タグ:デビットカード
ホームPage 1 / 41234

年も押し迫った昨日、wifi子機とハードディスクを買いにエディオンに行く。
意外にレジ待ちのお客さんもおらずすぐに支払いへ。
レジに貼ってある決済方法の掲示を見るとメルペイが使える。現在メルペイスマート払いを利用すると2000ポイントもくれるのである。
これは使わない手はない(というか事前にエディオンではメルペイが使えると調査済み)。
おそるおそるメルペイ使えますか?と店員さんに申し出ると使えますとのこと(聞かなくても分かるが(笑))日本人的には使えますか?というのは使いたいということであり、そこは単一民族日本人察してくれるものである。
スマホにコードを表示して店員さんに見せるとものの1秒程度決済完了。
は、はやい・・・これがコード決済の実力か・・

とはいえ、やはりお店というか使っている端末などによって決済時間は著しく違いますが。(楽天ペイは結構遅かったぞ)

さて、グーグルペイがなぜ使えなかったのかその理由が分かるまで何日も要したおじさんの私がこれまでにスマホ決済について得た知識を全てお見せしましょう(単なる備忘録ですが(笑))。

スマホ決済はコード決済とFeliCa決済の2種類

コード決済はQRコードとバーコードの2種類がある。
FeliCaはiDやQUICPay、suicaなど。非接触決済であるNFCの一種で日本独自規格の為Felicaのみ搭載端末は海外では基本的に利用できない。

決済方法

QRコード決済はスマホにQRコードを表示してお店にスキャンして貰う方法とお店に掲示してあるQRコードを自分のスマホで読み込み金額を入力する2つの方式がある。大手チェーン店などではお店にスキャンして貰う方式が大半であるが、中小小売店などではこちらが読み取る方式もある。
FeliCaはスマホをお店の端末にかざして支払いを行うがandroidは電源offでも構わないがiPhoneは電源が入っていないと支払いできない場合がある(端末によって違う)

FeliCa決済は使えない端末がある

FeliCa決済が利用できる条件はandroidではFeliCaが搭載されており、おサイフケータイが使える端末であることが必要。
iPhoneはiPhone7以降であることが必要。

iDやQUICPayはFeliCa搭載端末でも使えない場合がある

iDは基本的にauの端末では使えないが、グーグルペイ或いはアップルペイを導入すれば使える場合がある(クレジットカードによる)。
QUICPayもクレジットカードによる。
つまり、iDやQUICPayをスマホで使う場合はクレジットカードに紐づけて考える必要がある。

グーグルペイやPayPayの違い

グーグルペイ及びアップルペイはandroid、iPhoneに各クレジットカード及び電子マネーを登録することによってFeliCa決済を使えるようにしたアプリの事。
決済自体はiD,QUICPay,Suicaなどのネットワークを通じて行うため、レジで支払う時はグーグルペイとは言わずQUICPayで支払います、などと言う必要がある。
例えばVISAのデビットカードを使う場合もデビットカードと言わずクレジットで、などと言うのと同じである。
そもそも、グーグルペイにしろアップルペイにしろ複数のクレジットカードや電子マネーが登録できるが個別のカード種類などを指定しても通じない。例えばVISAでと言ったらクレジットカード決済だと思われてそのような端末操作を行われてしまう。

この点PayPayや楽天ペイなどのいわゆるコード決済の場合はそのまま楽天ペイで支払うと言えばよい。
しかし、例えばメルペイではiDが使えるのでiDで支払いたい場合はiDで支払うと指定する必要がある。

レジの店員さんは各決済方法を指定して端末を操作している

レジでは現金、クレジットカード、iD、QUICPay、Suica、PayPayなどなど各決済方法を指定して処理するようになっています。
従って端末上にないものは当然対応できません。最近は決済種類が物凄く多くなっていますが、その選択項目には前述のようにグーグルペイやアップルペイはありません。しかし、いわゆるコード決済であるPayPayなどはそのまま表示されています。要するにグーグルペイやアップルペイは各決済方法に乗っかっているわけです。

