記事一覧

片頭痛の原因は視力なのか?

また、片頭痛が発生しています。
しかもわずか1週間というスパンです。こんなに短いスパンは初めてです。
前回と今回の片頭痛の共通点を洗い出してみると、久しぶりに昼間車を運転したという点でしょうか。
車を7月の末に廃車にした後も何度かレンタカーを運転してはいましたが、ここ3週間ほど昼間外にでることがほとんどない引きこもり状態だったことがあげられます。
元来、視力が悪くてコンタクトをつけていますが多分少し乱視も入っていると思います。久しぶりに外にでて車の運転を長時間したりすると目がすごく痛くなるということがたまにありました。
1週間前に片頭痛がでたときもレンタカーを運転し始めてほんの数十分で視野がせばまり始めて危険な状態になり、今回も車に乗って運転し始めてほんの数分後に視界に違和感が・・・

ずっと室内でPCばかり見ていたせいで焦点を合わせるのに脳が苦労しているのか?笑

レンタカーを借りるまでに自転車で20分ほど移動しますがその時はなんにもないんですが、もし視力とか焦点とかが原因ならば自転車に乗っている時も片頭痛になっても良さそうですよね。

今日なんか自転車移動して、徒歩で30分くらいぶらぶらしてましたけどなんにもなかったわけで。

弱小ブロガーの片頭痛原因探求の旅はまだまだ終わりそうにありません・・・

※追記
さて、前回片頭痛に襲われてから2回レンタカーを運転しましたが前回の反省を踏まえて遠方を長時間凝視せず、できるだけ近場を見るような運転を心がけた結果(勿論常に近いとこばっか見てると危ないですよ)片頭痛に襲われることはありませんでした。
片頭痛の症状が出るきっかけの一つに光があげられることがありますよね。これは要するに視界にまぶしい光が入ってくると片頭痛を誘発することですから、視力というか目のピント調整がうまくいかないという私の推測もあながち間違ってはいなかったということでしょうか。
昔、アニメを見ていた全国のたくさんの子供たちが突然おう吐したことがあって、あれは画面がフラッシュのような点滅を繰り返したことが原因だったように記憶していますが、やはり脳になんらかの影響を与えるということなのかもしれません。

勿論、様々な複合的要因によって引き起こされていると考えられますが、ここ数年の片頭痛の頻度の多さの一つに目のピント調整がうまくいってないというのもあげられるでしょう。
特に昨年後半は朝家を出てすぐにネカフェに行ってうす暗い中ずっとPCを見て、夜暗くなって家に帰って寝る前は真っ暗中スマホを見て寝る。
そして朝、車を運転して出かける、の繰り返しだったわけで、そう考えるとこの期間により頻繁に片頭痛が起きたことと相関関係があると考えて良さそうな気がします(確か、ネカフェの飲み放題のジュースの人工甘味料が原因とも言ってましたね笑)

ストレスはもちろんのこと、食べ物、生活習慣、気候までありとあらゆることが片頭痛のきっかけになりうるとすると、もはやどうしようもないですね笑

tsutaya discasu ツタヤディスカスのお試し登録の変な話

楽天レンタルがサービスを終了するもようです。
楽天レンタルのヘビーユーザーだった弱小にとっては結構大問題です。楽天レンタルって商売ヤル気あるのか?ってくらい無料クーポン発行しまくって9枚600円くらいで借りれてたんで重宝してたんですが。

そこでツタヤさんの宅配レンタルに登録してみようと思ったのですがここ、どうも変ですね。
いや、以前からお試し登録のやり方に釈然としないものを感じて登録は見送っていたんですよ。
今回改めて、月額プランではなくて単品で借りられるようなプランもあるだろうと思って登録しようと思ったんですがどうやってもお試し無料登録でかつ月額2014円とさらに見放題596円とセットになったものに登録させられるようになるんですね。
無料お試し期間終了前に退会できればいいんでしょうけど結構退会し忘れって多いですしね。私みたいにユーネクストから3回も課金されたりする人もいますしね。
多分そういうのを狙ってるんでしょう。ちょっといやらしいですよね。
そこで都度課金の単品レンタルでいいので公式サイトから登録しようと思ってもやはり無料お試しにとばされます。
いや、お試しはいらないんですよ。
ヤフーのIDでログインできるみたいになったのでヤフーIDログインするとこれがまた結局クレジットカードをT-IDとかで登録させられるようになって、だったら無料お試し登録のほうが得だと思って再度無料お試しにしようとすると今度はヤフーIDにログインさせられるようになりました・・・

なんなんざましょうか?笑

すると、とんでもない記事を発見しました→ツタヤディスカスに返金してもらった話

だいぶ前の話なので今は対策されているかもしれませんが、この記事によりますと

新作と準新作は無料お試し中は借りられません(まあしょうがないですね)
8本目を返却した時点で有料サービスに移行されます(ん?なんですと?!)

この2番目の「8本目を返却した時点で有料サービスに移行されます」は重要ですね。
無料お試し期間は約1カ月あるので1カ月たつ前に退会しときゃ大丈夫だと思って借りていたらお金とられちゃうことがあるわけです。いや、借りまくったらそりゃあお金とられるでしょうけど8本は無料お試しと謳っておきながら8本目を借りた時点では無料だけど8本目を返却したらお金かかるって明らかに狙ってますよね笑
多分この条件つくった人、ネットで文句垂れている人見てオフィスで爆笑してるんじゃないでしょうか。

少なくともお試し無料登録の条件に期間と同時にこの2番目の条件もしっかりと告知しておくべきでしょう?

