帝国データバンクは企業調査を個人事業主の委託スタッフに一部やらせている。
現在大量募集しているのはコロナのせいだろうか→企業調査スタッフ募集
直接雇用せず委託にやらせるのは脱法行為のような気がしないでもないが、こういうやり方をしているところは結構多い。金さえちゃんと貰えれば文句は言わんよ、という人も多いだろう。
肝心の給料、基、委託料はどれくらいなのか?ホームページには20万~30万とかいてある。
超絶ブラックと言われる帝国データバンクが企業の情報をまともに調査しているというのもなんだかブラックジョークのような気がしないでもないが、実際どれくらいの報酬なのか?
ここにこんな記事が→帝国データに再発防止勧告 調査員報酬に増税分含まず

公正取引委員会は9日、企業信用調査を手掛ける帝国データバンク(東京)が外部の調査員に支払う業務委託料に消費税増税分を上乗せしていなかったのは消費税転嫁法違反(買いたたき)に当たるとして、再発防止を勧告した

未払いは解消しており、同社は「法令の理解が十分でなく、申し訳ない」としている。

増税分を払っていなかったということは消費税自体はこれまで含んだ額を支払っていたということなので、普通に気づきそうな話だ。というより総務なり、経理なり気づかない方がおかしいというもんである。
帝国データバンクはオーナー企業でトップダウンが著しいと言われているので現場から提言などできなかったとみるべきかもしれない。
問題はここからで、記事には続きがある。

平成26年4月~28年6月分として支払った委託料を従来の金額に据え置き、3%の消費税増税分を上乗せしていなかったという。未払いは計約670人分で総額約1億300万円に上った

 

ということで、増税分10300万ということは報酬総額は約34億3000万。
該当期間が27か月なので1か月あたり1億2700万。
該当人数670人なので1人当たり約19万円。これには交通費などが含まれているかもしれない。
帝国データバンクの外部委託である企業調査スタッフの平均月収は約19万円程度であろう。
これが高いのか安いのか?ブラックなやり方が調査スタッフにも行われるのか?
そもそも帝国データバンクの社員である調査営業スタッフはゴリゴリの営業をやらされるのだが、委託である調査スタッフも同様なのだろうか?
営業はなくて調査だけならある意味そっちのほうがよくね?と思う人もいるかもしれない。
とはいえ、やはり帝国データバンクという知名度のある企業の社員という肩書きのほうが魅力なのかもしれない。
社員もバイトも大した違いはないのに正社員とか、どこで働いているかとかそういもので人生の価値を決めてしまう。こうやって人は飼いならされていくのだろう(なんつって)