カテゴリー:素朴な疑問

ポイントサイトを経由して見積を複数とったおかげで2000円分稼げました。 →自動車保険一括見積もりポイント一覧表
自動車保険
1つ無効になっていますが、見積依頼後に電話確認がポイント付与の条件だったせいでしょうか?電話自体かけてこなかったじゃねーか、と心の中で呟きました。
さて、複数見積をとってみると各社微妙な違いがありますね。料金だけではなかなか判断できません。
実際に事故に遭遇してみて初めて気付きそうな微妙な違いが・・・

人身傷害と搭乗者傷害のざっくりとした違いは分かりましたが、実は人身傷害でも車内のみ補償対象とかあるんですよね。
しかもそれが選べる保険会社と選べない保険会社がありますし、じゃあ選べない保険会社が不利かというとそうでもなくて逆に安かったりするんですよ。
細かい点まで選べる会社のほうが親切だとは思うんですが、人身傷害という名称だけではなくて補償内容もきちんと説明をみないといけない事になりますね。

えぇ、当たり前です(笑)。

今時は対人無制限は常識となっていますのでこのあたりをいじくる人はほぼいないでしょう。
今回見積をとってみて改めて気付かされたのが人身傷害と、特約でつけることのできる個人賠償責任保険です。

人身傷害もほぼ当たり前につける方がほとんどでしょう。その意味についてはこちらで検証しましたのでちょっと後回しにします→人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い

また、個人賠償責任保険については特約でもつけられない保険会社も多いですね。そして単独で販売している会社もほぼほぼないようです。
そもそも個人賠償責任保険って何?それ必要なの?ってことですが、まず必要か否かというと当然ですが個人個人によって違ってはきますが自動車保険として必要かと言うと不要という結論に落ち着きます。それは個人賠償責任保険とは何なのかというところからひもとくと分かりやすいかもしれません。

ざっくり言えば不注意で物を壊したり人をケガさせた場合に補償してくれる保険ってことですね。(詳しく知りたい方はググった方が早いでしょう)
で、この保険の肝は自転車で事故を起こした場合にも補償対象に入っている点です。

最近自転車、多いですよね。弱小の住んでいる地域は田舎ですから車は必須です。でも弱小は車がなかったのでいつも自転車でした。
バブル華やかな頃、自転車ですよ・・自転車。知り合いからは「弱小はオイル交換する必要もなくていいねぇ~」と小馬鹿にされていました(笑)厳密にはチェーンにオイル差さないと錆びるでしょうがぁああああ・・・・

話を元に戻します。
自転車で事故に遭うというともっぱら被害者側を想定してしまいますが、昨今自転車で事故を起こして歩行者などにケガなどをさせて数千万円の損害賠償の負担、などと報道されるようになってきました。

この場合保険に入っていなかったらどうなるでしょうか?めちゃくちゃ怖い話ですよね。
自転車ですから自分が事故にあってケガをすることは想定できても自分が加害者となって、もしかすると死亡事故を起こすなんてなかなか考えにくいですが、そもそも保険と言うのはその万が一の時の為のものです。

日頃自転車に乗る人は勿論、家族に乗る人がいる場合も自転車保険には入っておいたほうが無難ですね。そうです、自転車保険は単独で保険会社が販売しているんので特に自動車保険に付帯する必要なく入れます。例えばセブンイレブンなんかでも年額5000円前後~入れるようです→

従いまして、ここで話しているのは自動車保険に特約として付帯することによって割安になるということと、その補償範囲が自転車事故に限定されないので結果かなりお得になる個人賠償責任保険のことです。

個人賠償責任保険であれば自転車での事故のみならず、例えばマンションでお風呂の水をあふれさせて下の階まで迷惑をかけた時とか、知人の家に遊びに行ってその家の物を壊したとか・・・結構幅広く対象になります。

どうせならこの個人賠償責任保険が特約でつけられるものはないのかと探していましたところ(見積とった中にはなかったようです)実は現在加入のおとなの自動車保険に特約でつけられるんですね。というか付けてました(笑)
おとなの個人賠償