だいたいこっちは単品レンタルでもいいからお金を普通に払ってでも借りたいと思っているのにとにかく月額会員をとりこみたいが為になにか姑息な手段を使って登録しにくくしてるってなんか本末転倒のような気がします。

ということで登録は見送ることにしました。

楽天で低評価をつけると05055777003から電話がかかってくる

9月7日に楽天でノートを2冊購入しました。翌日発送ということでしたが、土曜日になっても発送の連絡自体こないので(土日は休み)日曜日に発送していないようであればキャンセルしてくれとのメールを出しておきました。

そして本日、先ほどキャンセル承りましたのメールがきていました。発送してなかったのでキャンセルができたということでしょうが何の説明もないですし、謝罪のような言葉もありませんでしたので早速ショップレビューに低評価をつけておきました笑

すると数分して05055777003から着信が。知らない番号なのですかさずネットで検索です。

なんと、この番号楽天のようです。どうやら低評価をつけると詳細を聞き取り調査する模様。
楽天のショップレビューで低評価をつけたら2分後に楽天のカスタマーサービスから電話がきた

聞き取り調査に協力するとポイントが貰える場合もあるとか(上記記事の方は貰えてないそうですが)
ひどいショップは閉店させられる場合もあるとか。

今後の楽天運営に役立てる趣旨だろうとは思いますが、知らない番号から電話かかってきて電話に出る人自体あんまりいないような気もしますし、調査だったらメールでいいのでは?と思います。一旦メールでお詫びをして詳細を聞きたいので電話してもよかですか?って聞いたほうがいいような気もします。

多分本当に頭にきた人はカスタマーだろうがなんだろうが文句の一つも言いたいでしょうから丁度いいでしょうしね。
でも、いきなり電話かけてこられるとこっちの心の準備ができてない=戦闘態勢に入っていないのでうまく戦えるかわかりません笑

なんかそれ狙ってるっぽいですが。

いやはやこの楽天さんの新たな取り組み、かなり賛否両論あるようですね。

あんまりひどいショップにあたったときは電話にでておもいっきし文句言っちゃいましょう。

小柄とは何センチのことを言うのか悩む

※追記
ヘッドハンターというノルウェーとドイツの合作映画があります。
あらすじの紹介の冒頭、こんな一説があります

ロジャーは、表向きは有能なヘッドハンターとして成功し、美しい妻ダイアナと誰もがうらやむような優雅な生活を送っているが、裏では美術品泥棒を働いている。それは168cmという低身長に対するコンプレックスから、妻に贅沢な生活をさせるためのものであったが、

168センチは小柄どころかコンプレックスと、映画の題材の一つにも取り上げられてしまっていますが。
ノルウェーは平均身長182.4センチ、そしてドイツも181センチとでかい(笑)
さすがに168センチは日本で言えば150センチ後半位の感覚なのでしょうか。
ちにみにロジャーを演じる役者さんは、アクセル・ヘニーさんで173センチと、5センチも高い役者さんをつかっているんですね。まわりの役者さんが190近くあるんで結局は同じくらいの身長差になりますが。
ここから推察するに平均身長より15センチ程度低くなるともはや小柄の域を超えてコンプレックスになるほど低くなってしまうと。
とはいえ、平均身長自体が低いという一般の認識があれば、例えば日本人でも170は小柄ということに変わりはないわけで、そうなるとやはり平均身長が何センチかより一般論として小柄とは、に話が戻ってしまうわけですが(笑)

むしろ女性の身長から考えてみたいと思います。
各国の男性の平均身長と女性の平均身長の順位があります。https://norr.jp/wannabetall/
基本的に男性も女性も身長が高い国はヨーロッパばかりです。男性はおおむね180センチくらいで女性は160センチ後半です。
この統計から考えるとヨーロッパでは168センチくらいと言えば女性を思い浮かべるでしょう。日本で言えば158センチから160センチそこそこの感覚ではないでしょうか。
そう考えるとずいぶん低い、168センチで身長にコンプレックスがあるという表現は誇張でもなんでもありませんね。
私くらいの日本人170センチ程度の男性がヨーロッパに行くと子供扱いされるのも頷けます。
ヨーロッパでは175センチでも小柄と言っても差し支えなさそうです。
上記リンク先では「北欧=高身長」と言ってしまうのは少し言い過ぎかもしれないと結論づけられていましたが、180センチにおける2,3センチの差はもはや誤差でしょう。
日本人から見たらヨーロッパの国はほぼ高身長の国で間違いない。
結論
そして日本でも170は小柄に入れて差し支えなし。なぜなら日本人の感覚が昔よりグローバル化しているからであり、欧米では170は女だよ、というグローバルスタンダードが感覚だけ輸入されているに違いない(笑)

ハワイファイブオーというアメリカのドラマがテレビでやっていたのでなんとなく見ていましたが、欧米の俳優さんには珍しく小柄な俳優さんが出ていました。
スコットカーンという役者さんらしいです。共演者のダニエル・デイ・キムという韓国生まれの俳優さんと比べても若干低いです。
キムさんはLOSTなんかにも出てましたよね。
アレックス・オローリンという主演?の方が実は190位で、キムさんも180近くてカーンさんも実は170ちょいくらいあるのかな?と思ってちょっと調べてみました。キムさんもがっちりしていて小柄という感じには見えませんしね。
アメリカの俳優さんて結構でかい人多いですし。
すると、カーンさんは165位だそうです。あのマイケルJフォックスとかダスティンホフマンとかとあんまり変わりませんね。
アメリカの俳優さんはデカい人も多いけど意外に小柄な人も多いです。トムクルーズなんかも170くらいですよね。トムクルーズはなんとなく小柄っぽく見えますけど。
アルパチーノもあんなんですけどめっちゃ小柄ですよね(ってどんなんやねん)
シルベスタスタローンも180ないそうですが、クリントイーストウッドは190程度あるそうですし・・・
これだけ身長のこと知ってるってことは、ええ、身長コンプレックスです笑

