速度超過…男女6人を逮捕 反則金未納、出頭せず 運転中に携帯電話、信号無視も「まさか逮捕されるとは」

この手の話はたまに報道されますよね。
こういう記事は反則金を納付しないと逮捕されるというミスリードを敢えて誘発しているのでしょう。

正確には違うんだが
反則切符にサインをすると言う事は
罪を認めたる代わりに
反則金を支払う事で
逮捕されない権利を得たのに
義務の反則金を支払わなければ
逮捕される
過去に何度も免停があれば
最悪、執行猶予判決で懲役が猶予されても
前科が付く可能性すらある

上記ヤフコメのコメントも正確には違います。

そもそも反則金を納付するかどうかは任意です。

交通反則通告制度
一定期日までに法律に定める反則金を納付することにより、その行為につき公訴を提起されず、又は家庭裁判所の審判に付されないものとする
青切符をよく見ると↓
「任意」であると明確に表示してある

反則金と罰金も違うものです。

記事のような反則金未納で逮捕されたと読めるような場合は、反則金未納で再三の出頭要請に応じなかった為逮捕されています。
やはり警察としては逃げ得は許したくない。見せしめの為に逮捕しているのは明白ですが、反則金の納付は任意ですから逮捕状はそれでは請求できません。
また、軽微な交通違反でも逮捕はできるだけ控えるような運用がなされていますからそもそも逮捕しなかったわけですし、いちいち逮捕してるほど警察もひまじゃありません。
交通反則通告制度ができたのもその趣旨からですし。とは言え、やはり反則金は任意だと足元見られていたら警察の商売あがったりですから出頭しないような輩には正式に逮捕状を請求して逮捕しているわけです。
勿論その際の罪状は反則金未納ではありませんが。
従って出頭要請に応じてきちんと否認していれば他の要件がなければ逮捕されることはまずないでしょう。
結果として反則金を納付していれば逮捕されませんから、反則金未納だと逮捕されると捉えることもできなくはないですが。

現に私は反則金を敢えて納付しませんでしたが、交通裁判所にも出頭し、その後検察からの呼び出しにも応じたためか逮捕はされていません。
軽微な交通違反でしかもきちんと出頭している場合、恐らく逮捕の要件に該当しないものと思われます。
また、仮に逮捕されても反則金を納める義務はありませんし、逮捕後はほとんどの被疑者は反則金ではなく略式で罰金を支払っていると思われます。
略式に応じるかどうかはこれまた任意ですから正式裁判を要求することもできます。
逮捕後略式を拒否した人の話を聞いたことがないので(正式裁判してもどうせ負けて罰金でしょうしね)、拒否した場合どんな運命になるのかは分かりませんが(多分勾留されて、起訴までやられちゃうんでしょうね。でも軽微な違反で勾留できるんでしょうかね?)
ま、単なるバックレ、逃げ得は許さないということでしょう。
違反しまくって逃げ回っている輩はどんどん逮捕して下さい。