おじさん用スマホ決済ざっくりまとめ

メルペイのように稀にiDが使える場合もあったりと、スマホ決済は細かい点を言い出すとかなり複雑怪奇になってきて非常に分かりにくいですがざっくりまとめます。

グーグルペイやアップルペイはiDやQUICPay或いはSuiCaなどをスマホで使うためのものである。
グーグルペイやアップルペイを使うとはiDやQUICPay、或いはSuiCaなどを使うと同義である。
FeliCa非搭載端末ではグーグルペイやアップルペイはダウンロードできても宝の持ち腐れである。

持っているクレカをグーグルペイかアップルペイで使う場合はFeliCa搭載であることが最低限必要。
また、そのクレカがiDかQUICPayどちらかに紐づけられる。現在、グーグルペイでiDとして登録できるカードが少ないので(三井住友カードとライフカードのみ)、他のカードでiDを使いたい場合はiDアプリを使ったほうがよい。しかし、au端末ではこのiDアプリが事実上使えない。
アップルペイはiDに登録できるカード数が格段に多い。

FeliCaがついていない端末の場合はクレジットカードでチャージできるようなコード決済できるブランドを利用する。
とは言え、結局登録できるカード出来ないカードがあったりしてやはり分かりにくい。

逆に言えば、コード決済についてはポイント還元などの大盤振る舞いしているところを使い始めるとやはりそこに落ち着いてしまうのかもしれませんね。
色々調べるのもめんどくさいですしね。

とは言え、一度使い方を覚えてしまえばやはり非常にラクなのは間違いない。

しかし、結論から言えば無言クレカ最強なのであった・・・

最近、コンビニやスーパーなどでの支払いでクレジットカードが使いにくくなりました。
以前は無言でカード差し出すだけでよかったのが自分で読み取り機に差し込んだり、スライドさせたりする必要がでてきたり、また気のせいかもしれませんがレジでの読み込み、承認に時間がかかる場合が多くなりました(店によってかなり違うようです)。
こうなってくるとクレジットカード決済のメリットが著しく損なわれるので他のキャッシュレス決済を考えねばなりません。
結論からいうとモバイルsuicaをスマホに搭載してグーグルペイやアップルペイで支払うのがベターなようですね。
クレカ払いの最大のメリットはクレジットカードを差し出すだけで何も申告しなくても理解して貰える点にあったのですが、いずれにしろこちらのアクションが必要な時代に突入したようなので、そうなると一番手数の少ない、時間のかからない決済方法を探さねばなりません。
九州に住んでおきながらわざわざsuicaというのも変な話ですが、交通系の電子マネーでスマホに搭載できるのが九州にはないんですね。
しかし、グーグルペイやアップルペイも詰まるところiDやクイックペイを利用して決済するということを知りました。
こうなってくると単純にクイックペイやiDでよさそうです。
特にセブンイレブンはクレカの非接触決済に対応できていないようですし、クイックペイが最も決済スピードが速いようなのでクイックペイでいいかもしれません。

結局レジでの支払いで店員さんに支払い方法を申告した時にもっともスムーズに伝わりそしてストレスなく決済できるものがいいわけです。
ポイントとか二の次です。

例えばクレジットカードでもNFCを使った非接触型決済が使えるものがたくさん出てきていますが、店員さんがそれを知らないと読み取り機に差し込むように指示されたりしますし、タッチ決済で、などと申告しようものなら説明に余計時間がかかる場合もあり本末転倒となってしまいます。
ちょっと前のデビットカードのようになること請け合い。