身長のこと調べていて以前気になる記述を見つけたんです。
確かダヴインチコードだったと思うんですがその主人公だかなんだか忘れましたけど当該人物の身長が183センチだったと思います。
それでその人物が自分が見上げるような人物には初めて出会ったという一説があってそれを読んだ人が、『アメリカ人にしてみれば180センチくらいって普通なのにその人が見上げるような人に初めて出会ったというのはちょっと変だと。180以上の人なんかザラにいるんだから・・・(つまり180よりデカイ人は腐るほどいるから)』みたいなことを書いていました。
なるほどアメリカ人って2メーターくらいあるデカい黒人さんなんかもちらほらいますから見上げるような人に初めて出会うというのは確かに疑問ですよね。
要するにアメリカでは183センチは大柄なほうに入らないということらしいです

そこでちょっと平均身長なんか調べると概ねアメリカ人の成人男子の平均身長として出てくるのが176センチ。
一方日本人は170センチ程度ですね。
その差6センチ程度です。意外にアメリカ人の平均身長って低いですね。平均が176ということは当然176以下の人もたくさんいるってことですからね。
平均身長だけでみたらオランダとかのほうがめっちゃでかいわけです。日本人から見たら巨人の国みたいですよ笑
一方の日本人は小柄という印象ですよね。従って日本人で165センチといっても普通にたくさんいるわけで特段小さいという印象はないかなとも思うんですが、どうでしょう?日本人からしてみても165センチって小柄の部類に入ると思いませんか?
確かに日本人は全般的に小柄な民族でしょう。しかしながらそれでも165センチ程度だと小柄、中背、大柄と分類すると小柄、もしくは中背という微妙な分類に入る身長だと言えましょう。小柄と言っても違和感はありませんね。

他方、アメリカ人はどうでしょうか?アメリカ人で180センチはザラにいるものと推察されますがやはり小柄、中背、大柄に分類すると中背、或いは大柄に入ってくるかもしれませんね。183センチだとやはり大柄と言ってもそんなに違和感ないのかなと思います。

勿論このあたりは限りなく個人の主観がありますからなんとも言えませんが冒頭の183センチの男性が今まで見上げるような人物を見たことがない発言は妥当かどうかに戻りますが確かにアメリカ人で183センチが大柄の部類に分類されるとしても今まで見上げたことないっておかしそうな気がします。

でもよくよく考えてみますと見上げる身長差というのはかなりな身長差があります。
私は170センチそこそこですが180弱くらいの人を見上げるという感覚はありません。べったりとくっついて並んでその人の頭のてっぺんを見たりすれば見上げることにはなるでしょうが、通常はちょっと離れた位置関係ですからそこまで見上げるというような感覚はありません。
ただ、身長が185センチ程度になるとやはり見上げるという感覚になります。186センチの知人と横に並んで普通に話をしてもかなり見上げている感覚がありました。
大体話をする時って目を見ますので相手の目の位置が10センチ以上、上になってくると見上げてる感が出てくるのかなと思います、あくまで個人的に。

※追記・今「処刑人2」という映画を見ていたら、170センチでは低いとは言えない、165センチは低いというようなセリフがありました。アメリカ人の一般的感覚でしょうか。

このあたりもかなり主観におうところが大きいとは思いますが見上げるというのが少なくとも15センチ以上の身長差がある場合とするならば183センチの人が見上げる人は2メーター前後以上ということになってアメリカ人でもそうそう出会わなかったとしてもおかしくはないような気がします。

いずれにしてもアメリカという国は身長も幅が広いということなのでしょうね。

ブックメーカーの賭け方~キャッシュインの活用例

ブックメーカーウィリアムヒルにはキャッシュインという制度があります。
キャッシュインとは、試合途中でまだ結果が出ていない段階でもウィリアムヒルの提示する金額で賭けをおりることが出来る制度です。
例えば3対1で川崎の勝ちにベットしていたとしましょう。予想どおり川崎が3対1とリード。オッズは9倍で100円賭けていたとしましょう。
するとキャッシュインの額が550円と表示されています。残り時間はまだ20分もあります。例え川崎が勝ったとしても4点目をとれば賞金はゼロ、相手が2点目をとっても賞金はゼロです。
ここでキャッシュインを使って勝負をおります。川崎がこの後何点とろうが、引き分けようが550円はゲットと、こういうシステムがキャッシュインです。もちろん、そのまま3対1で試合終了となっても残りの350円は貰えませんが。

9月10日のJ1、川崎フロンターレ対アビスパ福岡戦でキャッシュインがうまくハマりましたのでご紹介しておきます。
この日の試合の結果は川崎フロンターレが3対1でアビスパ福岡を下しています。
試合開始後に4対0、4対1、3対0、3対1、2対0、2対1などにベットしました。
が、試合開始して3対0になるまで途中経過を見ることができなかったので2対0と2対1は既に消滅。
3対0でまずキャッシュインしました。
williamhill%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a4%e3%83%b310910
キャッシュインした直後にアビスパが1点返してその後まもなくしてキャッシュインしました。
williamhill%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a4%e3%83%b30910
もし川崎フロンターレが4点目をとればさらに賞金がゲットできますしね。

結果は3対1で終了。3対1のオッズは11倍です。キャッシュインせずにそのまま終了していたら220円になっていましたがキャッシュインしたおかげで合計297円になりました。もともとのベット金額が低いのであれですが金額が高くなればなるほどこの差はバカにできません。
ちなみに3対0の時点でキャッシュイン、そのまま3対0で終了する、なんてこともよくありますので念のため(笑)