ただ、他社との見積を比較すると同じような補償内容でおとなの自動車保険のほうが1万円ほど高くなるもよう。
個人賠償責任保険分が一万円ほど占めているのかというとそうではなく、おとなの自動車保険の見積をみると該当部分の料金は1500円ほどになっています。つまり個人賠償責任保険を外してもおとなの自動車保険はトータル1500円ほどしか安くならないわけです。
個人賠償保険を外してしまうと、自転車で事故を起こした場合(母親が自転車によく乗る為自転車保険は必須です)は補償されないですしつけていたほうが得になりますよね。
比較対象していたSBI損保には個人賠償保険はありませんが、自転車保険を特約でつけることができます。あくまで自転車のみですけどこれを付けてもおとなの自動車保険より8000円前後ほど安くなるんですね。でも自転車のみです。
また、おとなの自動車保険は補償が無制限ですがSBI損保の場合は1億円です。うーむ、悩みますね。

しかも人身傷害を無制限に設定して両者を比較するとやっぱり一万円ほどおとなの自動車保険が高くなってきます。でもおとなの自動車保険は人身傷害を車内のみ限定に選択できます。すると1000円強お安くなります。もうめんどくさくなってきました(笑)

個人賠償責任保険までひっくるめて考えるとおとなの自動車保険のほうがいいのかとも思いますが、自転車の事故だけをカバーすれば充分としたらSBI損保でもいいですよね。でも補償金額に大きな違いがありますし。
個人賠償責任保険単独で入れるものもありますが、大体クレジットカードに付帯されている保険です。従って該当するクレジットカードを持っていない人は入れません。
ちなみに弱小はアメックスを持っています。えぇブラックですけど何か?→アメックスとアコマスを作ったブラック
アメックスにも個人賠償責任保険がありました↓
アメックス個人賠償
支払い限度額1億円となっています。また、裁判費用もその対象に入っているようですね。いわゆる弁護士さんに支払う費用も対象ということでしょう。
ただ、年額7000円はちょっと高いかなという印象です。自動車保険をSBIにして自転車保険をつけず、アメックスで個人賠償責任保険をつけてもトータルで大人の自動車保険よりもかなり安くはなりますが、アメックスの個人賠償保険には示談代行がついてないもようですね。
これはちょっと痛いです。ただ、おとなの自動車保険は示談代行はしますが裁判費用は対象外のようです。
示談できれば裁判しないので当然のようにも思えますが、示談がうまくいかなくて裁判になったら弁護士費用は自腹で払えってことですかね。
いや、そもそも自動車保険だって弁護士費用は特約ですから当たり前でしたね。すいません、ちょっとおとなの自動車保険に疑心暗鬼の目を向けてしまいました。
よくよく吟味してみると微妙な違いがあって、結局元の保険に落ち着いてしまうというオチですかね(笑)

おとなの自動車保険は前年からあまり保険料が安くなっていないのですが多分走行距離が増えたせいかなと推測します。
前年申し込む時は走行予定距離を10000キロ以下で申告していたのですが、今年は走行距離が11000キロ強なんですよね。
見積を計算すると自動的に前年申し込んだ時点の距離が入力されていますので、現在のメーター距離を入力すると距離がオーバーしているのがバレてしまいます。1000キロオーバーで保険料にして約2000円ほど違ってきます。これも地味に大きいですね。

SBIで見積取る時も走行予定距離を10000キロ以下で申告しているのでその分安いのでしょうね。

これってつまり新規で自動車保険に加入する時は走行距離を予想よりも少なく自己申告して申込、実際走行距離が増えて保険料の増大が見込めるときはまた新たに保険会社を変えて故意に走行距離を過少申告して加入すれば保険料安く加入できますよね?それでいいんでしょうか(笑)

ここでまた疑問に思ったのが年間予定走行距離を大幅にオーバーして事故を起こした場合、さてどうなるのでしょうか・・・・

  満期日まで残り6日!!

