3by

Burn the Bridge behind you

近眼とコンタクトと老眼

   

ここ数年の視力低下が本当の意味での頭痛のタネだったわけだが、本気でレーシックなども考え始めた。
とにかく眼鏡をかけようがコンタクトを作り直そうがなんだかしっくりこない。よく見えない。
いっそのこと裸眼のほうがいいのではないかと裸眼で本を読んだり、書類に記入したりするのでさえ目が疲れてしまうので億劫になる。
結果最近わかったことがある。

 

屋外と室内では適正な矯正視力に違いがある。
PCと手元の書類などを見る時でも適正視力に違いがある。

 

つまり、まずコンタクトは屋外での適正な矯正視力に合わせられているということである。
とするならば当然PCの画面や手元を見るには強すぎるのだ。
従ってよく見えないのは当たり前。
ということでPCの画面を見る時は矯正度を少し落とす必要がある。
また、その意味でPCを手元よりも少し遠めに置いて見ている人なら、手元を見る場合はさらに少し矯正度を落としたほうがいいという結論になる。

 

めがねは目より少し離れている為、コンタクトと同じ視力を得たい場合はめがねの度数をコンタクトより若干あげる必要がある。

 

近眼でも老眼になる、と言われるがあれはミスリードではないだろうか。老眼の本来の意味は遠方を見る場合には問題ない視力の人が近いところは見えにくくなる現象のことを言うのだろう。
近眼でメガネをかけている人が近くを見るときに見えにくいからと眼鏡をはずして見るのは老眼だからではなく、めがねで遠方にピントをあわせているから当然だろう。極端な近視の人は裸眼でも近くが見えないがこれは老眼だからではなく視力が極端に弱くなっているからで、実際かなり近くまで近づけば見えるのだから、これは老眼ではない。

 

遠近両用めがね、あるいは遠近両用コンタクトについて
まず遠近両用は老眼鏡とは違い、近くのものを拡大するものではない。遠方の度数より、近くのものをみる場合の度数を下げているものである。
-4.5で+1.0などの場合は要するに近場を見る時は-3.5程度の度数にしているということになる。
とはいえ、遠近両用をずっと使っていると目が疲れる、あるいは気持ち悪くなる場合もあるので注意が必要だ。

 

結果TPOに合わせてコンタクトやめがねを適宜使用したほうがいいという結論になる。
私の場合はPCで作業をするときや手元を見る時はコンタクト同程度のめがねがもっとも疲れが出にくく、外出する場合はコンタクトがいいということに落ち着いた。

 

この視力問題は実に厄介だったがとりあえず今のところこれで良さそうである。




 - 素朴な疑問