 ウィリアムヒル公式サイト→http://sports.williamhill.com/bet/ja

ウィリアムヒルでのJリーグの賭け方~低いオッズの有効活用トリプルの使い方

最近ハマっている賭け方にマルチベットがあります。
マルチベットは複数の試合を一括して賭けるやり方で当然賞金は高くなりますがそうそう何試合もいっぺんに当てることなんてできません。
そこでマルチベットのなかでダブルやトリプルを使います。複数の試合の中で2試合的中、或いは3試合的中で賞金ゲットとなります。
例えば5試合を選択しトリプルにすると10ベットとなります。つまり5試合中3試合の的中に10パターンあるので10個ベットしたということになります。
williamhill%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%ab

5試合いっぺんに的中させるマルチベットだと37倍ほど、トリプルだと1ベット10円かける10ベットで合計100円かけて全的中で900円ほどの払い戻しですから約9倍ほどで比べるまでもありません。
しかしこの賭け方のキモは1試合外しても2試合外しても払い戻しがある点です。
仮に清水対山形を外したとしましょう。マルチの場合は払い戻しゼロですが、トリプルの場合は4パターンで賞金ゲットとなります。

1.57×2.2×2.8=9.6712
1.57×2.8×2.25=9.891
1.57×2.2×2.25=7.7715
2.2×2.8×2.25=13.86   合計41.1937×10円=411円

仮に2試合外してしまうと結局1パターンしかありませんのでマイナスになる場合もあり得ますが。

また、面白い賭け方として3試合の3通りの結果にベットも勿論できます。オッズの低い勝利予想の高い2試合を選択して残り1試合は予想が割れていどちらに転ぶか分からないようなものを選ぶ。つまりかなりの高確率で3パターンのどれか的中するという賭け方です(勿論いつもそんなにうまくはいきませんが)
williamhill%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%ab2
通常はあるチームの勝ち負け引き分け3つにベットしても当たり前ですが儲かりません。
また、いくら現在コンサドーレ札幌が首位を走っていて勝ち予想が高くても100円ベットして157円にしかなりませんし外せば勿論ゼロです(厳密にはキャッシュインを使えば儲かることもある)
しかし、他のチームを噛ませることによって払い戻し率が変わってくるのでペイするようになる点です。ただ、確実に勝つだろうと思われているチームでも負けたり引き分けたりすることもありますので万能な方法ではありませんが単純にオッズの低い、勝ち予想の高いチームに賭けても賞金は低いですからこういう手法で少しでも払い戻し率を高くする、なんてことも面白いと言えます。

ちなみにこの場合ですと3パターンでの賞金ゲットが考えられますね。
1ベット30円×3ベット合計90円を賭けます。
1.57×1.70×2.50=6.6725 ・・・200.17円
1.57×1.70×3.00=8.007 ・・・240.21円
1.57×1.70×2.80=7.4732 ・・・224.19円

うまくいった例
williamhill%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%ab0910

 ウィリアムヒル公式サイト→http://sports.williamhill.com/bet/ja

仏壇をゴミに出せないのは何故ですか?

母親がグループホームから追い出されたことに伴い、不要なものを佐賀市の清掃工場まで車で捨てに行きました。

2回目なので勝手は分かっていますが、土曜日だったこともあり長蛇の列です。
前回は平日だったのでスムーズでしたが。

受付して車の重さを同時に量って指示された捨てる場所まで行けば係りの人がいるので一緒になって放り捨てます笑
あらかじめ分別しておかなければいけませんが、していなくても係りの人が指示してくれます。

が、ここで係りの人が「これ、仏壇でしょ?」

仏壇ってもしかして捨てられないのではないかというなんとなく感じていたので仏壇に見えそうなものはすべて取り外していたのですが百戦錬磨の係りの人に見破られてしまったようです。

市の清掃工場では引きとれない=粗大ゴミとしても出せないので民間の産廃業者とかお寺とか購入した仏壇やに引きとってもらえということでした。

何故、清掃工場では仏壇を引きとらないのか?理由はよく分かりません。

バチがあたる・・・からでしょうか?

ただ、私の場合レンタカーを借りて捨てに来ています。更には部屋を退去するわけで置き場が・・・
すぐさま産廃業者に電話してみたところ処理費用に4000円くらいかかりますとのことでした。どうせ他のゴミと一緒に処分するのにボりますね~。
自分で分解して仏壇と分からないようにして捨てればよくね?という結論に落ち着きましたが、結局自分の部屋に置くことにしました。位牌もありますから毎日お茶をあげています。

ペイパルの本人確認がヒドかったけど1000円貰った件

なかなか日本では普及しないペイパルさん。
日本では口座維持費も無料で銀行口座作り放題ですし、電子マネーも普及しまくりですしペイパルという日本人には得体の知れないサービスを敢えて使うメリットもそうないのかもしれません。
ただ、実は使い方によってはかなり使えますが・・・

さて、ペイパルでは商品やサービスの決済に使う事が多いでしょうがお金も受け取ることができます。一時、日本の悪名高き規制などによって受け取れないようになっていたかと記憶しますがアカウントをグレードアップすると受け取れるようになります。

そこで、今回アカウントをプレミアにグレードアップするために本人確認書類などをアップロードしていたところ以下のメールがきました。
『---------------------------------
氏名の変更手続きについて
---------------------------------