クレジットカードで、と申告してクレカを自分で読み取り機に差し込もうとしたら店員さんがレジ側のほうから読み取り機に差し込む某ドラッグストアもあって(よく見かけるあの読み取り機は実は差込口が客側と反対側2か所あるようだ)、いずれにしろめんどくさくなる場合があるわけで、どのキャッシュレス決済が使えるかどうかは掲示してあるから分かるのですが、だからといってどのように使えばいいのかどうかまでは明示されていません。特に初めて行くお店はよくわかりませんね。
以前、知り合いにコンビニに買い物を頼んだ時にクレジットカードを渡したのですが、使い方が分からないと言われ、日本でキャッシュレス決済が普及しなかったのは単に使い方がよく分からないせいもありそうだと改めて思いました。

大手コンビニチェーンなどは同一チェーンではある程度店舗間で共通の対応をしてくれると思うので、事前に使い方を調べておいて使うキャッシュレス決済を決めておき使い分けをするのが無難なのでしょう。

ということでグーグルペイをスマホにダウンロードしてクイックペイを使おうとしたところ、おサイフケータイ非搭載のスマホでした・・・(笑)

仕方ないので楽天ペイをダウンロードしました。結局スマホ決済に落ち着くと言う・・・インフラが整っていなくてもスマホ決済は簡単に導入できるという意味からもやはりQRコード決済は最強なのかもしれませんね。

※追記
本日初めてスマホ決済デビューしました。
楽天カードを作ったらポイントが貰えたので楽天ペイで決済しました。
めっちゃ簡単でした(笑) これから楽天ペイが使えるところでは楽天ペイを使おうと思います。

消費税、全商品で2%還元検討…中小店で決済分

消費税を増税するショックを和らげるためにキャッシュレス決済をすると2%のポイントを還元するそうです。
お店や業者さんなか商売をされているところでは結構めんどくさそうで、色んな設備や設定の導入費用で経費がかさみそうですね。
ポイント還元対象がクレジットカード決済も対象だとすると、これまでクレジットカード決済が少なかった店舗ではクレジットカード決済によりカード会社への手数料3%~の負担増加になって更に収益を圧迫するかもしれません。

キャッシュレス化が進むと国にメリットがあるのだろうか?

さて、国が最近になってキャッシュレス化を物凄く推進していますが何故なのか?キャッシュレスになろうがなるまいが国にはあまり関係なさそうですが。
諸外国ではキャッシュレス化が物凄く進んでいるので日本も遅れまいとしようとしているだけの話なのか?
なぜキャッシュレス化を国は進めようとしているのか

未だに現金オンリーのお店がある理由

結構大きなチェーン店なんかでも現金支払いオンリーのところがいまだにありますが、これは主に薄利多売系のお店に多く、クレジットカードはもとより電子マネーであってもその手数料を節約するためだというのは分かりますが、実際のところ現金扱い自体にもそれなりのコストがかかっています。

現金を取り扱うコストが莫大な件

お釣りなどの間違いもありますし、現金保管、或いは現金保管のリスクを回避する為に毎日銀行や警備会社から集金して貰うことのコストなどもかかります。

キャッシュレス化したいのは実は銀行

また、一番コスト意識が高いのは銀行でしょう。ATM網を維持するコストなんか考えただけでも恐ろしいほどのコストがかかっているでしょう。一説によれば現金を扱うことのコストは数兆円といった試算もあります。
現金がなくなるとどうでしょうか?

現金がなくなっても決済手段は必要

ただ、よくよく考えると現金がなくなっても何らかの決済手段は必要で、その決済手段に少なからず手数料がかかります。
さて、この手数料は一体誰が負担するのでしょうか?結局のところ末端の消費者が負担することになるでしょうが、そんなことは銀行にとっては知ったことではありませんよね 笑
最近銀行もキャッシュレス化に積極的になってきたのはキャッシュレス化しても新たな決済手段でも儲けられる準備が整ったからと穿った見方をしてしまいますが。

銀行の為にキャッシュレス化しようとしたら世界から取り残される日本

世界のキャッシュレス化がどんどん進んでいくと、それに乗り遅れた日本はこれからキャッシュレスにしようとすれば(既に遅れているという意見もありますが)その決済手段は日本製ではなく外国製になってしまい、日本はその支配下に置かれてしまうことになるんですね。
日本のメガバンクの皆さんの準備が整うまで様子を見ていたら、世界はどんどん進んでいたという・・・笑

クレジットカードの利用率が低いのは手数料が高いせいなのか?

