわかりませんが笑

そもそもオンライン申請のやり方自体を知らないので詳しくは職員さんに聞いて下さいと言いはじめ、だったらなぜ電話してきたんだと、(結果的には嘘教えているわけですし)、分からないなら分からないで自分たちが職員さんに聞いてから説明する気はさらさらないようです。

また、面白いのはマイナンバーカードを使ってシステム上では電子署名が付与されて受付完了されている点です。しかも3回も笑
ただ、実際にオンラインでの印鑑証明が普通に行われているという事でしたからどこかやり方が間違っているのだろうと思い調べてみましたが、調べれど調べれど分からずじまい。
そこで、法務局の下請け業者の方から言われたように請求先の法務局を東京法務局にして印鑑証明書のみを請求しましたところ、

つまり

こういうことだったわけです。
確かに印鑑証明書って原則印鑑カードが必要ですしその趣旨からすると個人の電子署名ではその意味をなさないですよね。

結論、マニュアルは最初に読もう・・・笑
マイナンバーカードに八つ当たりしてすいません。

マイナンバーカードを作ると余計めんどくさいとか、マイナンバーとか意味ナッシングとか言ってきましたが、ではなぜマイナンバーカードをわざわざ作ったのかと言えば、電子証明書の取得と身分証明書がわりになる点です。
電子証明書については割愛しますが、身分証明書がわりになるのは結構利点が大きいです。

ほとんどの人が運転免許証や健康保険証を身分証明書として使っていると思いますが、運転免許証を持っていない方にとってはマイナンバーカードの存在価値は大きいでしょう。
また、銀行口座や証券会社などに口座を作る場合などは顔写真つきの身分証明書が求められたりしますが、健康保険証などで顔写真がついてない場合は別途住民票を要求されたりする場合もあります。
こんな時に顔写真付きのマイナンバーカードはカード1点で済みますから重宝します。

また、これに関連して、引っ越しするとその都度住所変更をしなきゃいけませんよね。
私のように短期間で何度も引っ越す人間にとっては住所変更に市役所に行ってマイナンバーカードを書き換えると、運転免許証の住所書き換えをしなくてもマイナンバーカードさえあれば様々な手続きが可能となりますので非常に有難い存在になります。

ただ、意外というかある意味当然かもしれませんがマイナンバーカードの現物を見たことがない人が多いようですし、ネットで住所変更などする場合も住基カードは利用可能書類にあってもマイナンバーカードはなかったりすることもあります。
マイナンバーカードはこんなやつです。転居すると券面に転居した住所が継ぎ足しされていくようです。

そういう場合でも問答無用でマイナンバーカードをアップするとあっさり審査完了になったりはしますが。

また、これは記事にしましたがコンビニで住民票や印鑑証明書がとれるというのも、実際使ってみるととても助かります。手数料も50円くらい安いですしね。

マイナンバーカードを作っておいて初めてよかったと思った件

マイナンバーカードが意味がないどころか余計めんどくさい件

自分で会社を作ろうと思って色々と書類を作っていました。
資本金を大きく見せるために借金をしているので資本金を払い込んだら速攻引き出して返済しようと思っていたので月曜日には口座に払い込みコピーをとって火曜には登記を申請しようと目論んでいました。

この資本金の払い込みというのは定款作成日よりも後にしなければいけないというのが決まりのようです。とりあえず電子定款は作りました。
が、ここではたと気づきました。
定款などに記載する社員の住所は印鑑証明書と同一の記載にする必要があるとのことです。
ご存知の方もいるかもしれませんが、住所の表記は通常使っている住所と印鑑証明、住民票での表記などと違う場合があります。
よくあるのが住民票上の表記はマンション名が部屋の号室より後にくる場合です。
○○丁目○○番地103号室エスポワールとかです。
ややこしいのは免許証などにのっける場合は申告するとマンション名を号室より先にしてもらえたりします。
免許証を提示して本人確認はいいですが、登録する住所は住民票上の表記にしてくれとか言われる場合もあり、初めっから住民票上の表記に統一しておいたほうがいい場合もありますね。
いずれにしても登記する場合は印鑑証明書の住所と同一にしなければいけないので印鑑証明書で確認する必要がありますが、すでに電子定款はCDに記録済みです。もし間違っていたら作り直しでめんどくさいし、時間かかります。借金もあるので少しでも早く登記を申請したいですし(定款を作り直すとまた資本金を払い込みなおす必要が生じます)、さらに困ったことに新しく購入したPCにはDVDドライブがついてません。アダプタがいかれた前のパソコンはDVDドライブがついていますが、互換性のあるアダプタを購入してもバッテリー自体を買い換えても充電できなくなってしまいました。残りのバッテリー残量が10分台に突入。月曜には放電して起動できなくなるおそれが・・・
下手をするとまた新しいPCを手配する必要がありますので早急に印鑑証明書を手に入れなければいけません。
印鑑登録のカードはありますが、印鑑証明の自動交付機で手に入れようと思いましたが遠い。そもそも自動交付機は廃止されたもよう。
やはり月曜日に市役所の窓口まで行かなければいけないのか・・

と、そこで今までまったく役に立つことのなかった、いや余計にめんどくさかったマイナンバーカードの出番であります。近くのコンビニに行って印鑑証明書を簡単に取得できました。

持ってて良かったマイナンバーカード。窓口で交付してもらうより50円もお得です。待つ必要もないですしね。

ホームPage 1 / 11