除籍になっていた通信制大学に復籍しようと以前取り寄せていたパンフなどを見ていた。
あれ、やばい、申込期限が・・・
ジャックスの教育ローンを使うとなると実は申込期限が早かったのである(笑)
ということで取り急ぎ願書などを書いていたが、そもそも入学金などの学費を振り込んだうえで願書を提出するシステムなので、この場合教育ローンはどうなるのだ?
まず、ジャックスに願書などともに教育ローンの申請をする。
ジャックスから電話確認があり、審査に合格したのち、願書を大学に提出する運びとなる。
当該大学の場合選考料だけは振り込んだうえで願書を提出する。
私は自営業になるが、恐らく会社員の方などであっても金融事故がなければ(ブラック)でなければ審査は通るだろう。勤務先への電話確認などもない(多分)。
勿論保証人なども必要なかった。このあたりは審査否決の人でも保証人たてればOKなどとなるかもしれないが。
で、願書提出後、学費などは直接ジャックスから大学側に振り込まれる。
従って、大学側に教育ローンを使うなどの連絡は不要ということになる。ジャックスに申し込む前に願書を出す場合は願書のコピーか画像を保存しておく必要がある。それがジャックスへの申込に必要だからである。
私は時間がなかったためまずジャックスに申込をして、審査通過の言質をとってから選考料を振込んで願書を送付した。万が一審査落ちかもしれないことも考慮したのである。願書必着期限は明日である(笑)消印ではない。
ちなみにこの願書、振込票と一体となっており、写真も貼ってある。さらに裏面にはこれまでの学歴、および職歴を記載する欄がある。
ご想像のように時間がなかったため、すべて記入した願書を銀行に提出した(笑)
私のこれまでの経歴が女子銀行員の皆様に白日の下に晒され、給湯室での格好の話題になっていることうけあいである。
ま、どうでもいいさ。年食うと面の皮が厚くなるな(笑)