弱小ブロガーは自分の車がありません。母親の車に乗っています。母親はもう車の運転が事実上無理だから私が乗っています。
ただ、自動車保険は自分で払っています。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の一般的説明

「人身傷害 搭乗者傷害」でヤフーで検索すると一発目にきているとこ→http://faq.ins-saison.dga.jp/car_h/otona/faq_detail.html?id=1012
おとなの自動車保険のサイトにとびます。ちなみに弱小もおとなの自動車保険です。別に宣伝ではありません念のため。

人身傷害も搭乗者傷害も契約中の車に乗車中の自分や同乗者がケガしたり、死亡したり、後遺障害を被った場合に保険金が支払われるということです。

え、だからなにがちがうんですか?

人身傷害は実際の損害・治療後に支払われる

搭乗者傷害はあらかじめ決めた保険金額・治療中でも支払われる

そのかわり搭乗者傷害はあらかじめ決められた保険金額なので、補償が足りない場合もある。

ふむふむ・・・で?(笑)

説明の仕方が回りくどいというか、人身傷害保険がなんなのか?という説明ではなく人身傷害保険を付けた場合の説明になっていますね。どうもすいません笑

ということで色々と記事を読みますと、車の任意保険ってそもそも事故を起こした場合の相手方(他人)への補償のための保険であり、自分がケガした場合は補償がない。同乗している家族に対しての補償もありません。
勿論、相手方に過失がある分は相手方の保険から補償されますが、こちらに過失がある分は自腹となります。
自腹になる部分を補償してくれるのが人身傷害保険とか搭乗者傷害保険です。

車に友達を乗せていて事故を起こした場合

友達を乗せていて(弱小ブロガーの場合まずありませんけど笑)相手方100%過失の事故で相手方からの保険で全部やってくれる場合はいいでしょうけど相手方100%の過失とかあんま想定しづらいですよね。
自分の過失も少なからずあるでしょう。その場合って搭乗者がケガした場合の補償、賠償はどうなるんでしょうか?
亡くなったり後遺障害を被ったりした場合は?

この場合は他人なので自分の対人賠償保険で補償されます。

天涯孤独の身の上だと人身傷害保険はいらないのか?

友人知人を車に乗せて事故ってもちゃんと対人賠償保険に入っていれば補償されるので、
要は対人賠償保険で補償されない自分や家族などの補償のために人身傷害保険はあるということですから、家族がいないとか、治療費は医療保険からでるからとか、不用という方も出てきそうですね。

搭乗者傷害保険は必要か?

では搭乗者傷害は必要なのか?そもそも搭乗者傷害保険というのは要するに支払われる金額が定額である、ということのようです。
従って、実際の治療費に不足する場合もあり得ます。
つまり、人身傷害保険に加入していれば必ずしも搭乗者傷害保険に入る必要性はないと言えます。
ただ、人身傷害保険に比べて支払いが早い(損害額が確定しなくても支払われるから)ので人身傷害と搭乗者傷害を両方つけておくメリットがまったくないとは言えません。
従って必ず必要かと問われると、あなた次第です!となります。

人身傷害保険と搭乗者傷害のまとめ

対人賠償保険では自分や家族への補償がない。
対人賠償保険は他人が対象なので同乗者が友達の場合は対象になる。
従って、事故った場合に自分や家族への補償をつけたい場合は人身傷害保険が必要。
家族への補償とかいらねーし、医療保険に入っているしという人はつけなくても問題なし。
搭乗者傷害保険は事故ったら決まった金額が支払われるいわば一時金的意味合いのものなので、自分や家族への補償が必要な方はまず人身傷害を優先的につけましょう。



11月19日本日の話題。
空港でベンチをくっつけてベッドのようにして夜を過ごす人たちが増え迷惑しているとのこと。
なんでも格安航空が増えた昨今、深夜を空港で過ごす人が増えてベンチを勝手に移動して向かい合わせでくっつけて占拠し、そして朝になるとそのまま放置して行ってしまうという話題でした。
対策として空港側はベンチを固定して動かせないようにしたということでしたが、個人的には空港には警備員もいるでしょう、何故注意や掲示板などで注意喚起しないのか?或いは再三にわたってやったのに効果がなかったのでしょうか?そもそも、移動してもいいけど朝になったら元の場所に戻せば問題ないとも受け取れたのですが、番組ではそこまでの詳細が分かりませんでした。
しかし、僕らの宇野常寛氏はスッキリと一刀両断です。

