持続化給付金、ネット申請のみ 高齢事業者「できん」相談殺到

持続化給付金ってオンライン申請のみだったようですね。
普通に考えるとオンライン申請できない人が少なからずいるだろうって分かるはずなので敢えてオンライン申請のみにしたのかもしれませんね。申請しなければ給付金は貰えないわけで、そうなると国にとってはラッキーでしょうか。

ヤフコメを見ると、できないほうが悪いという意見が結構あります。

生き残ることのできるものは強いものではなく変化できるもの、という言葉を聞いたことがありますがまさにそれの顕現かもしれませんね。
できないからやらない、では光明は見えないと思います。
誰かに頼る、どうにかできるように頑張る。
年齢を言い訳にしてはいけません、機械に強いご年配の方も多くいらっしゃるのですから。

という意見に対して

大変同感。
ネットの普及もここ何年かではないし、今「高齢でできない。」とおっしゃっている方も、十分対応できる年齢だったはず。
パソコンやスマホなんて、と変化出来なかった自分に原因があることに気が付いた方が良いかと。
商売やってる人間の発想ならこんなマインドの低い人はただ甘いとしか言いようがない。売るための努力としてIT分野を勉強するのは必須で年齢は関係無い。身内にもパソコンスマホ持ってる人間いないとか。どれだけヌルい環境にいるのか想像出来るわ。

かなり辛口な意見が多い。

結局、このように相談が殺到するので職員の方たちの負担を考えるとオンライン、郵送、窓口と複数の選択肢を用意しておけばよかったような気がします。
今の若者はスマホやPCに慣れているというコメントもありましたが、必ずしもそうとは言えず、スマホには慣れていてもPCには疎い若者は結構いるようです。
持続化給付金を私も申請しましたが、PCにいくら慣れていても結構なめんどくささですよ(笑)
高齢者は確かに厳しいでしょう。そしてできないほうが悪いと言い切ってしまう人が多い日本ってほんとにいい国なんでしょうか。自分のおじいちゃんやおばあちゃんができなかったら手伝ってあげないんでしょうか?
人に頼めばいい、なんて言いますが頼れる人がいない人は老人に限らず世の中腐るほどいますしね(私の事ですが(笑))
コメントにもありますが、人に頼られても実際迷惑だと思いますし、やってあげる奇特な人はそうそういないのではないでしょうか?
それはヤフコメ見たら分かりますがな(笑)