ご提出いただいた書類とペイパルアカウントの内容が相違しています。

<相違箇所>
ご提出いただいた書類の氏名:ローマ字表記
 ペイパルアカウントの氏名:漢字表記

ペイパルアカウントの名義変更は、誠にお手数ですが、必ずカスタマーサービスまでご連絡ください。

---------------------------------
住所の変更手続きについて
---------------------------------

ご提出いただいた書類とペイパルアカウントの住所が相違しています。

<相違箇所>
ペイパルアカウントの住所:マンション名 なし
ご提出いただいた書類に記載の住所:マンション名 あり』

本人確認書類としてパスポートと水道料金の領収証をアップロードしたわけですが、パスポートは確かにローマ字ですが、署名は漢字です笑
署名は意味なしってことでしょうか。
また、水道料金の領収証は勿論漢字です。
住所についてもパスポートにはマンション名はありませんが水道料金の領収証には記載されています。
一体何を基準にしているのでしょうか?特に氏名のローマ字表記はこっちで漢字に変えればいいだけではないでしょうか?何故電話しなければならないのでしょうか・・・名義人を変更するわけではないというのは分かりそうなもんですし、そもそも名義人変更するくらいなら新しいアカウントを作りそうなもんですが。

ちょっとめんどくさくなりましたし、どっちみちビジネスアカウントにしようと思っていましたので新たにアカウントを作ることにしました。
さて、ここでも本人確認でまたメールが笑
『氏名の変更手続きについて
---------------------------------

ご提出いただいた書類とペイパルアカウントの内容に相違がありましたため、本人確認手続きを一時保留にさせていただいております。

<相違箇所>
 ご提出いただいた書類の内容:
  ペイパルアカウントの内容:●

弊社のシステムが旧漢字に対応しておらず、旧漢字を入力いただきますと文字化けし、転送不要書留郵便にて暗証番号をお送りする際、お届けできない可能性がございます。

ペイパルアカウントにご登録いただいた内容(旧漢字ではない表記)でよろしければ、誠にお手数ですが、その旨を必ずカスタマーサービスまでご連絡いただけますようお願いいたします。』

ある意味想定内です。旧漢字とはいえPCで入力できる漢字です。その証拠に今回は国民健康保険証をアップしたのですがこれには戸籍上の漢字(旧漢字と称される)が印字されています。
いずれにしても電話しなきゃいけないようで電話したところ、結構あっさり訂正できたようです。
ちなみにアカウントの特定はまずかけている電話番号、更には登録しているクレジットカードorデビットカードの下4けたで確認でした。
また、登録しているクレカの番号とか覚えてねーよ!って方の為に調べる時間を1分くれます笑
その後、担当さんにすぐつながりましたがどうやら外国人の方のようでした。本当は嫌みの一つでも言ってやりたかったのですが(あんたんとこの本人確認バカすぎじゃね?みたいな笑)外国人の方が一生懸命日本語で話されている感が伝わってきましたのでやめときました笑

また、住所も違っていたようでメールには次のことも書かれていました笑
『ご提出いただいた、水道料金領収書とペイパルアカウントの住所が相違しています。

<相違箇所>
水道料金領収書の住所:2F●● あり
ペイパルアカウントの住所:2F●● なし

ペイパルアカウントの内容はご提出いただいた本人確認書類と完全に一致している必要がありますので、
アカウント上にご登録いただいたご住所を、水道料金領収書の内容と同じように変更していただきますようお願いいたします。』
水道メーターを特定して間違いを防ぐためにこのような表記になっていると思われますが、通常住所にはこんなものありませんよね。
って分かるでしょ笑
ということでこの変更はサイト上で出来るんですね笑
ただ、住所の変更はできなくて新しい住所の追加しかできないって・・・笑
もうペイパルさん、めんどくさいっす!

※追記
本人確認書類のアップロードが完了してもまだ終わりではありません。暗証番号が転送不要の簡易書留で登録住所に送られてきますのでその暗証番号を入力して完了となります。
が、9月18日現在まだ送られてきません。郵送には2週間から4週間となっていますが本人確認書類がそもそもあれで良かったのか?つまり次の段階の郵送処理がされているのかはサイト上では分かりませんし、発送したとのメールもきていませんのでとりあえず問い合わせのメールを出しておきました。

色々と検索すると同じような症状に見舞われた人が散見されました。
この本人確認処理はかなりな部分手動でやってるっぽいですね。アップさせた書類を目視で確認するのは当然でしょうけど、一言一句合致していないとダメというマニュアル対応。そこから修正しろメールを送信するのは担当者ベースでやっているのはいいんでしょうけど下手すると担当者しか知らないんじゃないんでしょうかね。
なので担当者ベースで処理がとまっていると登録者のほうから問い合わせがこないと誰も気づかないとか。
メールには24時間以内対応と謳ってありますので返事を待つことにしましょう。

※追記 9/20
先ほどペイパルからメールがきていました。
『平素より大変お世話になっております。
ペイパル カスタマーサービスの●●ともうします。

書留(暗証番号)が届かないとのことで、
ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

9/5に担当部署より、書留発行の準備に入っております。
通常、9/5より1週間ほどで書留はお受け取りいただけます。

再度、書留をお送りいたしますので
もう少々お待ちいただきますようにお願いいたします。

大変お手数をおかけし申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。』

ということでやはり忘却の彼方だったようですね。というかペイパルのサイトでは発送の段階になっても書類の確認中という表示のままみたいなので発送されているかどうか自体が分からないんですよね。なので下手をするとサイトに表記されている「発送に2週間~4週間」を鵜呑みにして1カ月くらい待ってしまう人もいるかもしれません。
それだけ待たされても届かないとさすがに使う気失せますよね。なので問い合わせもせずに担当者も気付かずそのまま永久放置プレイかもしれません。
海外だとそれでもよくあることで済まされるかもしれませんが日本のような過剰サービス先進国では死活問題でしょう。
サービス使いたいなら使いたい方からも自己主張しなさいよ!的な考え方が根底にあるのでしょうか。
海外のいろんな商品やサービスが日本でなかなか浸透しないというのは単に規制が厳しいだけの話ではないようですね。