宇野氏のことを知らない人のために・・・
宇野常寛で検索するとウザイとかでてきますが(笑)
ウィキには
「日本の評論家」「第二次惑星開発委員会」「批評誌『PLANETS』編集長」とあります。本業は編集長ということでいいのでしょうか?惑星開発委員会って何?ナンパもののアダルトビデオが思い浮かんでしまったのですがウェブサイト、同人サークルだそうです(敢えてアクセスしませんけど(笑))。
身長が181センチもあります。これだけで勝ち組という話もあります。
胡散臭い匂いがぷんぷんしてきて興味を持たれましたでしょうか。さて、今日の宇野氏のスッキリな発言を抜粋。

「対策としてはそうなると思います。でも、これをビジネスチャンスと捉えてほしかったですね。マンガ喫茶なんかも飲みに行って終電逃してホテルに泊るより安上がりだからってことでしたからね。もう少ししたたかにやってほしかった。」
さすが宇野常寛氏着眼点が違いますね。こういう問題をビジネスチャンスと捉えるとは流石としか言いようがありません。

マンガ喫茶やネットカフェってそもそも終電逃した人たちの為に始まったわけじゃないですし、例え1000円くらいで深夜を過ごせるスペースを空港内に作ってもお金を少しでも使いたくない人はタダで使えるベンチを利用するんじゃないかと思うわけですが私のような弱小ブロガーの考える事とはさすが宇野氏、言う事が違います。
着眼点論点をわざとずらして言っているとしか思えません。論点ずらしの戦略をとられると日本人はなかなか論破することができなくなって論点ずらして屁理屈言っている人間のほうが弁がたつと思われがちですからまさに宇野氏の戦略勝ちなのかもしれませんね。

これからも弱小ブロガーは宇野氏の発言をウォッチし続けたいと思います。

※追記
毎週木曜日になるとこの記事にアクセスがちらほら。『宇野常寛 ウザい』の検索ワードでついに10位に入っていました。
宇野さんをウォッチし続けるとか言いながら1個しか記事書かなくてすいません。
でも安心して下さい、たった1個の記事でも10位に入るなんて宇野さん人気は健在ですよ。これからちゃんとウォッチし続けます!!

プリズンブレイクシーズン4をどうしても見たくなってしまいました。
ただ、楽天ショウタイムだと1300円近く必要です。どうせポイントだろ!と言われそうですがやはり出来るだけ安ければ安い方がいいですね。

ということでhuluで見てみようと思って念のため2週間の無料お試しで登録できるかやってみたところ・・

あっさり登録できました(笑)

huluさんの会員管理はどうなっているのでしょうか?かれこれ4回くらいお試し登録してるのですがもうお試しじゃないですよね。
生年月日もバカ正直に入力しました。決済方法は楽天VISAデビットからauかんたん決済からJPバンクカードからアメックスへと都度変えてますがこれが効いているのでしょうか。
メアドは一旦登録したものは使えないので必然的に変えてますがメアドで管理しているということでしょうか?

よく分かりませんがおサイフにとっても優しいhuluでした。

勿論huluにお試し無料登録する時はポイントサイトを経由して登録します。これで無料で動画を見てさらにポイントが安いところで500円くらいから貰えます。→huluに再登録してもポイントが貰えた話

プリズンブレイクシーズン4は更に話がむちゃくちゃな展開になってきました笑

ただ、楽天ショウタイムのいいところはとりあえず無料登録しておけば月額費用なしで無料動画などが見れる点ですね。
気になった映画などは単品で購入することができますし、勿論ですが楽天ポイントが使えます。ポイントの有効活用などにも使えます。
http://video.rakuten.co.jp/