3By

Burn the bridge behind you

NHK高校講座日本史~源頼朝が幕府を開いたのはなぜ1185年なのか

calendar

reload

源頼朝が鎌倉幕府を開いたのが1192年ではなく1185年に再定義されているということは知っていましたが、本日NHKの高校講座日本史を見て改めて疑問に思いました。
そもそも幕府という定義が曖昧というか、その幕府を初めて開いたとされる(幕府がなんなのかあいまいなのに変ですが)頼朝の場合は、更に初めてなのでいつ幕府を開いたのかはっきりと決める事が難しいようです。
最初に頼朝さんが武家政治の基礎を築き、幕府というものの基礎を築いたのでそのような政治体制を言う、みたいな感じだと思いますが、従って頼朝さんがいつ実質的に幕府といえるようなものを作ったのか(始めたのか)というとそれは1185年ではないかと。
いうことですが、征夷大将軍に任命されたのが1192年ですよね。このような考え方からすると実質的にいつ幕府を開いたのか?という実質説にたつ、ともいえるわけで征夷大将軍でなくても幕府が開けるということになりはしないかと思うわけです。
勿論、いくら実質的に幕府のようなものを開いて政治を行っていたとしても征夷大将軍という役職につくのが最低条件であるという言い方もできます。
従って頼朝さんが鎌倉幕府を開いたのは1185年だとすると、やはりじゃあ幕府ってなんだという幕府の定義をきっちりやらないと、例えば秀吉は幕府を開いてはいませんが政治の実権は握っているわけです。じゃあなぜ幕府と呼ばないのか?という理由の一つに征夷大将軍ではないから、という説明がなされることがありますがこれも不正確なわけで、政治体制の違いを指摘する必要がありますよね。
このあたりをあまり深く触れずに表面的に(実質的でしょうけど笑)いつ成立したか?ということだけをクローズアップしてもどうかと思うわけです。
だいたい1185年に成立したか1192年なのかで世の中何がどう変わるかというと、多分恐らく試験勉強くらいのものでしょう。そういう表面的な(いや実質的にでしょうけど笑)ものばかりにとらわれて実質が伴わない(いや実質的でしょうけど笑)日本人あるあるの一つのような気がします。