※追記 10/1
一昨日暗証番号が届かないとペイパルにメールしましたがシカトされました。
さらに昨日もメールしましたがまだ返信がありませんでしたのでさすがに電話してみました。
するとどうやらシステム上のトラブルでハガキの発送ができていないようだとのこと。
しかしながら問い合わせがないとそれが分からないということはペイパルでは発送されたようになっているハズで、私が問い合わせたほんの数分でシステム上のトラブルであると断言できないと思います。恐らくですが人為的ミスでしょう。もしシステム上のトラブルならそういった問い合わせがすでに何十件もありそうな気がしますし。
さて、結局私はどうすればいいのかよく分からなかったので問い詰めて聞き直すと暗証番号の入力不要で特別に処理をして本人確認は終了させるということでした。ただ、一応ハガキだけは発送するらしいです。
そもそも暗証番号は書留で発送しますから届いたか届いてないか?いやそもそも発送の記録があるでしょう。
システムエラーで発送していないとすると発送したかどうかの確認自体をしていないということになります。
つまり問い合わせがあってから対応するということでしょう。以前も書きましたが結局のところ担当者ベースで完結してしまっているところにペイパルさんの問題がありそうです。
今回も電話を受け付けたオペレーターが、「私のほうで処理します」と、たどたどしい日本語で言っていました。
つまりこの方は単なる電話受付オペレーターではなかったということで、それもどうなのかな?と思います。
海外の企業にありがちな現場の人間にある程度の権限を持たせるということで処理を迅速にしている面もありましょうがその人間の裁量に任せてしまうということはその人間のスキルなどに大きく左右される面もあるわけで組織としてのフォロー体制を今回みたいにないがしろにしてしまうと大変危険な面もありますよね。

ただ、やはり海外の企業の凄い点は担当者ベースの裁量かどうかは分かりませんが申し訳ないという謝罪の意として(担当者はこんな日本語使ってませんが恐らくこんな意味でしょう)口座に1000円が振り込まれたことです。それもわずか数分後であります。

ペイパルさん、電話でキレてしまってごめんなさい(たった1000円でなびく安い弱小ブロガー笑)。これからも使い続けることにします。

なぜジャマイカはスプリントで強いのか?

陸上競技で強いのはほぼ黒人ですよね。なかでもスプリント競技に限ってはジャマイカがアメリカと双璧をなすほど最近強いです。
なぜ、ジャマイカなのでしょうか?黒人が強いのは分かり切った話ですがその中でもなぜジャマイカなのでしょうか?
同じように疑問に思った人がたくさんいるようです。
が、納得のいくような答えはあんまり見つかりません。そもそも黒人がなぜ肉体的に屈強なのかというのも色々な説が主張されていますが逆に言うと明確にこれだ!と言えるようなものがないのかもしれません。
「ジャマイカ」「なぜ陸上」で検索するとまっさきにあがってくるサイトの記事では「長距離で強い東アフリカは標高が高く冷涼な気候だが、西アフリカは暑さが過酷で発刊を促すため肉体の表面積を広げ筋肉が発達していった。」というよくある人種的な身体能力の差があげられています。
ただ、過酷な暑さといいますがアジアでも暑いとこありますよね。東アフリカは冷涼とは言いますがもっと寒いところで生活している人種は多いですし。
確かに人種的な身体の差ってあるとは思いますがそれはそもそもの人種の差なのか?それとも環境によって形作られてきたものなのかは別途考察する必要があると思います。
黒人が身体能力が高いのは奴隷として屈強な者だけが取捨選択されてきたからだという考察も一見すると納得できますが、でもそれって欧米や植民地につれてこられた奴隷の子孫には当てはまるかもしれませんが元々アフリカに住んでいる黒人にはあてはまりませんよね。

考えてみると黒人の中でもジャマイカがスプリント競技で強くなってきた、という事からも言えるように結局のところ黒人全般が身体能力に強い、というよりは国によって差があるという考え方のほうが適切なような気もします。
ただ、アメリカは陸上競技で圧倒的に強いですがほぼ黒人ですよね。アメリカの黒人は実は色々な人種がミックスされている混血が多くそういった意味では混血のほうが強いとも言えますね(優性遺伝)。
しかしながらやはり日本人はフィジカル弱いというのはイメージとしてあると思います。でもレスリングとか強いですし。
中国人や韓国人は黄色人種ですけどそんなにフィジカル弱いイメージはありません。

ということでなぜジャマイカがスプリント競技で強くなってきたのかという最初の疑問点に戻るわけですが、国内で育成できるような環境が整ったという記事がありましたが、育成できるような環境整備に関しては欧米各国のほうも負けてはいないと思うのですがね。

レスリングや柔道でなぜ日本が強いのか?なぜブラジルはサッカーが強いのか?ラグビーが強い国もある程度決まっています。
そういった観点からすると各国の文化的背景も大きく影響はありそうですね。

このあたりは人種によって身体能力が違うのか?違うとしたら何故か?という問題と、各競技によって強い国があるという問題はまた別問題でしょうが。

そこで各人種の体のでかさ、身長はどうなっているのか?明らかに日本人は欧米人より小さいですよね?それはいったいなぜなのでしょうか。
黒人はデカイという印象がなんとなくありますが、あの印象は主に欧米、特にアメリカの黒人のイメージですね。
実際はアフリカの国の平均身長はそれほど高くありません。以下引用http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1037120850
平均身長(男性)
アメリカ人白人・・・1.789 m
アメリカ黒人・・・1.780 m
++以下ヨーロッパ++
スイス人・・・1.781 m
スエーデン人・・・1.815 m
ノルウェー人・・・1.797 m
オランダ人・・・1.843 m
デンマーク人・・・1.806 m
フィンランド人・・・1.800 m
ベルギー人・・・1.795 m
イタリア人・・・1.760 m
スペイン人・・・1.761m
ポルトガル人・・・1.728 m
++以下アフリカ++
南アフリカ人・・・1.690 m
ナイジェリア人・・・1.638 m
マリ人・・・1.713 m
カメルーン人・・・1.706 m
マラウイ人・・・1.660 m
ガーナ人・・・1.695 m
ガンビア人・・・1.680 m
コートジボワール人・・・1.701 m

