カテゴリー:素朴な疑問

日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明
なぜ日本ではGAFAのような企業が出てこないのかとか、イノベーション企業は日本では無理とかよく言われますね。
例えば日本でウーバーみたいなことやったら経営者即逮捕でしょうし(笑)、エアビーだってそうでしょう。日本は規制多くて強すぎるからみたいに言われますが、それだけではなく一般消費者だって当初こういった業種に対して批判的な事を言う人が多かったと思います。
日本が経済大国みたいに言われていたのも実は時代が丁度そういう時代だっただけで、人口などの規模から言えば当然そうなるだけであり何も特別なことじゃないとも言えそうです。
実際1995年頃からまったく経済の規模が大きくなっていませんね。バブルのころイギリスなんかの経済が低迷しているって話を聞きましたが、この20年程度欧米各国はちゃっかり成長しています。
とは言え、GAFAみたいな企業は日本どころかアメリカ以外の先進国でも誕生していません。別にイノベーション企業なんかなくたってそれなりに成長はできるわけです。
上記記事では日本では新しいことをやろうとする足の引っ張り合いをする、などと大衆の賛同を得そうな事が書いてありなるほどなと思わせますが、別に新しい事をする必要はないわけです。
内需がそれなりにあるのに内需が伸びないというのも変な表現ですが、イノベーションによって内需を喚起するという意味ではそうかもしれません。しかし、比較に出されているイギリスではどうなんでしょうか。イギリスは意地悪な人が少ないからそれなりに成長を維持しているということでしょうか。
日本人は意地悪かどうかは置いておき、記事にある「日本人は、他人を他人と割り切れず、互いに相手の行動を邪魔しているわけだが、この実験結果は身近な感覚としてよく理解できる」というのは確かによく理解できます。
しかし、この事となぜ内需が伸びないのか?というのが直接因果関係があるのかはよく分かりません。他人の足を引っ張ると消費がなぜ伸びなくなるのでしょうか。他人がモノを買おうとすると色々といちゃもんをつける感じでしょうか。
そもそもこの記事もイチ経済評論家の方が様々な研究結果から日本人は意地悪だから内需が拡大しないかもというそれこそ思いつきを言っているだけでなんですね。大阪大学の研究が日本人は意地悪だから経済成長しないとか論文で発表しているわけでもないようなのでその点は注意すべきでしょう。

4歳がアイスキャンディを28万円分購入、Amazonは返金応じず

まず真っ先に思ったのが未成年の売買契約なので法定代理人は取消せるのでは?という点だった。
しかし、親のスマホを使っているので売買契約の名義は当該親ということになるので直接的に売買契約の取り消しはできなさそうだ。
ちなみに取消可能な場合アイスが溶けていようが食っていようが関係なく、全額返金されることになる可能性もある。

親の監督責任と言われればそうだし、アマゾンが一方的に悪いみたいな印象記事だというのもなんだかわかる気はする。
いずれにしてもコメントを見ると自業自得、返金に応じるわけないとか厳しい意見が並ぶ。
訴訟社会アメリカらしいクレームだ、などと書かれているが、親は甘んじて支払いをするようだ。
もし、日本だったらもっと騒いで店を非難しまくり、世論に訴えて、大事になるのを恐れた店側は厚意として返品返金に応じるだろう(笑)
なんでもかんでも訴訟にならない日本社会は大人の社会だ、などという日本マンセー論は虚しい(笑)

この件、恐らくクレジットカード決済だと思われるのでむしろカード会社に事情話して不正利用扱いしてもらうとか。。。
ま、無理か。
それにしても意外にアマゾン使ったことない人がいておじさんびっくりである(笑)

以前テレビで見たドラマが印象に残っている。確かバカリズムさんの脚本だったと思うが人が死ぬとこれまでの人生が点数によって評価される。
いいことしたら何点ゲットとか、悪い事したらマイナス何点とか、そんな話だった。
人間って本当に悪い人ばかりじゃないけどいい人ばかりでもないって歌もあるように(逆だった(笑))、完全な悪人ではないけどちょっと悪いことする人もいる。
いや、基本はまっとうな社会人で別に犯罪を犯すような人ではないけど、日常生活を注意深くみるとマイナスポイントになりそうなことを結構やっているといったほうがいいだろう。

例えばゴミ出しの日を守らないとか、短時間だからと身障者用の駐車場に車を停めたりとか。実質的には誰にも迷惑をかけていないように見えることであっても単にそれに気づいてないだけかもしれない。
車を停めたすぐ後に身障者の人が車できたものの、店の近くの専用スペースが埋まっていたので別の店に行ったとか。
そして、神様はそんなことは当然お見通しなので減点されるというわけだ。問題はその減算される点数はどれくらいなのかと言う点である。
仮に人を殺す事がマイナス1万点だとすると、こういった些細なものはマイナス1点くらいだろうか。でも、そんなことが積み重なるとあっという間にマイナス1万点くらい到達しそうである。

何が言いたいかと言うと、人間たいそうな悪事を働くことはほとんどなく、自分はいい人間だと思っている人が大半だろうが、もし人生がポイント制でカウントされていたら、意外にトータルマイナスポイントになっている人も多そうだということ。

SNSなんかで芸能人の不倫問題を叩いている人も、もしかすると自分は正しいことをやっていると思っているかもしれないが、実際のところ単なる誹謗中傷の罵詈雑言でしかない場合も多い。そんな人でも普段は真面目なサラリーマンだったりして、子供には人の悪口は言っちゃダメだよ、いじめは良くない、なんてことを言っているのだろう。
家族にとっては良い親なのだ。しかし、ある日突然犯罪に巻き込まれたりする。周りからすればあんな子煩悩でいい人が、となるが果たして本当にいい人だったと言えるのだろうか。
もしかすると気づかないところで人を傷つけているのかもしれない。人生がポイント制だとすると、貯まりに貯まったマイナスポイントが自分の知らないところで吐き出されてプラマイゼロの帳尻合わせをさせられているのかもしれない。

なんつって

LINE 誤って電源設備の電源落とす 通信障害の原因明らかに

この記事に対するコメント

データセンターの電源系の定期点検やUPSのバッテリー交換時のトラブル、本末転倒だけど結構ある。 ほとんどが作業者の手順ミスだけど。

言いたいことはよくわかるが、本末転倒に少し違和感が。
本末転倒をググると一発目に以下の解説が

本末転倒とは、物事の根本的なことと、些細なことを取り違えることである。 わかりやすくいうと、どうでもよいことにこだわって、大事なことを疎かにしてしまうことである。

多分データセンターとかめっちゃセキュリティ高くて重要なとこなのに些細なミスが結構起こるんだぜ、みたいなことを言いたいんだろうと推測し、それで意味が通じているので別にどうでもいい話で。
それこそ本末転倒ですな(笑)
なんつって