最近老眼がひどい。
昔、近眼の人は老眼にならないと言われていたが、それが完全な俗説、都市伝説であったことを身をもって知った。
近眼なのでコンタクトをすると、今度は近くが見えないという・・・
そこでコンタクトをしたうえで老眼鏡をかけることになる。
遠近両用のめがねを購入したものの、めがね自体がどうもあわないので外にでるときは結局コンタクトとなる。が、出先で書類などを書く場合は老眼鏡がないとやばい状態になってきた。
書類だけならまだいいが、細かい文字だけではなく、結局のところ様々なものがはっきりと見えていないのである。
いずれにしろ、常に老眼鏡を携帯しておかないと生活に支障がでるようになってきた。
そこでいっその事レーシックなども検討したものの、そういえば遠近両用コンタクトがあったことを思いつく。
ということで遠近両用のコンタクトを買うために一応医師の診察を受けることにした。

 

お医者さんは遠近両用コンタクトより眼鏡のほうがいいですよ、あまり期待したほどではないと言われたものの、実際つけてみると、コンタクト+老眼鏡よりよく見えるではないか!
これは、コンタクト、及び老眼鏡自体があまりあっていなかったせいもあるかもしれないが、いずれにしろ遠近両用コンタクトにして正解のようである。

 

とは言え、遠近両用コンタクトは高い(笑)