最近は人種と言うよりも民族集団などの分類法が用いられることも多くなっているようですし、考えてみたら元々人類はアフリカ発祥ですし、ナイジェリア人の平均身長が160センチ台なのにフィジカルで日本は負けるのが当たり前の風潮もどうかと思いますし、オランダ人の平均身長が184センチとか見るとやっぱり白人には体格では劣るとなりますし、もう何が何だか分かりませんね。

なぜジャマイカはスプリント競技で強いのか?

取捨選択されて淘汰され生き残った奴隷の血を引く。
育成環境面の整備。

とりあえずこれくらいがあげられますがジャマイカ特有の要因ではないですよね。
自己解決できず・・・笑

ちなみにドミニカは人口1000万程度なのに毎年100名前後のメジャーリーガーがいるそうです。しかも95年の統計開始以来外国人メジャーりがー国別トップを毎年守り続けているとのこと。
この理由の一つにフィジカル面が当然あげられてはいますが、だとするとランキングにジャマイカ人がもっとたくさん入っていていても良さそうですが見当たりませんね・・・

オンラインカジノで博打をすることは違法なのか?略式裁判から見える日本という国

ネッテラーがギャンブルサイトで使えなくなるということでそもそもオンラインカジノが違法なのかどうか?
いや、オンラインカジノ自体は外国で合法的に営まれていますので日本人が海外のオンラインカジノで賭博行為をすることが違法になるのか?という点が疑問に思いましたのでちょと調べてみました。

日本人が海外のサーバーに向けて猥褻画像をアップロードしても逮捕し、有罪にするお国柄ですので推して知るべしですが実際に逮捕者も出ているようです。しかしながら深く掘り下げていくとオンラインカジノで遊ぶこと自体が全て有罪になるのかどうか?こちらのサイトで詳しく検証されていましたので少しまとめてみたいと思います。→オンラインカジノは違法と決まったのか?

スマートライブカジノ逮捕事件

まず、今回の逮捕者はスマートライブカジノで賭博行為をした日本人が京都府警に逮捕された事案です。
スマートライブカジノより大手のオンラインカジノはたくさんありますが何故スマートライブカジノなのか?というと「日本語版サービスは、ディーラーが日本人で、開業時間が日本時間の夕方から深夜に設定されていたから、京都府警は、事実上、国内の日本人向けにカジノが提供されていると判断。」したらしいからです。
この時点ですぐに疑問に思うのが日本人向けのオンラインカジノは他にもありますよね?日本語版のサイトを作っている所なんか一杯あります。そもそも逮捕された人たちは単純賭博行為ですからディーラーが外国人であっても国内で賭博行為をやれば逮捕できるわけであって別に日本人向けとかディーラーが日本人とか関係ありません。日中賭博行為をやっていたら逮捕しなかったのでしょうか?なんとも不思議な逮捕の根拠ですが。
思うにこれは海外のオンラインカジノである点をかなり念頭においた論理構成をしているのでしょうね。それが逆に墓穴を掘っているような気がしないでもないですが。

上記サイトではさらに掘り下げて弁護士の見解なども紹介されています。
以下一部抜粋します。

弁護士などの見解

『とばく罪は必要的共犯である。共犯者(ここで言えばオンラインカジノ側)も同時にでなければ処罰されない。業者のサーバーが国外である以上処罰されないから(とばく罪の国外犯の処罰規定なし)利用者も処罰されない。』
※猥褻画像の処罰事例などから推測できるようにこのあたりは法解釈の問題であるため判例で有罪となる可能性も充分にあるでしょう。
『オンラインカジノの実態が国内において行われていると評価できる場合には、たとえ無店舗型の海外サイトからのインターネットを通じたオンラインカジノであっても、プレイヤーが賭博罪に問われることを明らかにしたものと考えられるでしょう。』
※つまり上記の逮捕事案に当てはめてみると「日本人向け」に行われていたからではなく、実態として日本国内で賭博行為を行っていたと同視できたから逮捕されたと言えるでしょう。
『とばく罪は日本国外で行った行為には適用されないが、国外のサーバーに日本から接続して賭博行為を行った場合の判例がない。この点学説は違法かどうか判断が分かれている。』

つまり、いまだ判例がないために違法なのか合法なのかはっきりとは結論が出ていないということです。ではなぜ逮捕者がでたのか?あるいはできるのか?
以前、交通違反の件でも書きましたが裁判所は逮捕状の自動販売機と揶揄されているそうです。違法だからとか有罪だからという理由で逮捕状が発付されているわけではありません。犯罪の嫌疑ありとして逮捕状がでるわけです。ここは重要ですよね。
従って未だ判例がなく違法かどうかも分からない容疑であっても逮捕は出来るわけです。怖い世の中ですね。

