タグ:ブラック
ホームPage 1 / 212

遂にCICの異動情報が消えました。いわゆるブラックリストではなくなったわけです。
早速、クレジットカードを作ろうと緊張しながらエポスカードに申し込んだところ数分でカードの発送準備に入ったとメールがきていました。
はやっ!!これは審査合格と言う事なのか?そうなんか?
ネットの情報を総合すると合格のようです。なぜ合格と言わんのだ。紛らわしい事この上ない。そういやアメックスも同じように合格などという言葉は一切使われていなかったからこれが業界ではデフォなのだろう。
多分信用情報のみで合否を決めているのだろう。信用情報に記録されている情報と違いがなく、異動がない、及び他社借り入れが多くないのは勿論だが、PマークやAマークが多くなければ在籍確認などないと思われる。
ちなみに自営業で申告したが何の確認もないので言いたい放題では?
身分証明書は運転免許証の番号のみで可。マイナンバーカードがここでも役に立たなかった。
しかし、最近はネット上で口座振替の設定もできるようになっているのは便利である。まったく書類のやり取りなく手続き完了とは時代は変わった。
印鑑とはなんだったのか・・・

いずれにしろ、これで普通のクレカが持てるようになった(ブラック御用達のアメックスとアコマスはすでに持ってますが)。
まるで一人前の人間になった気分である。
これからポイントサイトでポイント還元の高いクレカに申し込みしまくってやる(多重申込にご注意あそばせ)

CICやJICCの個人の信用情報に異動の記録があることを一般的にブラックリストと言います。
当サイトでも何度も触れていますが私は信用情報に異動記録のあるブラックリストです。
異動記録の消える喪明けまで後1年ちょっと。長く苦しい戦いの日々が今も続いていますが。
異動記録、それは一旦記録されると最低でも5年間消える事はありません。
つまり、延滞を解消してもそこから5年間クレジットカードは作れません。
異動記録がなくてもAマークやPマークなどの支払い遅れの記載が多数ついている場合はブラック同様クレジットカードなどはほぼほぼ作れないでしょう。
もしかして、スマホを分割で購入し、たまに支払い遅れがありませんか?
そんなことをやっていると今後クレカを作ったり、各種ローンを組んだりするときにかなり厳しくなるので要注意です。
スマホの分割購入の支払いが終わってから5年間その支払い遅れの記録は残ります。
信用情報って契約終了前の2年間の記録が記載されていますのでお忘れなく。

さて、こんなブラックリストは日本の金融会社の審査基準では例え現在年収1億円でも異動記録があれば速攻で審査落ちでしょう。それが日本の社会というもの。
例えブラックじゃなくても会社員じゃなくなるだけで審査が通らなくなったりする。
なんでもかんでも杓子定規に判断するのが日本という社会なのかもしれません。

でも、安心して下さい。異動記録のあるブラックでも審査に通るクレジットカードはあります。
なんせ、この異動記録が燦然と輝く正真正銘のブラックリストである私が審査に通ったのですから。

在籍確認もなく、収入証明書も不要で審査に通過したのが→これ

ただ、異動がある場合は滞納は解消しておきましょう。少なくとも現在進行形で延滞があるようだとやはり審査は通りません。

Z.com Office 365 というマイクソロフトのオフィスをクラウドで使えるサービスがあります。
このサービス、マイクロソフトで直で契約するよりも若干安くなるので一度登録したのですが、結局一度も使わずにマイクロソフトと直で契約して使っています。

で、解約したと思ってましたが毎月請求がきます。

[ご利用料金につきまして]

本日現在でご入金確認がとれていないご利用料金は以下のとおり
でございます。

 2018年1月度ご請求:972円(税込)
 2018年2月度ご請求:972円(税込)
 2018年3月度ご請求:972円(税込)
 2018年4月度ご請求:972円(税込)

クレジットカードで登録していなかったので別にいいやと思い、放置。
アカウントにログインしようにもパスワードが分からず再発行もできず。
今月もまた請求メールがきていたのでさすがに連絡してみました。これって解約しないと永久に請求がかかり続けるってお話ですよね。アダルトサイトでも未納だったら料金未納で自動で退会になりますが。
するとやはり解約した記録がないということで(解約するにはカスタマーに連絡しないといけないシステムだったようです)、しかも案の定未納料金を払わないと解約手続きができないそうです。

パスワードが再発行できたのでアカウントに入ることができたのですが、どうやら個人情報を一切登録していなかったようで(メルアドだけで登録可能なもよう)請求がメールにしかこないわけで、これって逆にそれでいいんでしょうか?

