ビートたけし ワクチン接種に持論「一番出歩く若い人を優先的に」
早速若い人たちがたけしの言う通りの大合唱。
さて、そもそもワクチンとは何か?ワクチンを打つと感染しないと思っていたの私だけではないはずだ。
コロナワクチンは発症だけでなく感染も予防、わかり始めた効果

ワクチンを打っても感染自体は防げない

まず、ワクチンを打っても感染自体は防げないことが分かっている。
要するに感染しても発症するリスクがかなり軽減されるというのがワクチンである。
コロナウィルスも発症してからは隔離されたりするので、実際は無症状時に感染させ、しかもこの感染力がかなり高いという事が分かっている。
とすると、ワクチンを打っても結局打った本人が発症するリスクを減らせるだけであり、感染力は現状と変わらないことになる。
従って、若者を優先的に打つと感染者数の増加は抑制されるかもしれないが、重症患者の減少には直接的には影響しないことになる。
つまり老人が感染したら今まで通り重症化リスクは変わらない。

コロナワクチンは感染力も弱めるらしい

しかし、この記事によると実際は感染予防効果もあるという。
正確には感染してもいわゆる無症状時のウィルスの量がワクチンを打たない場合と比較してかなり少なくなり、結果として感染力が弱まると言う。

となると、確かに若者に優先的に打ったほうが結果として感染者数は減らせるという考え方も一理ある。

コロナウィルスが問題なのは結局医療崩壊

とは言え、コロナウィルスの根本的な問題はコロナによる重症患者対応の為通常医療が影響を受けてしまうという点にある。
従って、極論すれば重症化しない若者の感染者数よりも重症患者数が問題ということになる。
若者が外出して飲み歩いているが、老人は相対的に大人しくしていると言えるかもしれないが、それでも現状感染者はいるわけである。
確かに若者が感染を拡大させているとするならばまず若者に打ったほうがいいという考えも一理あるが、これは感染初期の段階であればいいが、現状のように感染が拡大してからでは遅いだろう。
特に、日本のように医療関係者や高齢者でさえ遅々としてワクチン接種がすすんでいないのだから、いくら若者を優先させたとしても若者の大半が接種を終わるまでに感染がさらに拡大してしまうに違いない。
20代30代に限ってもほぼすべてに接種を終わるまでに少なくとも月単位の時間がかかるはずだ。
つまり今のワクチン接種の優先目標としては重症患者数をこれ以上増やさないためということになり、そうなるとやはり老人を優先させるという結論に落ち着くものと思われる。
なんつって