逮捕と有罪は違う

『逮捕と起訴、有罪判決はそれぞれまったく意味が違う。一般的に考えると「逮捕された=違法」と考える。しかし、それは早合点も良いところである。これから京都府警サイバー犯罪対策課などがオンラインカジノをプレイした者に対して、どのような裏付け捜査を行うのだろうか?
また検察はその捜査の証拠に基づき、正式起訴に踏み切れるのか?』
※結局検察は略式手続で捜査を終結しています。略式手続とは検察が正式に起訴をして有罪という判例がでたわけではない点は重要です。
『今回の摘発は、海外のネットカジノに国内から接続して賭博を行ったプレイヤーに対して単独で単純賭博容疑をかけ非常にシンプルに逮捕状の請求にまで至ったものですから、業者側がライブカジノであったとか、イギリス本拠であったとか、日本語サイト中心であったとかという個別の特殊性は基本的に罪状に影響を与えないもの。逆に言えば、その他のネットカジノの利用者にも同様の単純賭博が適用できるということになりますので、その辺りはキッチリと理解した上で国内ネットカジノ・コミュニティにご在籍の方々は身の処し方を考えた方が良いものと思われます。』
※シンプルに逮捕状の請求に至っており、個別の特殊性は罪状に影響を与えないという見解が示されていますが、前述の如く日本人向け、或いは日本国内で賭博行為が行われた実態があると言う点が重要視されていると見受けられますので全ての事案に即今回の判断が当てはまるかと言えばそうとは言えないのではないでしょうか?

なぜ略式起訴なのか

一般の方の意見を抜粋します。
『オンラインカジノで賭博をしたとして逮捕しても、それを検察側が“略式起訴”で済ますのが何故なのか、私には理解できません。裏を返せば、正式裁判になると裁判所では有罪の判決を下しにくい、つまり公判を維持できない、と検察が断念していると受けとめられます。』
※確かにそういう見かたもできましょう。しかし交通反則金を払わなかった記事にも書きましたが裁判すると国も結構お金がかかるわけです。それに対してとばく罪って罰金刑しかない軽微な犯罪ですから裁判すると費用対効果が単純に悪い。そういったこともかなり影響していると思います。

結論

警察が逮捕し、略式手続で有罪になったということで少なくとも当局は違法という見解を持っていることは明らかである。
ただし、正式裁判まで至っていないので裁判になれば無罪になる可能性もある。
ただ、略式手続を断れば長期間身柄を拘束されるというイジメを受けるかもしれない。その結果不起訴になる可能性もあるだろう。

最後に海外のオンラインカジノが面白い声明をだしていますので引用させて頂きます。

『・・・今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、貿易上の不公平を訴え、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、また名誉毀損にて当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません・・・』

猥褻画像のネットへのアップやマンションの一室で乱交プレイをするのを公然猥褻だと言って取り締まるのもどうかと思いますが、海外できちんとライセンスを取って営業しているオンラインカジノで遊ぶのを取り締まるのもどうなのか?
ガチャに課金するのとあんまり変わらないような気がしないでもないですが・・・

追記

カジノ法案がらみでこんな記事を見つけました→ファイナルアンサー: オンライン賭博は違法である また、逮捕されたものの不起訴になった事案→オンラインカジノで博打をして不起訴になる

結論から言えば海外のオンラインカジノを利用して日本国内から利用してお金を賭けて遊んでも違法になるのでしょうね。
ただ、その根拠が政府の公式見解に依っているとすれば、それはいかにも日本人的な習性とも言うべきものでしょう。
違法かどうかは政府自身が言っているようにあくあで捜査機関や裁判所が判断すべき事柄であって、憲法解釈のように政府の一存で都合よく解釈されてそれが最終的に法的判断にまでなるようなら裁判所はいらない、という事にもなりかねませんよね。

実際、捜査機関が逮捕し起訴すればほぼ100%有罪というこの国ではもはや裁判所が機能していないとも言えますが。
諫早湾干拓問題のように本来政治決着を図るべきものを司法に委ね、その司法制度の綻びを利用して自分たちに有利な結果を得ようとするなど政治も司法もいい意味でも悪い意味でも大人のお付き合いをしている国で、少しばかりの賭け事が違法で逮捕とかなんだかなぁと思う今日この頃でした。

※追記
タトゥー医師法裁判で逆転無罪 大阪高裁で控訴審判決
[blogcard url="https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00010003-bfj-soci"]

増田被告は「タトゥーは芸術」と医師法による摘発に異議を唱え、簡易裁判所からの罰金30万円の略式命令を拒否。正式裁判で無罪を訴える異例の法廷闘争を展開していた。

略式命令を拒否して正式裁判に訴えたという気骨のある人ですが、無罪判決をだした西田真基裁判長の今後の出世の道は険しくなったのかもしれません。そういう意味では裁判官の方々もあっぱれでしょう。
医師法違反という言葉を素直に受け止めると入れ墨を彫る事が医療行為かと言われればほとんどの人が医療行為ではなない、と答えそうです。
検察側は「何が疾病で何が治療かは医学が日進月歩なので固定的に観念をなし得ない」として医療行為の関連性が必要ないという主張は本末転倒で、もし検察側の言うように医師法違反で有罪にするには医療行為と関連性が必要ないとなると、記事にもあるようにかなり医師法に違反していると考えられてもいいような社会的に是認されている行為があるように思われます。
ヤフコメにもありますが、確かに入れ墨は社会的に容認されているかと言われればかなり疑問ですが、その問題と医師法に違反しているかどうかはまた別問題でしょう。
入れ墨を彫るという行為は危険性を伴うので入れ墨を彫る行為は容認できないと国が本気で思うなら、医師法ではなく、別途法律を作って規制をかけるのが本来のあり方であって、検察がこのまま看過するわけにはいかないと(この場合は警察かもしれませんが)考えて法律を拡大解釈するような形で運用するのは、このような比較的軽微な事案や法律の解釈がからむような場合は自制すべきではないでしょうか。