このまま放置していても個人が特定されてないんでいいや・・・とはいかないようで、ZcomってGMOグループなんですね。しかもお名前ドットコムと連携しているんですよね。
慌ててお名前ドットコムの登録アドレス確認しちゃいましたよ。ええ、おんなじアドレスで登録してました・・・笑
連携自体はユーザーがやらないと連携されないようなんですが、GMOさんがその気になれば・・・
ってことで使ってもいないサービス料金を4千円ほど支払って解約するしかなさそうですね。

あぁ・・・

サービスに登録するときは個人情報の利用約款をよく見てからのほうがいいかもしれない

追記
結局そのまま放置していたら本日10月20日にニッテレ債権回収株式会社からハガキがきていました。
請求金額は4860円となっているので5か月分の請求のようです。まったく使っていないのに5か月分も請求されるとは・・・
ただ、5か月分しか請求されてないという事は一応退会扱いになっているようですね。料金払わないと解約できないってそもそもアリなんですかね?
というか、個人情報登録してないと思ったのですが、登録していたか、もしくはお名前どっとこむで登録していた情報が利用されているのかもしれません。
気になってみてGMOグループの個人情報の第三者提供をみてみるとめっちゃ多くてびっくりです 笑
ちなみにGMOとくとくBBではクレディセゾンにも提供していますね。同じ通信会社と共同利用するのは分かりますけどhttps://www.gmo.jp/csr/governance/privacy-policy/pdf/55_3rd.pdf

個人情報とは言ってもその内容は色々あるわけですが、個人情報を第三者に利用されたくないとしても結局のところ我々消費者が拒否すればサービスは受けられなくなります。ありとあらゆる会社がこのように個人情報を様々なサービスに利用しようと手ぐすね引いて待っている現代社会においては拒否するという選択肢は事実上ないのかもしれませんね。

※追記
ハガキは送ってくるのになんで電話かけてこないんだろうと思ったら携帯のショートメールが数日後にきました。
まるでゆとり世代のような仕事のやり方ですね。ハガキ送って何割か回収できればよし、というスタンスなのかもしれません。
特殊詐欺と思考が似ています 笑
払おうかと思いましたが、よくよく考えると当のZ.com Officeの契約がどうなっているのか分かりません。
債権譲渡ではなく回収を代行しているだけでしょうから債権譲渡通知は必要ないとは言え、昨今振り込め詐欺などの特殊詐欺が横行していますから、債権回収の効率をあげるためにはいきなり振込ハガキを郵送するのではなく、回収を依頼している依頼元から然るべき連絡報告をしていたほうがスムーズに事が運ぶと思うのですが。

というか使ってないんですけどね 笑

※追記10月30日

0120545808からの着信はニッテレ債権回収

先ほど、0120545808という番号から携帯に電話がかかってきました。
どうやらニッテレ債権回収株式会社のコールセンター(カスタマー)のようですね。
基本的に携帯に知らない番号から着信があったらでないですが、次回は出てみましょうかね。

※追記11月12日
本日はニッテレ債権回収から封書で払い込み用紙が届いていました。
もう少し様子を見てみます。

さっき携帯に0669104141から着信がありました。
知らない電話番号からの着信の場合はすぐネットで検索する人も多いと思いますがこれはアコムからの電話です。
私は何を隠そう、ブラックでもクレジットカードを発行して頂けるアコムの利用者です。
登録していなかったので検索してみると、「0669104141からの電話は無視してはいけません」とか「無視すると裁判沙汰になる」とか怖い事が書いてあります。
アコムの利用者からするとこれは電話に出ないとヤバいと、速攻かけ直した方もいるかもしれませんが、基本的に電話無視しただけで裁判沙汰になろうはずがありません。
また、記事を読んでみると分かりますが単にキャッチーな表題を持ってきているだけで内容的には憶測だらけでアクセス増を狙っているだけのアフィリエイトサイトなんですね。
勿論、返済を滞納していれば電話はかかってくるでしょうし、何かの確認の電話ということもあるとは思いますが。
ただ、留守電に伝言を残さないパターンは増枠の勧誘などのテレマがほとんどでしょう。
実際私もあまりにしつこかったので(念のため支払い遅れなどがないか確認した上で)電話に出てみたら増枠のお誘いでした。
私もそうですが、収入証明書の提出をしていないので収入証明書提出のお願いがずっとマイページに表示されていたのでその件かと思って電話にでましたが違ったようです。

自分で実際経験したことがないことをあたかも経験したように書いたりするサイトや確認していないのにまるで確定した事実かのように断定して書いてあるサイトもあります。
読んでいる側からすると、~のようだ、~らしい、等と書かれてあるより断定して書いてある方が信用性が増すのかもしれません。

ただ、最近はフェイクニュースなども多いですし、少なくともいろんなサイトを見比べて真偽のほどを確かめるようにしたいものです。

なんだかんだ言ってこのサイトもアフィリエイトサイトってオチですが  笑

ホームPage 1 / 212