クレジットカードの手数料引き下げなども取り沙汰されていますが、そもそも日本人はクレジットカードの保有枚数は世界でも屈指の高さなのにあまりクレジットカードを使いません。
確かにクレジットカードの手数料が高いが故にクレジットカード決済を導入しないお店もあろうかと思いますが、基本的には手数料の問題は対お店ですから、いくら導入するお店が増えようともこれだけではクレジットカードの利用率が増加するとは言えません。
数百円のお買い物でもサインを要求するお店がいまだにありますから、レジ待ちでいらいらする人が多い現代社会では事実上使えません。
電車の利用などは電子マネーがかなり普及していますが、とりもなおさずこれは便利なことこの上ないからですよね。もしも改札を通るたびにサインや暗証番号を要求していたら当たり前ですけど誰も使うわけがありません。スイカなどをコンビニで使う人も多いでしょう。

高額なお買い物にはプリペイド型電子マネーを使いますか?

日常のお買い物だと結局使い勝手がどれだけいいのか?という点が重要で、数万円以上の高額なお買い物と視点が違います。
キャッシュレス化、といっても何が目的でキャッシュレス化するのか?によって導入推進の仕方が違ってきそうですが。
クレジットカードが使えるところではクレジットカードを私は使っていますが、その理由はそれが一番楽だからです。
電子マネーだと、どの電子マネーかこちらから申告する必要があったり、残金が不足している可能性もある。これはデビットカードにも言えますよね。クレジットカードだと、店員さんがお支払い回数は?或いは一回払いでいいですか?と聞いてくれるので、「1回で」或いは「はい」というだけでノーサインですみます。ただ、勿論これは支払い金額が少額な場合で、スーパーなどでは概ね3000円以上などという設定でサインが必要な場合があるのでやはり注意が必要です。そのあたりがよく分からないので初めて行くお店などではあまり混んでない時を狙ってレジに待ったりするのですが、そりゃあクレカの利用率あがりませんわな 笑

CICやJICCの個人の信用情報に異動の記録があることを一般的にブラックリストと言います。
当サイトでも何度も触れていますが私は信用情報に異動記録のあるブラックリストです。
異動記録の消える喪明けまで後1年ちょっと。長く苦しい戦いの日々が今も続いていますが。
異動記録、それは一旦記録されると最低でも5年間消える事はありません。
つまり、延滞を解消してもそこから5年間クレジットカードは作れません。
異動記録がなくてもAマークやPマークなどの支払い遅れの記載が多数ついている場合はブラック同様クレジットカードなどはほぼほぼ作れないでしょう。
もしかして、スマホを分割で購入し、たまに支払い遅れがありませんか?
そんなことをやっていると今後クレカを作ったり、各種ローンを組んだりするときにかなり厳しくなるので要注意です。
スマホの分割購入の支払いが終わってから5年間その支払い遅れの記録は残ります。
信用情報って契約終了前の2年間の記録が記載されていますのでお忘れなく。

さて、こんなブラックリストは日本の金融会社の審査基準では例え現在年収1億円でも異動記録があれば速攻で審査落ちでしょう。それが日本の社会というもの。
例えブラックじゃなくても会社員じゃなくなるだけで審査が通らなくなったりする。
なんでもかんでも杓子定規に判断するのが日本という社会なのかもしれません。

でも、安心して下さい。異動記録のあるブラックでも審査に通るクレジットカードはあります。
なんせ、この異動記録が燦然と輝く正真正銘のブラックリストである私が審査に通ったのですから。

在籍確認もなく、収入証明書も不要で審査に通過したのが→これ

ただ、異動がある場合は滞納は解消しておきましょう。少なくとも現在進行形で延滞があるようだとやはり審査は通りません。

ホームPage 1 / 41234